>スバル(SUBARU)

スバル初のEV「ソルテラ」発表!トヨタbz4Xとは異なりSUVらしさを意識したデザインを持ち、FFとAWD両方をラインナップ

スバル初のEV「ソルテラ」発表!トヨタbz4Xとは異なりSUVらしさを意識したデザインを持ち、FFとAWD両方をラインナップ

| スバルはその細部においてトヨタbz4Xとの差異を押し出してきた |

bz4Xと比較してもけっこう人気が出そうだ

さて、スバルが初のEV「ソルテラ」を正式発表。

スバルいわく「地球の環境に配慮しながらも、スバルらしいSUVラインナップとしてふさわしいクルマに仕上げた」といい、今後スバルがリリースしてゆくバッテリーEV(BEV)の礎となるべく、期待を上回り、安心して選べる実用性を持っていると紹介されています。

もちろんこのソルテラはトヨタbz4Xとの共同開発となり、採用されるのはEV専用プラットフォーム「e-SUBARU グローバルプラットフォーム(トヨタではe-TNGAプラットフォームと呼称されている)」。

スバル・ソルテラのエクステリアはこうなっている

まずスバル・ソルテラのエクステリアは「シームレスな造形のヘキサゴングリル」採用にて効率の良さを視覚的に表現。

そこから伸びる「水平軸」「内側から張り出したダイナミックなフェンダー」がSUVらしい力強さを主張しているといい、その多くはトヨタbz4Xと共通するものの、フロントバンパー下部のスキッドガード風のパーツ、そしてフォグランプが「スバル車っぽいアウトドアイメージ」を演出しているように思います。

2021-11-11 14.34.27

ちなみにこちらはトヨタbz4X。

グレードにもよるかと思いますが、bz4Xではフェンダーアーチにペイントが施され、こちらのほうが都会的な印象を受けますね。

Toyota-bZ4X-Concept-1

なお、スバル・ソルテラのフロントには全閉ながらもグリルっぽいパネルが装着されていて、ここもまたbz4Xとは異なり、そしてスバルっぽいところだと思います。

2021-11-11 14.34.21

ヘッドライトの発光グラフィックについてはスバル・ソルテラ独自のもので、しかしプロジェクターはbz4Xと同じく「8眼(片側4眼)」。

2021-11-11 14.34.39

こちらはトヨタbz4X。

Toyota-bZ4X-Concept-5

スバル・ソルテラのボディサイズは全長4,690ミリ、全幅1,860ミリ、全高1,650ミリ、ホイールベースは2,850ミリ、ホイールは18インチ、もしくは20インチが用意されます。

エレクトリックモーターの出力はフロントが150kW、リアに搭載されるモーターは80kW(これを見るとAWDであってもトルクはフロント寄りになっていそうだ)、バッテリーは71.4kWh(リチウムイオンバッテリー)、一回の満充電あたり走行可能距離はFFだと530km、AWDの場合は460km(WLTCモード)。

2021-11-11 14.34.24

テールランプの形状も両者にて若干の差異があるようですね。

Toyota-bZ4X-Concept-3

なお、スバル・ソルテラの駆動方式は事前に予想された「4WDのみ」ではなく「FF」と「4WD」両方がラインナップされており、、これは価格対策かもしれません。

ガソリン車の場合はトランスミッションからプロペラシャフトを伸ばすことで4WD化が可能となるものの、EVの場合は(一般的に)4WD化する場合にはフロントとリアとにモーターを搭載する必要があり、そのため4WD化のコストがガソリン車に比較して高くなりがち。

よってスバルは「高額な4WD」だけではなく、より求めやすいFFを用意したのだと考えています。

そしてこの4WDについては従来のスバル車同様にX-MODEを搭載しており、悪路でも車両を安定させることができ、安定感の高い走りを実現させることが可能になったとのこと。

スバル・ソルテラのインテリアはこうなっている

そしてこちらはスバル・ソルテラのインテリア。

高さを押さえラダッシュボードに加え、ステアリングホイールの上から見るトップマウントメーター(スバル初採用)を採用することで開放的なインテリアを実現しています。

11-11 14.34.35

インテリアについてもその多くをトヨタbz4Xと共有しているものの、トヨタが初採用とした異型ステアリングホイール(さらにメーターを見やすくなす)については触れられておらず、(ソルテラには)この採用はないのかもしれませんね(だとしても、トヨタのパーツを取り寄せて装着する人が出てきそうだ)。

Toyota-bZ4X-24

合わせて読みたい、関連投稿

トヨタが新型EV「bZ4x」公開
トヨタが新型EV「bZ4x」公開!新電動ブランドbZからはスバル、スズキ、ダイハツ、中国BYDをパートナーに2025年までに15モデルを発売予定

| bZ4Xはなかなかに魅力的なクルマだが、現時点ではスペックなどが一切不明 | さて、トヨタが新しく電動車シリーズ「bZ(ビーズィー)」、そしてその第一弾として「bZ4X(トヨタ ビーズィーフォーエ ...

続きを見る

トヨタが新型EV、bZ4Xの詳細を発表!異型ステアリングホイールとステアバイワイヤをトヨタ初採用、その他にも「トヨタ初」だらけの意欲作
トヨタが新型EV、bZ4Xの詳細を発表!異型ステアリングホイールとステアバイワイヤをトヨタ初採用、その他にも「トヨタ初」だらけの意欲作

| トヨタはbZシリーズを最大で7台まで拡大する計画を持っているようだ | EV単体というよりも、EVを発売することでカーボンニュートラルを実現するという壮大な計画そのものを重視している模様 さて、ト ...

続きを見る

トヨタが株主総会にて改めて「EV一辺倒にはならず、ガソリン車も残す」と明示
トヨタが「bZ4Xでは10年後のバッテリー残存率90%を目指す」と発表!なおプリウスPHVでは60〜65%にとどまる

| 現在、バッテリー容量残存率は”10年で半分が常識”とも言われるが | それを考えるとトヨタの計画はあまりに野心的と考えられる さて、トヨタは、バッテリーと電動化に関するカンファレンスにおいて、新型 ...

続きを見る

参照:SUBARU

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->スバル(SUBARU)
-, , ,