ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>中国/香港/台湾の自動車メーカー ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

BYDの新型車「U9」がCd値0.195を記録し、世界で最も空気抵抗が小さいクルマとなるもよう。1600万円、クワッドモーターに1,200馬力という予想スペックにて発売間近

投稿日:

BYDの新型車「U9」がCd値0.195を記録し、世界で最も空気抵抗が小さいクルマとなるもよう。1600万円、クワッドモーターに1,200馬力という予想スペックにて発売間近

| たった1年前でさえ、BYDがここまで成長すると誰が想像しただろう |

ただし低価格帯はともかく、高価格帯の中国製EVがどこまで中国市場で受け入れられるかはわからない

さて、飛ぶ鳥を落とす勢いの中国BYDですが、その高級ブランドである仰望(Yang Wang=ヤンワン)からニューモデルである「U6」を発売する計画を持っており、その空気抵抗値が世界でもっとも低いクルマとなるもよう。

現時点では正式に発売がなされたわけではないものの、このU6のCd値は0.195であるとされ、これは現在「もっとも空気抵抗が低いクルマ」であるルシード・エアの0.197をわずかに下回る数字です。※参考までに、ルシード・エアの次に空気抵抗が低いのはメルセデス・ベンツEQSの0.202

BYDはあらゆる方面から攻勢に出る

なお、BYDというと「コストパフォーマンスに優れるクルマ」、つまり安価なEVというイメージがあり、実際のところその圧倒的価格優位性によって中国市場を席巻中。

ただし今のところ中国以外ではあまり存在感を発揮できておらず、しかし国外市場においても本腰を入れたならば「その国や地域の市場を勢力図を塗り替えるのは間違いない」とも言われています。

BYDが153万円の驚愕のコスパを持つEV「シーガル」発表!アナリスト「この半年で中国のベストセラーになり、事実上、世界で最も売れるEVになるだろう」
BYDが153万円、驚愕のコスパを持つEV「シーガル」発表!アナリスト「この半年で中国のベストセラーになり、事実上、世界で最も売れるEVになるだろう」

| おそらくBYDは中国のEVメーカーを絶滅へと追い込むだろう | 中国EVメーカーの敵は中国国内にあった さて、現在絶賛開催中の上海モーターショーでは多数のEVが発表されており、いずれのEVもパフォ ...

続きを見る

しかしながらBYDの恐ろしいところは「安価なファミリーカーやコンパクトカー」のみではなく、スポーツカーや高級車市場にも触手を伸ばし始めていること。

そして上位市場を狙うのがこの仰望ブランドということになりますが、すでに高級SUVの「U8」を発表しており・・・。

YangWang-U8 (2)

中国BYDが高級ブランド「仰望」を立ち上げ、第一弾となるU8を発表。1,115馬力、0-100km/h加速3秒のハイパーオフローダー。価格性能比だと日米欧のメーカーは対抗できない
中国BYDが高級ブランド「仰望」を立ち上げ、第一弾となるU8を発表。1,115馬力、0-100km/h加速3秒のハイパーオフローダー。価格性能比だと日米欧のメーカーは対抗できない

| もしかすると日米欧の自動車メーカーは中国市場を諦めないといけない時代が来るのかも | 今後の中国市場は今までのようには物事が運ばないだろう さて、今年に2つの新しいブランドを発表するとコメントして ...

続きを見る

さらにはスーパースポーツとして「U9」も発表済み。

BYD-YangWang-U8 (4)

日本進出が「好調」とされる中国BYD。上海MSにて1,100馬力のハイパーカー「U9」を発表し2,000万円にて販売するもよう。0−100km/h加速は2秒未満
日本進出が「好調」とされる中国BYD。上海MSにて1,100馬力のハイパーカー「U9」を発表し2,000万円にて販売するもよう。0−100km/h加速は2秒未満

| はたして安全に走行できるのか、そしてそもそも買う人がいるのかどうかは疑問ではあるが、こういったクルマが増えるのは面白い | 実際に発売された後の実写レビューを見てみたいものである さて、日本にも無 ...

続きを見る

ただ、U8やU9、そしてU6というラインアップを見ても分かる通り、仰望はけして特定のセグメントに特化するわけでもなく、シリアスなスーパースポーツを追求するわけでもないものと考えられ、しかし顧客にそれなりの対価を支払わせるために「わかりやすい」機能を取り入れているように思えます。

たとえばU8であれば「タンクターン」、U9だと「0-100km/h加速2秒以下」「ダンスやジャンプができる」、そしてU6だと「世界で最もエアロダイナミクスに優れる」。

1 (1)

つまりは消費者が「他の人に自慢できる何か」をそれぞれのクルマに与えるという戦略を取っていると思われるのがこの仰望であり、もしかするとこれが「メンツ」を重要視すると言われる中国国民の性質にピタリとマッチするのかもしれません(これまでにも、BYDは様々な優れたストラテジーを導入し、それによって成功の道を辿っている)。

加えて、中国の富裕層は(メルセデス・ベンツやBMW、キャデラックなど)欧米の自動車ブランドを好む傾向が強いと言われますが、そういった人々に対してBYDのクルマを販売しようとなると、欧米のクルマの真似ではなく、それらを”超える”何かが必要になるのだと思われます。

中国BYDのハイパーカー「U9」は発想が違った!「3輪でも車体を水平に保って走ったり、ダンパーを伸縮させてダンスしたり、さらにはジャンプもできる」【動画】
中国BYDのハイパーカー「U9」は発想が違った!「3輪でも車体を水平に保って走ったり、ダンパーを伸縮させてダンスしたり、さらにはジャンプもできる」【動画】

| たしかにこの「車体を水平に保つ」機能はパンクした際に有用ではあるが | 「ダンス」「ジャンプ」機能はコストが掛りそうな割に需要があるとは思えない さて、テスラを抜くと宣言した中国の電動車メーカー「 ...

続きを見る

なお、現時点ではU6に関する技術仕様は公開されておらず、わかっているのはパテントとして出願されたこのイラスト、そして中国で開催されたというプレゼンテーションでの一コマから判明したCd値くらい。

1 (2)

ただし現地メディアによれば、このU6はBYD得意の「ブレード」バッテリーを採用することで航続距離600キロ(CLTC)以上を実現し、かつ1,180馬力以上を発生するクワッドモーターを搭載する可能性があると報じる向きが多いもよう。

なお、このクワッドモーターはU8とU9にも搭載されており、かつ上述の通り「他社との差別化」「購入を決断させる理由」としても機能する可能性が高いため、現地での価格が1600万円と言われる高額なU6にも採用されるであろう、と考えています。

1 (3)

合わせて読みたい、BYD関連投稿

中国BYDがテスラに宣戦布告!「2023年はテスラを抜いてEV販売世界一になる」。国内市場の混乱や輸出不調など不安要素があるも「問題ない。どれも軽微でしかない」
中国BYDがテスラに宣戦布告!「2023年はテスラを抜いてEV販売世界一になる」。国内市場の混乱や輸出不調など不安要素があるも「問題ない。どれも軽微でしかない」

| ただし2023年第1四半期はテスラに大差をつけられて後塵を拝しており、ここからの盛り返しは容易ではない | それでも強気の発言を行うからにはなんらかの勝算があるのだろう さて、中国の大手EVメーカ ...

続きを見る

EV
中国で「ピーク時には500社もあった」EVメーカーが今では100社へ。すでに市場は雌雄が決し、テスラとBYDでEV市場の半分、上位4社で66%を占める

| 中国のEV市場はすでに淘汰の時代を迎え、その勢力図がおおよそ決定されることに | やはりもっとも強いのはBYD、2番手はテスラ さて、現在中国は「最大のEV市場」となっており、すでに販売される新車 ...

続きを見る

BYDの成長が止まらず、「500万台のNEVを販売し、世界で最も電動車を製造した会社になった」と発表。なお100万台には13年、300万台にはさらに18ヶ月、500万台には9ヶ月
BYDの成長が止まらず、「500万台のNEVを販売し、世界で最も電動車を製造した会社になった」と発表。なお100万台には13年、300万台にはさらに18ヶ月、500万台には9ヶ月

| おそらく、当面の間、BYDを止めることはどの自動車メーカーにとっても難しいだろう | ただし「グローバル」となるとBYDの存在感は強くない さて、現在急成長を続けるBYDですが、8月9日には500 ...

続きを見る

参照:CAR NEWS CHINA

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

興味の範囲が広く、猫、小説、映画、音楽、腕時計、クルマなど。 酒、タバコ、ギャンブルは一切しません(ある意味では自分の人生そのものがギャンブル)。 いま欲しいクルマはアルピーヌA110。

->中国/香港/台湾の自動車メーカー, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5