ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>日産/インフィニティ(Infiniti)

日産が富士SUPER TEC 24時間レースにテスト参戦する「Nissan Z」を公開!「今後の展開のデータ取り」のために走行し、チューニングパーツの開発に貢献しそう

投稿日:

日産が富士SUPER TEC 24時間レースにテスト参戦する「Nissan Z」を公開!「今後の展開のデータ取り」のために走行し、チューニングパーツの開発に貢献しそう

| 日産はフェアレディZに関し、これまでの日産とは大きく異る動きを見せている |

GT-Rの後継モデルがとうぶん登場しない可能性があり、その間に日産のモータースポーツを牽引する役割を担う

さて、日産と日産モータースポーツ&カスタマイズ株式会社(ニスモとオーテックとが母体になって4月1日に発足)が「Nissan Z レーシングカー」を発表。

これはフェアレディZをベースとしたレーシングカーで、6月4日と5日に富士スピードウェイにて開催される「NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース」に参戦する予定だとアナウンスされています。

なお、今回はあくまでも「テスト参戦」であり、今後のモータースポーツ活動における可能性を模索することが目的だといい、NISMOから一台、そしてMax Racingから1台の2台体制にて参戦する、とのこと。

目的は勝敗ではない

「テスト参戦」とあるとおり目的は勝利ではなく、今後に活かせるデータ取得にあるといい、様々な負荷をかけつつ24時間走りきり、どういった状況でどういった反応を示すのかを測ることになるのだと思われます。

参戦するのはST-Qクラスだといいますが、これはほかのクラス分けに準じない、スーパー耐久機構(STO)が認めた「開発車両が参戦するクラス」とのこと。

ちなみに日産はSUPER GT参戦用のZ(下の画像)も公開していますが、こちらはレースの規定上「フェアレディZの外観を持っているが、中身は全く異なるクルマ」であり、しかし今回富士SUPER TEC 24時間レースに参戦するのは「市販モデルのフェアレディZがベース」となるようですね。

nismo-Fairlady-Z (4)

ここからフェアレディZの新たな歴史が始まる!日産がSUPER GT参戦用「Nissan Z GT500」を公開し、同時にGT-Rの引退を発表
ここからフェアレディZの新たな歴史が始まる!日産がSUPER GT参戦用「Nissan Z GT500」を公開し、同時にGT-Rの引退を発表

続きを見る

このNissan Z レーシングカーには、スリックタイヤを装着した8本スポークのRレイズ製アルミホイールが装着され、強化されたブレンボ製ブレーキ、クイックリリース式ボンネット(ダクト付き)、牽引フック、わずかなフェンダーエクステンション、レーシングスタイルのフューエルリッド、大型リアウィング、そして室内だとフルロールケージやサベルト製バケットシートなどが見られますが、基本的には市販車とは大きな相違がないように見えます。

なお、エンジンや足回りについては情報がなく、しかしやはり「市販車に近い」仕様なのだと思われます。

Nissan-Z-Nismo-Racecar-1

Max Racingから走るもう一台についてはどういった仕様を持つのかはわからないものの、日産が走らせるこの一台についてはおそらく「スポンサーロゴのないこの状態」で出場するものと考えられ、となるとサーキット上では相当に目立つかもしれませんね。

日産は新型フェアレディZにつき、その発表前後含めてこれまでにない動きを見せていて、今後の展開には期待がかかります。

8

合わせて読みたい、日産フェアレディZ関連投稿

新型フェアレディZ x シチズン!アテッサに限定コラボ腕時計が登場、ステンレスよりも40%軽量なスーパーチタン製
新型フェアレディZ x シチズン!アテッサに限定コラボ腕時計が登場、ステンレスよりも40%軽量なスーパーチタン製

続きを見る

新型フェアレディZ全グレードがついに発表!最も安価なグレードでは524万円、最上位グレードでは696万円、GRスープラの499万円〜731万円とモロに競合
新型フェアレディZ全グレードがついに発表!最も安価なグレードでは524万円、最上位グレードでは696万円、GRスープラの499万円〜731万円とモロに競合

続きを見る

【動画】日産フェアレディZ「カスタマイズプロト」の動画が公開!細部を見ると各パーツは市販化を前提に設計されているようだ!
【動画】日産フェアレディZ「カスタマイズプロト」の動画が公開!細部を見ると各パーツは市販化を前提に設計されているようだ!

続きを見る

参照:NISSAN

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホ記事下

->日産/インフィニティ(Infiniti)
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5