ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>日産/インフィニティ(Infiniti)

1台1億3000万、日産GT-R 50 by イタルデザインの納車が開始される!最初の5台が公開され、うち1台は1973年のGT-Rをイメージ

投稿日:2021/11/04 更新日:

1台1億3000万、日産GT-R 50 by イタルデザインの納車が開始される!最初の5台が公開され、うち1台は1973年のGT-Rをイメージ

| いずれのGT-R 50 by イタルデザインも意外と保守的なデザインだった |

予定よりほぼ1年遅れでの納車開始

さて、2018年に発表された日産GT-R 50 by イタルデザイン。

これはR36 GT-Rを示唆するモデルではなく、あくまでもGT-R50周年記念の一環、そしてR35 GT-Rのひとつのバリエーションとして、さらに「もしR35 GT-Rに制約がなかったら」という仮定のもとで作られたクルマ。

デザインそのものは日産によって行われ、車両の製作はイタルデザインによる手作業にて行われますが、ベースとなるGT-R NISMOを日本からイタリアへと運び、そこで全部分解した後に加工され、再度組み上げられるという工程をたどります。

【動画】日産GT-R50 イタルデザインの設計や開発、製造工程が公開に。これだけの手間をかけて1.2億はむしろ「安い」!?

| 日産 GT-R50 イタルデザインはこうやって造られた | 日産とイタルデザインが共同で発表した、「限界を外したR35 GT-R」、”R50”。 これは日産GT-Rの50周年、イタルデザインの50 ...

続きを見る

nissan-gt-r50-by-italdesign (2)

なんらかの理由にてGT-R 50 by Italdesignの納車は遅延

なお、このGT-R 50 by イタルデザインは50台限定、そして発表当時の為替レートでは1台あたり1億3000万円というプライスタグを掲げていましたが、GT-Rのカリスマ的人気を考慮すると「すぐに完売するだろう」と見られていた模様。

しかしその後も完売の報を聞くことはできず、現在でも「注文受付」を(公式ウエブサイト上で)行っているところを見るに、まだ生産枠が残されているものと思われます。

日産が「GT-R50 by イタルデザインの受注開始を正式発表。50台限定、内外装を選べて価格は1.3億円

日産GT-R 50 by Italdesignが2019年より生産と納車を開始 日産は「GT-R50周年記念」として「GT-R50 by Italdesign(イタルデザイン)を発表し、生産に移す可能 ...

続きを見る

ただ、実際に注文があったことは間違いなく、その後も開発を進め、2020年から生産を開始すると伝えられていたものの、何らかの理由にて生産がまだ行われていなかった模様(イタルデザインは現在フォルクスワーゲングループに属するが、ランボルギーニとともに売却の話が出ており、その影響も皆無ではなかったのかも)。

ランボルギーニ・アヴェンタドール
どうやらVWが「ランボルギーニとドゥカティとイタルデザイン」をグループから分割することを決めたようだ!ただしその方法はまだ不明

さて、「フォルクスワーゲンは11月に重要会議を開き、そこでグループ傘下にあるランボルギーニの去就を決定する」と報じられていましたが、今回ロイター、そしてオートモーティブニュース・ヨーロッパが報じたとこ ...

続きを見る

そして今回、ようやく「最初の5台」が顧客へと納車される運びとなっているものの、2020年半ばには市販モデルが公開されていたことを考慮するに「ここまでけっこう長かったな」という印象でもありますね。

ついに納車準備完了!日産GT-R 50 byイタルデザインの量産モデルが公開に。これが1億2000万円のカスタムGT-Rだ

| ベースモデルはGT-R NISMO、デザインは日産、製造はイタルデザイン |この記事のもくじ| ベースモデルはGT-R NISMO、デザインは日産、製造はイタルデザイン |GT-R 50 by I ...

続きを見る

今回納車されるGT-R 50 by Italdesignはこういった仕様を持っている

そこで今回公開された「初回生産ロット」のGT-R 50 by イタルデザインが公開されたわけですが、GT-R 50 by イタルデザインは基本的に「テーラーメイド」であり、注文後にオーナーと日産とが打ち合わせを行い、個別の仕様をデザインするというスタイルを取っています。

画像を見ると、5台のうち4台が(GT-R 50 by イタルデザイン発表時のイメージカラー同様に)ゴールドアクセントを持っており、しかしボディカラーそのものは「様々」。

nissan-gt-r50-by-italdesign (3)

一番右の一台は1972年に発売されたGT-Rにインスパイアされたもので、専用のデザインとカラーリングが施され、同色のヴェルデ「ケンメリ」も製作された、とのこと(おそらくは下の画像のカラーリングにインスパイアされたものと思われる)。

そのほかだと2018年にグッドウッドでデビューしたコンセプトカーを参考に、リキッドキネティックグレーとエナジーシグマゴールドのカラーコンビネーションを採用した個体も見られます。

nissan-gt-r50-by-italdesign (4)

日産GT-R50は、もともとGT-R NISMOに搭載される3.8リッターV6ツインターボエンジンを改良し、ターボチャージャー、ピストン、コンロッド、クランクシャフト、フューエルインジェクター、カムシャフト、キャタライザーなど、エンジン部品の約12%を新規に開発しており、これらによっって最高出力はノーマルのGT-Rニスモより110ps高い710psにまで向上。

また、VR38DETTのトルクは575lb-ft(780ニュートンメートル)となり、従来よりも94lb-ft(128Nm)向上しています。

合わせて読みたい、GT-R 50 by Italdesign関連投稿

日産R35 GT-R 50 イタルデザイン
【動画】実はまだ完売しておらず、納車も始まっていなかったようだ・・・。日産R35 GT-R by イタルデザインの試乗レビューが登場。GT-Rそのものも人気の割に売れていない?

| 多大なる市販化要望を受け、コンセプトカーから急遽市販化が決定したモデルだったが |この記事のもくじ| 多大なる市販化要望を受け、コンセプトカーから急遽市販化が決定したモデルだったが |その価格はG ...

続きを見る

【動画】1台1.2億!限定50台の日産GT-R50イタルデザインがサーキットを走る!

| どうやらまだ完売していないようだ | 日産がGT-R50 by イタルデザインの走行動画を公開。この個体は先日「プロダクションモデル」として画像が公開された個体と同一だと思われます。GT-R 50 ...

続きを見る

グランドセイコーが日産GT-R50イタルデザインとのコラボ腕時計を限定3本、2000万円で発表。その価値があるかどうかを見てみよう

| 果たしてセイコー featuring Nissan GT-R50 by Italdesignに2000万円の価値はあるか? | グランドセイコー(Grand Seiko)があの日産GT-R50 b ...

続きを見る

参照:Italdesign

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->日産/インフィニティ(Infiniti)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5