>スウェーデンの自動車メーカー

ケーニグセグ・アゲーラRSが新たにアメリカに納車。ホワイトと「ピンクカーボン」

投稿日:2017/07/16 更新日:

ケーニグセグはその最新モデル「レゲーラ」の予定生産台数80台すべてが売れたり、納車待ちが最大5年に及ぶという報道があったりして驚かされることばかりですが、今回はアメリカのコレクターへと納車されるアゲーラRSの画像が公開に。

アゲーラの生産台数に制限があるのかどうかは不明であるものの、現在納車となるアゲーラは数年前にオーダーしていた可能性が高く、オーナーさんにとっては「長い間待ち望んだ」納車となりそうですね。

なお、これまでのアゲーラについては比較的濃いボディカラーが多かったと記憶しているものの、今回は珍しくベースがホワイト(日本向けの一台は白だった)。

加えてヴィジブル・カーボンには「クリアピンク」のペイントが施されるという非常に珍しいものとなっています。
「ピンクカーボン」の部分はフロントスプリッター、ダクト、ドアミラー、ルーフ、リアウイング、サイドステップなどですが、同じ色味でペイントされたボディサイドのストライプ、ブレーキキャリパーもアクセントに。

エンジンについてはほかのアゲーラRS同様にV8ツインターボにて1360馬力を発生、と伝えられています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->スウェーデンの自動車メーカー
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.