ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■日本車

フロントバンパー広すぎ!スバルBRZワイドボディにGR86 悟空エディション?デザイナーの考えたバーチャルチューンのインパクトがあまりに凄まじかった

フロントバンパー広すぎ!スバルBRZワイドボディにGR86 悟空エディション?デザイナーの考えたバーチャルチューンのインパクトがあまりに凄まじかった

| 今年のSEMAショーあたりではGR86のカスタムを大量に見ることができそうだ | もしかしたらレンダリングアーティストの作品が「現実」のものとなる可能性も さて、日産GT-RやフェアレディZなど多 ...

発売間もないマツダCX-60にリコール、新型フェアレディZに改善対策!マツダは「納車開始後まもなく問題が発覚」する例が多いように思う

発売間もないマツダCX-60にリコール、新型フェアレディZに改善対策!マツダは「納車開始後まもなく問題が発覚」する例が多いように思う

| 日産の「トランスミッション問題」は北米では深刻な状況となっており、同じユニットを搭載するクルマが20万台リコールに | やはり新しく取り入れたユニットや機能、新型車には問題はつきもの さて、納車間 ...

新型シビック・タイプR「クーペ」をバーチャル上にて実現したデザイナーが登場!おそらく現実に作られることは二度となさそうだが、仮想世界だけでもこの勇姿を楽しみたい

新型シビック・タイプR「クーペ」をバーチャル上にて実現したデザイナーが登場!おそらく現実に作られることは二度となさそうだが、仮想世界だけでもこの勇姿を楽しみたい

| 現代のシビック・タイプRは「最大公約数」をカバーするクルマではなくてはならない | かつてのシビック・タイプRとは価格もポジショニングも全く異なる さて、いつもクオリティの高いレンダリングを公開す ...

新型トヨタ・セリカ(ST250)を考えた自動車デザイナー現る!WRC版、レーシングバージョン、そして暴走族カスタムも一挙公開

新型トヨタ・セリカ(ST250)を考えた自動車デザイナー現る!WRC版、レーシングバージョン、そして暴走族カスタムも一挙公開

| 一時は「セリカが復活する」というウワサがまことしやかに囁かれていたが | 新型(8代目)セリカは7代目セリカのイメージを踏襲 さて、カーデザイナーのアレクシス・ポンセレット氏(インスタグラムのプロ ...

初代ホンダNSXを原型なきほどにカスタムした車両が販売中!エアロはヴェイルサイド、テールランプはフェラーリから、そしてメーターはS2000から

初代ホンダNSXを原型なきほどにカスタムした車両が販売中!エアロはヴェイルサイド、テールランプはフェラーリから、そしてメーターはS2000から

| どうやらこのNSXは販売に苦戦し値下げを行ったようだ | ホンダNSXそのものは人気だが、ここまで弄られていると手を出すのに戸惑ってしまう さて、初代ホンダNSXは現在継続してその価値を上げ続けて ...

ホンダS2000CRが12万5000ドル(1810万円)で落札!米中古車売買サイトでは歴代二番目の高額落札、ここ数年のS2000の高騰ぶりは凄まじい

ホンダS2000CRが12万5000ドル(1810万円)で落札!米中古車売買サイトでは歴代二番目の高額落札、ここ数年のS2000の高騰ぶりは凄まじい

2022/10/1    , , , , ,

| ちょっと前まではこれよりもコンディションが優れるS2000CRが半分の価格で入手できたが | この勢いだと今後まだまだ価格が上昇しそう さて、2008年モデルのホンダS2000が米中古車売買サイト ...

鹿児島県からまさかの「日産GT-R 50 by イタルデザイン」売り物件(未登録車)が登場!世界限定50台、新車時の価格は1億2000万円のハイパーGT-R

鹿児島県からまさかの「日産GT-R 50 by イタルデザイン」売り物件(未登録車)が登場!世界限定50台、新車時の価格は1億2000万円のハイパーGT-R

| こうやって見ると日産GT-R 50 by イタルデザインはスゴい迫力だ | 他に取引例が報告されていないだけにいくらで売れるのかは全く不明 さて、2018年に日産とイタルデザインとのコラボレーショ ...

トヨタ

トヨタが中国にて発売する「初の電動セダン」bZ3は400万円との報道!現地ではテスラ・モデル3より160万円ほど安く、しかしそれでも「売れないだろう」とボクが思うワケ

2022/9/30    , , , , , ,

| トヨタbZ3には「積極的にそれを選びたい」と思わせる理由が乏しく、ガソリン車や他社EVの代替でしかない | そしてそれが「トヨタ車」でもある さて、先日トヨタが中国にて発売するエレクトリックセダン ...

Nissan Z GT4発表!「素性の良さを生かした高バランス」が自慢、スープラGT4とのバトルを見てみたい

Nissan Z GT4発表!「素性の良さを生かした高バランス」が自慢、スープラGT4とのバトルを見てみたい

| 新型フェアレディZは公道上だけではなくサーキットでもGRスープラと競うことに | スペック詳細は11月のSEMAショーにて発表の予定 さて、日産が予告通り新型フェアレディZをベースとした「Niss ...

トミカ製トヨタ・アルファードをまさかの「6輪」化!さらに超ディープリムなホイール、オーバーフェンダーを装着して迫力満点の仕上がりに【動画】

トミカ製トヨタ・アルファードをまさかの「6輪」化!さらに超ディープリムなホイール、オーバーフェンダーを装着して迫力満点の仕上がりに【動画】

| もしも実車が存在したら中国の富豪が大枚はたいて購入しそう | 現実にどこかのショップがカスタムしそうな気もするが さて、ホットウィールなど既成のミニカーを使用して様々なカスタムを行うジャカルタ・ダ ...

マツダ・ロードスターのみのイベントに707台が集まりギネスに認定!なおこれまでの記録はオランダで記録された683台

マツダ・ロードスターのみのイベントに707台が集まりギネスに認定!なおこれまでの記録はオランダで記録された683台

| マツダ・ロードスター(MX-5)の高い人気がイタリアにおいても証明される | 思い思いのカスタムが施された各世代のマツダ・ロードスターが集合 さて、マツダ・ロードスターの(世界における)人気の高さ ...

日産フェアレディZ

納車前からリコール?新型フェアレディZのAT車が「Pに入れてもクルマが動く可能性」があるため北米にて販売が全面停止、調査が開始されることに

| やはり新型ユニットは何が起きるかわからない | おそらくリコール対応には相当な手間がかかりそう さて、北米にて「オートマチックトランスミッションを搭載したフェアレディZにつき、日産が各ディーラーへ ...

アキュラ副社長が「3代目NSXはピュアエレクトリックで、直線が速いだけのクルマではない」と復活を示唆。ただしモロモロの事情を考慮すると、新型NSXはアメリカ企画とはならなさそう

アキュラ副社長が「3代目NSXはピュアエレクトリックで、直線が速いだけのクルマではない」と復活を示唆。ただしモロモロの事情を考慮すると、新型NSXはアメリカ企画とはならなさそう

| おそらくホンダはこれまで「世界中の各法人」に与えていた権限を本社に集約させているようだ | この流れからすると、新型NSXがあるとすれば日本企画となるのかも さて、ホンダは「NSX Type S」 ...

マツダ・ロードスター(NA)をオタクがカスタム!ND世代のエンジンへとスワップ+シングルシーター化、890kgへと軽量化したNMコンセプトが1000万円で受注開始

マツダ・ロードスター(NA)をオタクがカスタム!ND世代のエンジンへとスワップ+シングルシーター化、890kgへと軽量化したNMコンセプトが1000万円で受注開始

| 価格はかなり高価だが、とんでもなく楽しいクルマであることは間違いない | 随所にはこれまでマツダが製作してきたコンセプトカーへのオマージュが散りばめられる マツダ・ロードスター(MX-5)は自動車 ...

このクルマを現実世界で購入できないのは残念だッ・・・!ホンダ・シビック・タイプR「ワゴン」のレンダリングが登場。タイプR普及のためにぜひ発売希望

このクルマを現実世界で購入できないのは残念だッ・・・!ホンダ・シビック・タイプR「ワゴン」のレンダリングが登場。タイプR普及のためにぜひ発売希望

| ホンダは現行シビック・タイプR(FL5)にてより多くのユーザーに門戸を開いたと考えている | その流れから「ワゴン」という選択肢があってもいいんじゃないかと思う さて、いつも美しい「もしも」系レン ...

トヨタが新型コンパクトPHEV(スモールSU-EV)の市販モデルと思われるパテントを出願!新設計プラットフォーム採用、C-HR後継もしくはその「下」に位置するニューモデル?

トヨタが新型コンパクトPHEV(スモールSU-EV)の市販モデルと思われるパテントを出願!新設計プラットフォーム採用、C-HR後継もしくはその「下」に位置するニューモデル?

| フロントグリルを持ちつつも「bZ顔」なので電動化されているのは間違いない | 画像を見る限りではなかなか魅力的だ さて、先日「最も環境に熱心ではない自動車メーカー」という不名誉極まりない評価がなさ ...

ちょっとマツダ顔?スバルが新型クロストレック発表!ボクがクロストレックの「デザインのみ」に焦点をあわせ、そのデザイン言語「BOLDER」を考えてみる

ちょっとマツダ顔?スバルが新型クロストレック発表!ボクがクロストレックの「デザインのみ」に焦点をあわせ、そのデザイン言語「BOLDER」を考えてみる

| スバルのデザインはチョコチョコなにかに似ている部分もあるが、全体的にはオリジナリティを感じさせ、排他性を持っていると思う | だからこそスバルは実用品の範囲を超え、多くの人に愛されるのだと考えられ ...

GRヤリス

GRヤリスに300馬力、軽量+クロスレシオの「モリゾウ・エディション」登場とのウワサ!すでに開発完了、あとは社内承認待ちと言われ、GRMNヤリスの存在は何だったんだ・・・

| ここへ来て、GRの展開につき日本国内とグローバルとで様々なギャップが生じ始めている | とくに北米と日本ではトヨタのモータースポーツ活動に対する認識の相違が介在するようだ さて、トヨタは304馬力 ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5