ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

レクサスは今後オフローダーに傾注?「RXアウトドアコンセプト」「GXアウトドアコンセプト」などとともにオーバートレイル・プロジェクト発表

投稿日:

レクサスは今後オフローダーに傾注?「RXアウトドアコンセプト」「GXアウトドアコンセプト」などとともにオーバートレイル・プロジェクト発表

| たしかに北米だとレクサスはオフロードに特化したコンセプトカーを多数発表していたが |

せめてこのボディカラーだけでもオプション設定してほしいものだ

レクサスが「多様化するライフスタイルに対応する」とし、東京オートサロンにて”オーバートレイル(OVERTRAIL)計画”の一環としてオフロードに特化した2つのコンセプトカーを発表。

アメリカ、カナダではこういったオーバーランダー系仕様の人気が高く、レクサスもこれまでに現地でいくつかのコンセプトカーを発表しているものの、日本国内にてこういったモデルを、しかもレクサスが直接発表するのはかなり珍しいかと思います。

実際にレクサスのオーナーがこういったライフスタイルとオーバーラップする例は少ないかもしれませんが、レクサスとして「グランピング」を意識したのかもしれませんね。

参考レクサスが「GXオーバーランド・コンセプト」発表!これからのSUVはワイルド×ラグジュアリーだ

| 日本、そして海外でも”オフロード風味”を持つカスタムが急拡大 | レクサスが、カナダにて開催されているモントリオール・モーターショーにて、ワンオフモデル「GXオーバーランド(Over land)コ ...

続きを見る

レクサスRX アウトドア・コンセプト(LEXUS RX OUTDOOR CONCEPT)

そしてまずは「レクサスRXアウトドア・コンセプト」。

レクサスはこの「オーバートレイル計画」を通じ、身近にある公園でのピクニックから本格的なオーバーランディング・アドベンチャーまで、カジュアルなアウトドア活動との結びつきを強めたいと考えている、とのこと。

標準のレクサスRX 450h+をベースに、車高を20mmアップして、ブラックペイントが施されたグリル、アルミ製スキッドプレート、LEDライト、ブラックペイントのロアバンパー、ブラックステンレスのウィンドウモール、ブラックドアハンドル、マッドガード、ダークブラウンのアーチモールなどが装備されています。

20230113_02_RX_05_s

足回りには18×7.5インチのRaysホイールに265/60のオールテレーンタイヤ。

4

ルーフにはエレガントにフィットしたラックとルーフテントも。

3

ボディカラーは「Regolith(レゴリス)」。

2

レクサス ROVコンセプト2(LEXUS ROV CONCEPT 2)

こちらはちょうど2年ほど前に発表された「ROVコンセプト」の発展版であるROVコンセプト2。

全長3,120ミリのコンパクトなボディに1リッター3気筒、”圧縮水素”を燃料に用いるエンジンを搭載し、トランスミッションはシーケンシャル、駆動方式は4WD。

10

なぜレクサスがこのクルマを?アウトドアでの走行に特化したバギー「レクサスROVコンセプト」の詳細が公開
え?これがレクサス??アウトドアでの走行に特化したバギー「レクサスROVコンセプト」の詳細が公開

| 現時点では市販可能性については言及されず。なおコンセプト発表の目的もやや不透明 |この記事のもくじ| 現時点では市販可能性については言及されず。なおコンセプト発表の目的もやや不透明 |環境に配慮し ...

続きを見る

ボディカラーはやはりレゴリス、装備としてはアルミスキッドプレート、耐チップブラック塗装バンパーロア/ロッカーパネル、LEXUSシグネチャーランプ(フロント/リヤ)、ルーフライトバー、専用サスペンション(減衰力調整式)等が挙げられますが、レクサスらしく本皮巻きステアリングホイールや本皮巻きアシストグリップ(内装)といった高級仕様も見られます。

11

タイヤは「エアレス」仕様。

1

レクサスGXアウトドアコンセプト(LEXUS GX OUTDOOR CONCEPT)

次はレクサスGX 460をベースにしたGXアウトドアコンセプト(北米や中等を中心に発売され、日本では販売されていない)。

ボディカラーはテレインカーキマイカメタリックでペイントされ、オフロード用のアクセサリーも多数装備され、その内容としてはCBI Offroad製パーツ(フロントバンパー、フロントスキッドプレート、ミッドスキッドプレート、ロッカープロテクション、ルーフラック等)、Yakima製ルーフトップテント、Rigid製ライトバー(バンパー、ルーフラック)、WARN製電動ウィンチなど。

5

足回りだとOld Man Emu製サスペンションとアッパーコントロールアームを装着し、タイヤはTOYO TIRES製オープンカントリーM/T LT275/65R18。

6

なお、レクサスは世界的に見ると新型LXにも「オフロード」を設定したり、上述のようなオーバーランダー系コンセプトを多数発表しており、さらにはメルセデス・ベンツGクラスに対抗する(LXとは別に)ボディオンフレーム構造を持つオフロード特化型のハード系SUVを発売するとも言われており、もしかすると今後は「ちょっとハードなオフローダー(もしくはそういった特別仕様車)」の発売が期待できるかもしれません。

7

ちなみにこういった「なんでもかんでもオフロード」といった傾向は北米では”スバル・エフェクト”と呼ばれており、北米で大人気とされるスバルのオフロードテイストを取り入れ、それにあやかろうとする動きを指すようですね。

「スバル・エフェクト」?マツダがCX-5のマイチェンを機に「スバルっぽく」変化しつつあるようだ。アウトドア風の外観にシフト、さらに北米では「SUVを全車標準で4WD化」へ
「スバル・エフェクト」?マツダがCX-5のマイチェンを機に「スバルっぽく」変化しつつあるようだ。アウトドア風の外観に一部シフト、さらに北米では「SUVを全車標準で4WD化」へ

| やはりマツダの「プレミアム」はだれも望んでおらず、スバルの「シンプルなアウトドア仕様」は多くの人が望んでいたのか |この記事のもくじ| やはりマツダの「プレミアム」はだれも望んでおらず、スバルの「 ...

続きを見る

合わせて読みたい、レクサス関連投稿

レクサスGX
レクサスが「GX」にワイルドな”オフロード・コンセプト”設定。全身マットグレー、シュノーケルにウインチ装着の本格派

| これはぜひ市販してほしい | レクサスがそのクラスでは唯一の「ボディ・オン・フレーム」構造を持つ本格オフローダー、GXをカスタムした「レクサスGXオフロード・コンセプト」を公開。なお、レクサスGX ...

続きを見る

高級車レクサスLX570がハードなオフローダーに大変身!全身真っ黒、スパルタンなJ201コンセプトが最高にクール

| 北米のレクサスは積極的に「オフロードカスタム」を発表している |この記事のもくじ| 北米のレクサスは積極的に「オフロードカスタム」を発表している |その仕様は実用性重視レクサスLX570 J201 ...

続きを見る

レクサスLFA
レクサス各モデルはこういった命名法則を持っている!変わり種だと「LY=ラグジュアリーヨット」、そして「S」であってもモデル間で意味が異なる

| レクサスは日本のブランドだけあって破綻のない命名法則を持っている |この記事のもくじ| レクサスは日本のブランドだけあって破綻のない命名法則を持っている |欧米ブランドだと多様化しすぎて命名の意図 ...

続きを見る

参照:LEXUS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5