ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

新型ホンダZR-Vの先行展示を見てきた!内外装の質感はこれまでのホンダ車に比べて非常に高く、ある意味では「ホンダ車離れ」しているようだ

投稿日:2022/08/13 更新日:

新型ホンダZR-Vの先行展示を見てきた!内外装の質感はこれまでのホンダ車に比べて非常に高く、ある意味では「ホンダ車離れ」しているようだ【動画】

| 新型ホンダZR-Vは予想よりもかなり「高級」に見える |

このデザインを最大限に活かすにはダーク系メタリックカラーを選んだほうがいいのかも

さて、新型ホンダZR-Vを見てきたので紹介してみたいと思います。

これは北米だとHR-V、中国では(日本同様)ZR-Vとして発売されているコンパクトSUVですが、日本仕様はなぜかマセラティ・レヴァンテにそっくりな縦スラットグリルを採用しており、北米/中国バージョンとは微妙に差異がつけられています。

そして今回実車がお目見えしたのは大阪・梅田ビッグマン前で、これは(なぜか)全国で最も早い先行展示となるようですね。

L1470289

【動画】なぜこのフロントグリルを採用したッ・・・!色々な意味でホンダらしくない新型SUV、ZR-Vが公開。マセラティ風カスタムが流行りそう
【動画】なぜこのフロントグリルを採用したッ・・・!色々な意味でホンダらしくない新型SUV、ZR-Vが公開。マセラティ風カスタムが流行りそう

| ZR-Vのフロントフェンダーにサイドギルを取り付けるとかなりソレっぽくなりそう |この記事のもくじ| ZR-Vのフロントフェンダーにサイドギルを取り付けるとかなりソレっぽくなりそう |新型ZR-V ...

続きを見る

新型ホンダZR-Vは思ったよりもコンパクトだった

今回展示されているのはホワイト、そしてメタリックグレーの個体一台づつ。

相当に人気が高く、多くの人が細部に至るまで食い入るように見ていたのが印象的です。

L1470288

ちなみにフロントグリルは「マセラティ・レヴァンテ風」という前評判だったものの、実車の印象はレヴァンテとは全く異なるもので、それはおそらく「フロントグリルが前に突き出ていないから」なのかもしれません。

L1470232

ちなみにヘッドライトはボディ表面から一段奥に入るという「ホンダにしては珍しい」仕様。

L1470298

ヘッドライト内部はなかなかに精巧な作りです。

L1470241

ボンネット上のキャラクターラインはけっこう大きく盛り上がり、かなり「尖った」印象。

L1470239

全体的にエッジや凹凸が目立つデザインを持っていて、それを鑑みるにダーク系メタリックをチョイスしたほうがZR-Vのディティールが際立つかもしれません。

L1470236

ZR-V e:HEV版のホンダエンブレムはブルー仕様。

L1470297

フロントバンパー下部はかなり複雑な形状。

L1470299

フェンダーアーチにはバンパー含めてキャラクターラインが入り、ノッペリした印象とならないように配慮されているようですね。

L1470234

サイドのベルトラインは最近のホンダらしく(現行シビック同様に)水平基調デザインを持っています。

L1470253

Cピラーからリアフェンダーにかけては「ちょっとしたフレア」に見えるような形状が与えられています。

L1470279

ルーフスポイラーのサイドには「疑似ロングボディ」化するためのブラックのパーツ。

同時にエアの剥離をうながすことになるのだと思われます。

L1470251

テールランプの発光グラフィックはフィット風。

L1470259

テールパイプはリアスカートに沿ったデザインがなされています。

北米にて発表されたCR-Vを見ても思ったことですが、最近のホンダは(今までのホンダに加え)一段階デザイン(やパーツ構成)が複雑化しているように見えますね。

L1470261

テールランプの内側にもヘッドライト同様にドット風デザインが見られ、全体的なバランスをうまく取っているもよう。

ロールス・ロイス初のEV、スペクターが売れに売れているようだ!CEO「この傾向が続くようであれば、増産しなくてはならないことは間違いない」
ロールス・ロイス初のEV、スペクターが売れに売れているようだ!CEO「この傾向が続くようであれば、増産しなくてはならないことは間違いない」

| ロールス・ロイスはうまく「電動化」へのシフトに成功することになりそうだ |この記事のもくじ| ロールス・ロイスはうまく「電動化」へのシフトに成功することになりそうだ |おそらくこれに続くエレクトリ ...

続きを見る

なお、ホイールサイズは「ちょっと小さい」という印象もあり、しかしインチアップすればかなり格好良くなりそうです。

L1470282

新型ホンダZR-Vのインテリアはこうなっている

そしてこちらは新型ホンダZR-Vのインテリア。

ドアがロックされているので室内に入ることはできませんが、これもまたシビック同様に新世代の「水平基調」そしてエアコン吹出口をダッシュボードへとインテグレートしたデザインを持っています。

L1470308

なお、視覚的な質感は「かなり高い」という印象。

L1470247

こちらはリアシート。

L1470248

合わせて読みたい、ホンダ関連投稿

【動画】なぜ?ホンダが北米市場専用「HR-V(日本ではヴェゼル)」に全く新しい特別な顔つきを採用。欧州向けとも異なり独自の嗜好へアピールか
【動画】なぜ?ホンダが北米市場専用「HR-V(日本ではヴェゼル)」に全く新しい特別な顔つきを採用。欧州向けとも異なり独自の嗜好へアピールか

| 市場によって対応を分ける自動車メーカー、そうでない自動車メーカーとの差が大きく分かれ始める |この記事のもくじ| 市場によって対応を分ける自動車メーカー、そうでない自動車メーカーとの差が大きく分か ...

続きを見る

【動画】米国にてフルモデルチェンジ版 6代目ホンダCR-V発表!内外装や走りの質が大きく向上、これまでのファミリーイメージから「アクティブでスポーティ」に
【動画】米国にてフルモデルチェンジ版 6代目ホンダCR-V発表!内外装や走りの質が大きく向上、これまでのファミリーイメージから「アクティブでスポーティ」に

| 新型CR-VではAピラーの位置が大きく後退し、ボンネットの長さが強調される |この記事のもくじ| 新型CR-VではAピラーの位置が大きく後退し、ボンネットの長さが強調される |押し出しも強くなり、 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5