ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>中国/香港/台湾の自動車メーカー

「クルマよりもマスクの利益のほうが大きい」中国BYD。日本でミッドサイズSUV「ATTO3」を発売し、ディーラー拡充など今後の展開について発表

投稿日:2022/12/07 更新日:

「クルマよりもマスクの利益のほうが大きい」中国BYD。日本でミッドサイズSUV「ATTO3」を発売し、ディーラー拡充など今後の展開について発表

| 価格は税込み440万円、航続可能距離は485km。ATTO 3のコストパフォーマンスはかなり高いが |

なんといっても最大の障壁は「中国の自動車メーカー」だと思う

さて、日本への本格参入が報じられていた中国の自動車メーカー「BYD」。

これまではバスなどの業務用車両において日本国内での販売を行っていたものの、今回はじめて一般向けの車両として「ATTO 3」を発売するとして公式にプレスリリースが発行されています。

ちなみにBYDは電気自動車販売台数世界No.1であり、バッテリーから車両までを一貫して生産できることから「非常に利益率が高い」メーカーだと言われており、多くの中国自動車メーカーが「シェア確保ため、赤字を出してでも安く売る」という姿勢を貫く中、BYDだけが唯一利益を出している、とも報じられていますね。

中国
好調ばかりが報じられる中国のEVメーカーだが、実は1社を除いて軒並み巨額の赤字を記録していた!そのうち倒産ラッシュとなる気配

| 中国では「後先考えず」とにかく売りまくるというビジネススタイルも珍しくはない |この記事のもくじ| 中国では「後先考えず」とにかく売りまくるというビジネススタイルも珍しくはない |商品力よりも、そ ...

続きを見る

ただしBYDの利益の多くが「マスク」だった

参考までにですが、BYDが儲かっているといえど、その利益の62%は「マスク」。

実際にBYDの公式サイトを見ると、「製品・サービス」というコンテンツには「電気バス」「EVフォークリフト」といった製品に混じっていきなり「マスク」が登場しており、そして日本はマスク消費大国なので、すでにぼくらは知らず知らずのうちにBDY製品(マスク)に親しんでいるという可能性もありそうです。

1

中国の自動車メーカー、BYDの利益が「前年比2.62倍」に
中国の自動車メーカー、BYDの利益が「前年比2.62倍」に!ただし利益の64%、463億円がなんとマスク。そんなにマスクは儲かるのか・・・

| なりふり構わず利益獲得に走ったところには頭が下がる |この記事のもくじ| なりふり構わず利益獲得に走ったところには頭が下がる |最大で1日に5000万枚のマスクを製造していた時期もそんなにマスクは ...

続きを見る

BYD「ATTO 3」はこんなクルマ

余談はさておき、今回発表されたATTO 3(アットスリー)を見てみると、ボデイ形状というかセグメントとしては「SUV」。

全長4,455ミリ、全幅1,875ミリ、全高1,615ミリという意外と大きな車体を持ち、58.56kWhのバッテリーを積み、パワートレーンは150kW(204PS)を発するシングルモーターを搭載しています(駆動輪は前輪のみ)。

一回の満充電あたりの走行距離は485km(WLTC)というなかなかの実用性を誇りますが、やはり驚かされるのは税込みで440万円というその価格で、コストパフォーマンスという点ではかなり競争力があると思います(ただ、中国メーカーということ、知名度の低さは大きなビハインドでもある)。

atto3-detail01

構造としては、BYDが独自に開発した「ブレードバッテリー」を搭載したこと、EV専用のプラットフォーム「e-Platform 3.0」を採用したことでフラットなフロア、広い車内を実現したことがトピックで、予測緊急ブレーキシステムやBYDアラウンドビューシステム、ブラインドスポットインフォメーションなどの先進安全・運転支援機能の充実、V2L(Vehicle to Load)とV2H(Vehicle to Home)への対応による停電時の電源供給やキャンプ時の電源としてのユーティリティについても強く主張がなされています。

atto3-detail03

なお、このATTO 3が中国で発売されたのは2022年2月だそうですが、現在はオーストラリアやタイでも販売がなされており、10月末までの全世界における累計販売台数は14万3,000台だというので、かなりのヒットだと考えてよいかと思います。

加えて今後、ドイツやフランスなどを含む欧州9ヵ国での販売も決定しており、Euro NCAPの安全性評価では最高評価の5つ星を獲得するなど、その世界制覇の準備が着々と進められているクルマだということになりますね。

atto3-detail04


ちなみにインテリアは「フィットネスジム×音楽」をモチーフにデザインされたとアナウンスされており、とくにドアトリムは「弦」をモチーフとしていて、これを弾くと「音を奏でる」とのこと。

2

BYDは本気で日本での展開を狙う

なお、今回の発表でぼくが驚いたのは「BYDが本気で日本展開を考えている」という事実。

その「本気」のひとつが、2023年1月から日本全国15都道府県において22の販売拠点を開設し、販売や展示はもちろん、アフターサービスに力を入れるというもので、これは同じ中国ながらも「日本人には販売する気があまりない」紅旗とはちょっと異なる部分でもありますね。

中国・紅旗H9が日本で発売
中国最高級ブランド「紅旗」が日本上陸!?国内価格も公開されてフラッグシップH9が「目覚めよう龍魂(ドラゴンソウル)」のコピーとともに2月から販売開始

| 以前からウワサはあったが、どうやら紅旗は本気で日本上陸を目論んでいるらしい |この記事のもくじ| 以前からウワサはあったが、どうやら紅旗は本気で日本上陸を目論んでいるらしい |日本に上陸する紅旗H ...

続きを見る

1 (1)

加えてBYDは、このATTO 3以降、2023年中盤にコンパクトEV「ドルフィン(DOLPHIN)」、2023年後半にエレクトリックセダン「シール(SEAL)」の発売を行うとコメントしており、相当な意気込みを感じさせますが、ATTO 3についてはサブスク型リースプラン(BYE eフラット)の導入、大規模試乗イベントの開催(しかも新宿マルイ)も行われていて、実際にどこまで販売を伸ばせるのか注目したいところ。

ちなみに2022年11月末までに登録されたBYDの乗用車は11台ですが、これらはすべてデモカーだと思われ、今後の数字も追ってみたいと思います。

あわせて読みたい、BYDの関連投稿

中国でもっとも利益率が高く、トヨタにも技術を供与している「BYD」の乗用車が日本参入!1ヶ月タダで貸してくれるキャンペーンを開催するそうなので申し込み予定
中国でもっとも利益率が高く、トヨタにも技術を供与している「BYD」の乗用車が日本参入!1ヶ月タダで貸してくれるキャンペーンを開催するそうなので申し込み予定

| タダでもいらないのか、お金を払ってでも欲しいレベルなのか、ボクはそれを知りたい |この記事のもくじ| タダでもいらないのか、お金を払ってでも欲しいレベルなのか、ボクはそれを知りたい |おそらく現在 ...

続きを見る

テスラ
テスラが中国での販売台数(単月)にて記録更新!ただし中国BYDはテスラの倍の成長率を記録し、台数でも倍以上を売るなど競争が激化している様相も

| 加えて、テスラは中国市場での販売平均単価が非常に低く、つまり価格競争の渦中にあるとも考えられる |この記事のもくじ| 加えて、テスラは中国市場での販売平均単価が非常に低く、つまり価格競争の渦中にあ ...

続きを見る

中国のEV/PHEV専業メーカー、BYDの成長が止まらない!自社でバッテリーの生産を行うことからEVの量産ができ利益も高く、生産台数ではすでにテスラを抜いたもよう
中国のEV/PHEV専業メーカー、BYDの成長が止まらない!自社でバッテリーの生産を行うことからEVの量産ができ利益も高く、生産台数ではすでにテスラを抜いたもよう

| 現在の状況では「バッテリーを持つものが」もっとも強いようだ |この記事のもくじ| 現在の状況では「バッテリーを持つものが」もっとも強いようだ |さすがはウォーレン・バフェットが投資を行うだけのこと ...

続きを見る

参照:BYD

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->中国/香港/台湾の自動車メーカー
-, , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5