■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA)

マツダがロータリースポーツ「RX-9」を東京モーターショーに出展?価格は1000万円前後とのウワサ

投稿日:2017/07/18 更新日:

マツダがロータリーエンジン搭載の新型スポーツカー「RX-9」を東京モーターショーに出展する、というウワサ(画像はヴィジョンRX)。
完全に「ウワサ」レベルなので真偽は不明ですが、スタイリングがRX-9に似たものとなり、新しく特許を取得したロータリーエンジンを搭載する、と言われます。

出力は400馬力を超え重量は1350キロと軽量で、これが事実ならば相当なポテンシャルを秘めていると言えそうですね。
なお価格についても話が出ており、「マツダ史上もっとも高価な」車になると言われ(コスモを超えるのか・・・)900万円から1100万円ほどになる、というウワサ。

なお今年は初代「コスモ」から数えてロータリーエンジン50周年となり、なんらかの動きがあるのではと言われているものの、日産GT-Rと同じ価格で出力が低いのは(市販されたとしても)なかなかに受け入れられないのかもしれません。

ロータリーエンジン搭載スポーツカーにおいては、マツダ関係者の発言でも複数の方向性があり、北米マツダの重役は「ロータリーエンジン搭載スポーツカー復活」と語る一方、マツダ本社(日本)の社長は「ロータリーエンジン搭載スポーツは”無い”」、取締役は「ロータリー復活はあるがレンジエクステンダーとして」という見解を述べています。



今回のウワサでは「ハイブリッド」ということではないので、ロータリーエンジンをそのまま動力源としたものと考えられますが、となるとマツダ本社の話とは相違もあり、もし「展示されたとしても」これはコンセプトモデル、もしくは「50週年記念のお祝い」で終わり、実際は将来的に登場するであろう「ロータリーエンジン+モーター」を持つハイブリッドカーへと繋がるのかもしれません(ロータリーエンジンも動力として活用するのかレンジエクステンダーのみとして使用するのかは不明ですが)。

いずれにせよ、ロータリーエンジンはメルセデス・ベンツはじめ多くのメーカーが「実用化できなかった」エンジンであり、現在ではマツダ固有の資産、とも言えます。
その意味ではこれを活用しない手はなく、何らかの方法でロータリーエンジンの復活はありそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >マツダ(MAZDA)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.