ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタが市販化前提の「bZ コンパクトSUV コンセプト」発表!偶然だとは思うけどやっぱりフェラーリと似てしまったな。そのほかにも見覚えがある他社のデザインも散見される

投稿日:

トヨタが市販化前提の「bZ コンパクトSUV コンセプト」発表!偶然だとは思うけどやっぱりフェラーリと似てしまったな。そのほかにも見覚えがある他社のデザインも散見される

| トレンドを組み合わせて「それなりに良い製品」を作るのがトヨタではあるが、それ以上に行けないのもトヨタ |

それによって経営リスクを回避しており、多くの車種を投入できるというところには意味がある

さて、トヨタがロサンゼルと・オートショーにて「bZ コンパクトSUV コンセプト」を発表。

一般に北米市場では大きなクルマが好まれ、実際にトヨタはいくつかのコンパクトカーを北米には導入しておらず、よってアメリカのモーターショーにて、SUVといえど「コンパクトな」クルマが発表されるというのはちょっと意外です。

もちろんbZ(ビヨンド・ゼロ)と名がつくことからもわかるとおり、ピュアエレクトリックカーであり、トヨタによれば「日常的に使いやすいコンパクトSUVとして開発が進められている」と紹介しているので、実際に発売される可能性が高そうですね。※トヨタは、2023年以降に追加で情報を公開するとしている

Toyota-bZ-Compact-SUV-Concept (6)

なお、トヨタは以前にもコンパクトSUVのパテント出願を行っており、こちらはさらに小さいクルマとなるもよう(こちらはbZブランドからの発売ではないのかも)。

トヨタが新型コンパクトPHEV(スモールSU-EV)の市販モデルと思われるパテントを出願!新設計プラットフォーム採用、C-HR後継もしくはその「下」に位置するニューモデル?
トヨタが新型コンパクトPHEV(スモールSU-EV)の市販モデルと思われるパテントを出願!新設計プラットフォーム採用、C-HR後継もしくはその「下」に位置するニューモデル?

| フロントグリルを持ちつつも「bZ顔」なので電動化されているのは間違いない |この記事のもくじ| フロントグリルを持ちつつも「bZ顔」なので電動化されているのは間違いない |画像を見る限りではなかな ...

続きを見る

トヨタ「bZ コンパクトSUV コンセプト」はこんなデザインを持っている

そこでこのbZ コンパクトSUV コンセプトを見てみたいと思いますが、デザインとしては新型クラウン、新型プリウスに続く「ハンマーヘッド」を採用し、前後フェンダーを大きく盛り上げ、ショートオーバーハングを採用するという最新のスタイルを持っています。

なお、デイタイムランニングランプ、ヘッドライトは意図的に大きく設計されているようですね。

Toyota-bZ-Compact-SUV-Concept (9)

新型トヨタ・プリウス発表!プリウスらしさを継続しつつも新機軸満載、テーマは「一目惚れするデザイン」「虜にさせる走り」。たしかにそのデザインはなかなかにカッコいい
新型トヨタ・プリウス発表!デザイン路線の大幅変更は「従来の顧客を切り捨てたかった」から?25周年という節目を迎え、プリウスのネガティブイメージをリセットか

| トヨタにしては相当に思い切った、そしてクリーンで未来的なデザインで登場 |この記事のもくじ| トヨタにしては相当に思い切った、そしてクリーンで未来的なデザインで登場 |トヨタは従来の客層を切り捨て ...

続きを見る

EV専用設計とすることでAピラーの付け根を前に出すことができたのだと思われますが、さらにホイールも4隅に押し出すことで躍動感を感じさせるようにも思います。

ルーフは短く、そしてフローティングデザインを採用し、フロントのドアハンドルはフラッシュマウント、そしてリアだとC-HR同様にピラーと同化。

なお「偶然」としかいいようがないものの、「ハンマーヘッド」そしてサイドパネルの中央を持ち上げてボディ塗装面積を少なく見せるという手法はフェラーリと共通している部分です。

Toyota-bZ-Compact-SUV-Concept (8)

ちなみにこちらはフェラーリ・プロサングエ。

Ferrari-Purosangue-SUV (12)

フェラーリ初のSUV「プロサングエ」正式発表!まさかの観音開き、さらに想像していたよりも思いっきり「フェラーリ」。これだと文句を言うものは誰もいないだろう
フェラーリ初のSUV「プロサングエ」正式発表!まさかの観音開き、さらに想像していたよりも思いっきり「フェラーリ」。これだと文句を言うものは誰もいないだろう

| ある程度のハイスペックは予想していたが、SUV最速だけではなくトランスアクスル、(前開き)クラムシェルなどフェラーリらしさ満載 |この記事のもくじ| ある程度のハイスペックは予想していたが、SUV ...

続きを見る

リアだとやはり(最近の)トヨタが好んで用いるLEDライトバーが採用され、しかしクラウンとは異なって「立体的」に。

ルーフエンドスポイラーはスプリット、そしてルーフ上のアンテナ兼ストップランプはなかなかに格好いいと思いますが、すべての要素が「どこか他のメーカーで採用しているもの」というのはやっぱりトヨタ車ということなのかも。

Toyota-bZ-Compact-SUV-Concept (7)

ルーフは広い面積を持つガラス仕様となっていますが、これが市販モデルに採用されるかどうかは不明です。

Toyota-bZ-Compact-SUV-Concept (2)

トヨタ「bZ コンパクトSUV コンセプト」はこんなインテリアを持っている

なお、このbZ コンパクトSUV コンセプトは「すぐにも発売できそうなほど」現実的なエクステリアを持っており(ちゃんとドアミラーも装備されている)、しかしインテリアには「かなりコンセプトカーっぽい」デザインを採用しています。

Toyota-bZ-Compact-SUV-Concept (3)

広々とした直線基調のデザイン、シンプルな操作系、ヨーク型ステアリングホイールに液晶メーター、カーブディスプレイを持つインフォテイメントシステムあたりがこのクルマのハイライトかもしれません。

Toyota-bZ-Compact-SUV-Concept (4)

インテリアの多くにはサステイナブル素材が用いられ、シートに使用されるのは植物由来のリサイクル素材。

車内にはパーソナルエージェント「Yui」がアテンドし、音声と照明をもってクルマと乗員とを結びつけ、様々な体験を提供する、とのこと。

20221117_01_09_s

あわせて読みたい、トヨタbZ関連投稿

トヨタがbZ4Xのハブボルト問題をついに解決し3ヶ月ぶりに生産を再開!ただしこれとは別にエアバッグの不具合が見つかり、さらに北米では減税対象から外れることに
トヨタがbZ4Xのハブボルト問題をついに解決し3ヶ月ぶりに生産を再開!ただしこれとは別にエアバッグの不具合が見つかり、さらに北米では減税対象から外れることに

| トヨタの品質に対する真摯な姿勢は評価できるが、様々な状況が味方をしなかったようだ |この記事のもくじ| トヨタの品質に対する真摯な姿勢は評価できるが、様々な状況が味方をしなかったようだ |今後、こ ...

続きを見る

やっぱり売れてない?トヨタがbZ4Xの契約申込金を半額に引き下げると発表。bZ4XはKINTO経由でしか契約できず、料金引き下げで申し込みを増加させるねらい
やっぱり売れてない?トヨタがbZ4Xの契約申込金を半額に引き下げると発表。bZ4XはKINTO経由でしか契約できず、料金引き下げで申し込みを増加させるねらい

| KINTOはつまるところリース契約なので、払えども払えども、ローンのように最終的に自分のモノにならないのが辛い |この記事のもくじ| KINTOはつまるところリース契約なので、払えども払えども、ロ ...

続きを見る

トヨタが中国市場向けにbZシリーズ第二弾「bZ3」発表!現地ではテスラ・モデル3よりも160万円ほど安く、しかも航続距離は600km以上。十年後のバッテリー残存率は90%以上
トヨタが中国市場向けにbZシリーズ第二弾「bZ3」発表!現地ではテスラ・モデル3よりも160万円ほど安く、しかも航続距離は600km以上。十年後のバッテリー残存率は90%以上

| 発表されている数字だけを見ると、かなり優れているクルマのようにも見えるが |この記事のもくじ| 発表されている数字だけを見ると、かなり優れているクルマのようにも見えるが |この価格帯と性能で世界展 ...

続きを見る

参照:Toyota

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5