ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>スウェーデンの自動車メーカー

メルセデス・ベンツ

2022年11月の輸入車登録台数が公開!メルセデス・ベンツが驚異の伸びを見せ、フェラーリとランボルギーニは登録減少。ロータスはもう在庫が枯渇したようだ

| 最近はどこに行ってもメルセデス・ベンツばかりを見るようになった | 今後、中国や韓国の自動車メーカーがシェアを伸ばすことも十分に予想される さて、(日本国内における)2022年11月の輸入車登録台 ...

ボルボの新フラッグシップにして新世代モデル「EX90」正式発表!まるで人々がボルボに求めるデザインや機能をカタチにしたかのようなクルマだと思う

ボルボの新フラッグシップにして新世代電動モデル「EX90」正式発表!まるで人々がボルボに求めるデザインや機能をカタチにしたかのようなクルマだと思う

| ボルボは中国の吉利汽車傘下に入って大きく躍進したと考えていい | さらにはロータスもこれに続き復活を遂げることになりそうだ さて、ボルボの新しいフラッグシップ、「EX90」が正式に発表。完全新設計 ...

ランボルギーニ

2022年10月の輸入車登録台数が公開!ランボルギーニは前年比2倍、フェラーリは1.5倍、マセラティは1.6倍。反面マクラーレンは登録7台、ロータスはわずか2台にとどまる

| マクラーレン、ロータスは「生産が思うようにできず」販売できる個体が日本に入ってきていないものと思われる | 現在、自動車業界はいまだ経験したことがない領域に突入している 2022年10月の輸入車( ...

ケーニグセグがル・マン24時間レースに参戦するならこんなクルマ?3Dデザイナーの考えた「ケーニグセグKXX」はV8ハイブリッド、2,000馬力

ケーニグセグがル・マン24時間レースに参戦するならこんなクルマ?3Dデザイナーの考えた「ケーニグセグKXX」はV8ハイブリッド、2,000馬力

| 加速や最高速の凄まじさで知られるケーニグセグだが、サーキットへのチャレンジはあまり聞いたことがない | おそらくサーキットでも相当な速さを発揮するものと思われるが さて、3Dアーティスト、Emre ...

ポルシェ・カイエンのライバル?シンプルでクリーン、いかにも北欧デザインな「ポールスター3」が発表

ポルシェ・カイエンのライバル?シンプルでクリーン、いかにも北欧デザインな「ポールスター3」が発表

| 生産はやはり中国にて、しかし2024年からはアメリカでの生産も開始 | ボディサイズ、価格はポルシェ・カイエンに非常に近い さて、ポールスターが「最上位モデル」としてポールスター3を発表。ポールス ...

元ブガッティ、ケーニグセグのデザイナー「愛車は日産R35 GT-R。ヴェイロンの90%の性能で価格はわずか3%。これしかない。最高だ」

元ブガッティ、ケーニグセグのデザイナー「愛車は日産R35 GT-R。ヴェイロンの90%の性能で価格はわずか3%。これしかない。最高だ」

| サシャ・セリパノフ氏は昔ながらのデザイン手法によって深くクルマに関わりたいと考えるデザイナーだった | そしてそのクルマの存在意義、目的を重要視している さて、かつてクルマのデザインというと著名な ...

ケーニグセグ最新ハイパーカー、CC850を早速ディティーリング。塗装はなんと25層、さらにエナメルコーティングを追加して汚れをつきにくく【動画】

ケーニグセグ最新ハイパーカー、CC850を早速ディティーリング。塗装はなんと25層、さらにエナメルコーティングを追加して汚れをつきにくく【動画】

| ケーニグセグはエキゾチックなハイパーカーではあるが、けっこうガシガシ洗えるもよう | 同じように見えてケーニグセグのクルマはそれぞれ異なる個性を持っている さて、ケーニグセグは「創業後、初めて発売 ...

ランボルギーニ

2022年8月の輸入車登録台数が発表!もっとも伸びたのは前年比2倍のロールス・ロイス、二番目はランボルギーニ、4位はフェラーリ

| ロールス・ロイス、ランボルギーニ、フェラーリは「通年」でも昨年より多くの販売台数を記録 | ランボルギーニ、フェラーリは多くのモデルが販売を終了する中で堅調に業績を伸ばす さて、2022年8月の輸 ...

ケーニグセグCC850に搭載される「MT機能内蔵のAT」のクラッチは本物?どうやらシフトレバーともども実際のMTと同様の機構を持ちフェイクではないようだ【動画】

ケーニグセグCC850に搭載される「MT機能内蔵のAT」のクラッチは本物?どうやらシフトレバーともども実際のMTと同様の機構を持ちフェイクではないようだ【動画】

| このケーニグセグ「エンゲージ・シフト・システム」はMT信奉者への光明となるかも | その構造はとんでもなく複雑であったようだ さて、ケーニグセグはつい先日、最初の市販車である「CC8」へのオマージ ...

2年続いたシトロエンとポールスターとのロゴ類似係争がついに終結!これでポールスターはフランス国内でも車両を販売できるように

2年続いたシトロエンとポールスターとのロゴ類似係争がついに終結!これでポールスターはフランス国内でも車両を販売できるように

| 問題視されるほど両者のロゴは似ておらず、かつシトロエンとポールスターとが競合するとも思えないが | 以前はDSのロゴとポールスターのロゴとが似ているという問題もあった さて、2020年以降続いてい ...

コルベット

ケーニグセグCEO「C8コルベットのコスパの高さは異常。驚くよりもほかにない」素直に他社製品を認める謙虚さが同社の成功の秘訣でもあった?

| ケーニグセグ創業者はつねに顧客寄りの発言を行ってきた | エンジニアリングに精通しているだけあって、冷静にプロダクトとしての分析を行うようだ さて、現在「もっとも平均価格帯が高い」部類のクルマを販 ...

ケーニグセグが発表したばかりのハイパーカー「CC850」の需要が高すぎ、限定台数を50台から70台に引き上げると発表!「+20台」はケーニグセグ20周年という名目にて

ケーニグセグが発表したばかりのハイパーカー「CC850」の需要が高すぎ、限定台数を50台から70台に引き上げると発表!「+20台」はケーニグセグ20周年という名目にて

| ケーニグセグは創業当時から基本的なデザインや方針は一切変わっていない | そこも多くのユーザーに愛される理由の一つだと思われる さて、スウェーデンのハイパーカーメーカー、ケーニグセグはつい先日新型 ...

ポールスターが「O2コンセプト」大反響につき市販化を明言!発売は4年も先なるもすでに予約受付を開始。次期ポルシェ718のライバルとしての想定か

ポールスターが「O2コンセプト」大反響につき市販化を明言!発売は4年も先なるもすでに予約受付を開始。次期ポルシェ718のライバルとしての想定か

| ポールスターは現在中国の吉理汽車傘下、ボルボとロータスとの兄弟に相当するエレクトリックブランド | たしかにそのデザインはカッコいい さて、ボルボのエレクトリックブランドとしてスタートした「ポール ...

ケーニグセグが世界最速・世界最強のマニュアル車「CC850」を発表!20年前に発売したCC8へのオマージュ、出力は1385馬力

ケーニグセグが世界最速・世界最強のマニュアル車「CC850」を発表!20年前に発売したCC8へのオマージュ、出力は1385馬力

| さすがにこの出力のクルマをマニュアル・トランスミッションにて操作するのはちょっと恐ろしい | ケーニグセグ創業者50歳の折に50台のみが限定販売 さて、ケーニグセグは20年前に最初の市販車「CC8 ...

密輸のため新車状態にて中国で押収されたケーニグセグ・アゲーラRS、レゲーラが競売に!数年間放置され、レゲーラのハイブリッドシステムが再起動できるかはちょっと心配

密輸のため新車状態にて中国で押収されたケーニグセグ・アゲーラRS、レゲーラが競売に!数年間放置され、レゲーラのハイブリッドシステムが再起動できるかはちょっと心配

| なぜここまでずっと放置され、そして今販売されることになったのかはちょっとナゾ | いずれの車両も一旦はケーニグセグに戻して集中的な整備を行う必要がありそうだ さて、中国の税関にて押収されたケーニグ ...

ケーニグセグCEO「ピュアEV時代になると、テスラやポルシェと、ハイパーカーとの性能差が小さくなる。その状況で、それらの10倍の価格で電動ハイパーカーを売る自信はない」

ケーニグセグCEO「ピュアEV時代になると、テスラやポルシェと、ハイパーカーとの性能差が小さくなる。その状況で、それらの10倍の価格で電動ハイパーカーを売る自信はない」

| おそらくは多くのプレミアムカーメーカーも同じ課題を抱えていると思う | エレクトリック時代では、各自動車メーカーが「自動車本来の性能以外」に存在意義を見つけ、クルマに与えねばならない さて、ケーニ ...

ケーニグセグCEOが最高速チャレンジに改めて言及!「記録を更新できる実力があるのに、それを示さないわけにはゆかない」。ただ本心は「ものすごく怖い」とも

ケーニグセグCEOが最高速チャレンジに改めて言及!「記録を更新できる実力があるのに、それを示さないわけにはゆかない」。ただ本心は「ものすごく怖い」とも

| いかに安全性を確保し記録に挑戦するかは想像するよりも難しい | 自動車史上初の「500km/h」を突破するかどうかに注目が集まる さて、現在(ギネスに関係なく)実際かつ公式に計測された世界最高速記 ...

フェラーリ812コンペティツォーネ

2022年6月の輸入車登録ではヒョンデがダントツの伸び(18.5倍)を見せる!そのほかフェラーリ、アバルト、マセラティといったイタリア勢が強い

2022/7/6  

| メルセデス・ベンツ、BMW、アウディといった上位勢は軒並み登録が減少、やはり新車が無いようだ | 一方でイタリア勢は健闘、そのほかミニやポルシェも強い さて、2022年6月の輸入車登録台数が公開。 ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5