ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■日本車

日産が2028年にソリッドステートバッテリー(全固体電池)実用化を行うと改めて明言!「この分野において、我々には明確な優位性がある」

日産が2028年にソリッドステートバッテリー(全固体電池)実用化を行うと改めて明言!「この分野において、我々には明確な優位性がある」

| ソリッドステートバッテリーの実用化は多くの企業が目指すところだが、その困難さに撤退した場合も報じられている | 一部では「まだまだ10年は実用化できない」とする向きも さて、日産は2022年に「今 ...

トヨタ・プリウス

トヨタ「EVに全面的に取り組むことは、ビジネス上の判断として間違っているだけでなく、環境にも悪い」。ある意味ではトヨタの考え方も理解でき、もしかすると生き残るのはトヨタかも

| ただしトヨタが生き残るのは「トヨタが想定する理由」とは異なる要因からだと考える | どう考えても、普及価格帯のEVは中国製EVには勝てないだろう さて、「もっとも環境に優しくない自動車メーカー」「 ...

まさしく「トロン」の世界!日産が「Max-Out(マックスアウト)コンセプト」の実車を公開、思いっきりSFの世界に飛んだな・・・

まさしく「トロン」の世界!日産が「Max-Out(マックスアウト)コンセプト」の実車を公開、思いっきりSFの世界に飛んだな・・・

| 今の時点ではこのMax-Outが何を意味するのかは語られていない | ただひとつ言及されているのは「走りの楽しさを拡張するオープンカー」 さて、日産は今月に「Nissan Futures」と呼ばれ ...

日本での再再販がウワサされるランドクルーザー70!今もランクル70が現役で販売される豪州では「ハイブリッド化」という話も登場

日本での再再販がウワサされるランドクルーザー70!今もランクル70が現役で販売される豪州では「ハイブリッド化」という話も登場

| 40年以上も前に設計されたクルマを「ハイブリッド化」というのは他に例を見ない | 設計がシンプルゆえ、手を加えやすいのかもしれない さて、現在日本では再販(再再販)の話が出てきている70系トヨタ・ ...

日産(NISSAN)

日産が2022年の販売を大きく落とす!生産は-9.4%、販売は-20.7%、日本での販売比率は14%のみ、最大はやはり中国の32%だが中国での存在感も失う

2023/2/1    , , , ,

| これだけ中国への依存度が大きくなれば、今後中国で「売れなくなったとき」のダメージが大きい | 現在、中国市場では「中国車の販売比率」が高まっている さて、日産自動車が2022年12月、加えて202 ...

新型フェアレディZ「NISMO」?米国にてエアロパーツを装着したプロトタイプ2台が目撃される

新型フェアレディZ「NISMO」?米国にてエアロパーツを装着したプロトタイプ2台が目撃される

| ただし「NISMO」というにはちょっと地味な気がしないでもない | もしかするとNISMO製アフターパーツのテストかも さて、まだまだデリバリーがほとんどなされていない新型フェアレディZですが、今 ...

マツダ史上もっともパワフルなCX-90正式発表!340馬力、さらにロードスターの足回り制御を取り入れスポーティーな走りも実現

マツダ史上もっともパワフルなCX-90正式発表!340馬力、さらにロードスターの足回り制御を取り入れスポーティーな走りも実現

2023/2/1    , , , , ,

| 新型CX-90のコンセプトはFor the Voyage of your life(人生の航海のために) | マツダはモデル間における差別化を拡大、それぞれに積極的に選ぶ理由を与えてきた さて、マ ...

またまた「R36 GT-R」のレンダリングが登場!実際のところR36があるのかないのか、発売されるにしてもパワートレーンなど全く想像がつかない【動画】

またまた「R36 GT-R」のレンダリングが登場!実際のところR36があるのかないのか、発売されるにしてもパワートレーンなど全く想像がつかない【動画】

| 日産にGT-Rを改良して電動化するだけの資金的余裕はなく、またスポーツハイブリッドの技術もないと思われ、ハイブリッド化は難しいだろう | いっそのことピュアエレクトリックのほうが想像しやすい さて ...

そういえば今まで見たことなかったな。「GR86ハッチバック」のレンダリングが登場

そういえば今まで見たことなかったな。「GR86ハッチバック」のレンダリングが登場

| いつの間にか3ドアハッチバック、そして3ドアホットハッチが絶滅してしまって残念だ | ただしエレクトリック時代にはちょっとだけ復活の兆しも さて、様々なクルマをモチーフに美しいレダリングを作成して ...

スズキが欧州市場向けに「ジムニーEV」を2024年に発表!残念ながら日本導入はなく、かわりにクロスビーもしくはハスラーEVが導入予定

スズキが欧州市場向けに「ジムニーEV」を2024年に発表!残念ながら日本導入はなく、かわりにクロスビーもしくはハスラーEVが導入予定

| スズキはその強みを活かして極端な「ニッチ戦略」を採用する | 他自動車メーカーと異なり中国とアメリカは除外、そして高級車 / 大型車にも手を付けない さて、スズキはつい先日、インド市場向けに「ジム ...

マツダが9年ぶりにMAZDA2を全面改良!ガルフカラーっぽい仕様が選べるなどカスタマイズ性を重視、マツダの方向性の変化を端的に表す内容に

マツダが9年ぶりにMAZDA2を全面改良!ガルフカラーっぽい仕様が選べるなどカスタマイズ性を重視、なぜマツダはこれまでの「提案型」から方向性を転換したのか

| マツダは「提案型」から「消費者に寄り添う型」の製品開発へとシフト | これまでマツダは「デザイナーや会社の考え方を、消費者に共感してもらう」というプロダクトアウト型だったが さて、マツダが「MAZ ...

トヨタ・プリウス

トヨタ社長が豊田章男からレクサスの佐藤恒治へ!章男氏は会長職へと退くも代表権を維持、今後のトヨタの電動化、スポーツカーはどうなる?

| おそらくは株主対策として電動化を強調し、そしてスポーツカーは電動化とともに強力に開発が進められてゆくだそう | レクサスは電動化イメージが強く、このタイミングでの交代は理にかなっている さて、トヨ ...

ホンダ

ホンダが電動化社会において「必要な企業とされるべく」世界規模での組織変更を行うと発表。EV開発の集約、それによる開発加速を狙うことが狙い

2023/1/25    , ,

| ただし、ホンダは企業文化的に「個」を尊重するあまり、強烈なリーダーシップを取ることができない | そしておそらく、今の時代は「個を尊重する」よりも「価値観に合わない人・モノを切り捨てる」ほうが重要 ...

日産がキックスを「ニューバランス327」仕様に!実際に東京と大阪を走行し、見かけた人は写真を撮ってTwitter経由で応募すれば抽選でキックス1台をもらえる可能性も

日産がキックスを「ニューバランス327」仕様に!実際に東京と大阪を走行し、見かけた人は写真を撮ってTwitter経由で応募すれば抽選でキックス1台をもらえる可能性も

| 英語ではキックス=スニーカー、という意味もあることから今回の「日産×ニューバランス」企画が誕生 | ラッピングと言えど、意外とその再現度は高かった さて、鳴り物入りでデビューした日産「キックス」。 ...

トヨタ

トヨタが経済フォーラムにて「なぜピュアEVに注力しないのか」「現時点ではPHEVが最適」だと改めて主張。言っていることは理解できるが、両手を挙げては賛同できない

| トヨタ同様の意見を述べる会社は他にもあるが、他はちゃんとEVに取り組み、EVを発売している | やはり最低限の「やること」は(間違っていると思っても)やらないと、耳を貸す人も少なくなってしまう ダ ...

「R36 GT-R NISMO」コンセプトレンダリング登場!ド迫力のブラック、クリーンでニスモらしいホワイトなど複数バージョンが公開【動画】

「R36 GT-R NISMO」コンセプトレンダリング登場!ド迫力のブラック、クリーンでニスモらしいホワイトなど複数バージョンが公開【動画】

| 意外と「そのまま登場してもおかしくない」ほどの現実的な仕様を持っている | 現段階では「R36 GT-R」が登場するのかどうかすらわからない状態ではあるが さて、先日R35 GT-Rの後継となる「 ...

シビック・タイプR

新型ホンダ・シビック・タイプRが「売れすぎ」で一時受注停止!なお現在中古市場には8台が登録、相場は900万円前後、総支払額だと1000万超えも

| この価格でも「売れる」のがシビック・タイプRの恐ろしさでもある | ただし需給バランスの悪さは現在がピークだろうと考える さて、ホンダが新型シビック・タイプRの受注を一時停止すると発表。これはシビ ...

いったい誰が買うんだろうなこのクルマ・・・。オートバックスがGR86のコンプリートカー「VIGALE(ヴィゲイル)」を発表。GR86の客層とはちょっと路線が違いそう

いったい誰が買うんだろうなこのクルマ・・・。オートバックスがGR86のコンプリートカー「VIGALE(ヴィゲイル)」を発表。GR86の客層とはちょっと路線が違いそう

| オートバックスはよくこれだけの資金を捻出し、ビジネス的にゴーサインを出したものだと思う | おそらくその価格は「安くない」 さて、カー用品販売店のオートバックスがGR86のカスタムカー(コンプリー ...

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5