>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【動画】”世界最速の女性”が教える、メルセデス・ベンツGクラスで「水の中を渡るにはこうする」3つのポイント

この3つを理解しておけば無事に水中を走行可能 様々なメディアに登場し、極限下でのドライブテクニックを披露することで知られる、”4輪を走らせると世界最速の女性”ジェシー・コムズさんがメルセデス・ベンツGクラスにて「簡単に水の中を走る3つの方法」を公開。使用するのは新型メルセデス・ベンツGクラスで、実際にこれでザブザブと水中を走ってみようということですね。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセプト」登場ありそ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >韓国の自動車メーカー ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

BMWとノースフェイスとのコラボ、キャンパーコンセプトが公開。世界で最も進んだ”布”を使った、「テントとクルマの融合」

ただし誰がどういったシーンで使用するのかは謎 BMWがアウトドアブランド、ノースフェース(ザ・ノース・フェイス/THE NORTH FACE)とコラボした「キャンパーコンセプト」を発表。これはラスベガスで開催中の家電見本市「CES」で発表されたもので、なぜ家電のショーで発表されたかというと「素材に”物質”と”デジタル”」とを融合したから(説明を見てもよくわからない)。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

とても純正とは思えない!チューンドカー並の派手なエアロを持つレクサスRC F”パフォーマンスパッケージ”発表

トヨタはときどきこういった派手なクルマを出す会社でもあった すっかり話題はスープラ一色となってしまったデトロイト・モーターショーですが、その影でトヨタは新型レクサスRC Fを公開。もちろんこれはフェイスリフト後の新型RCをベースにしたハイパフォーマンス版ですが、標準モデルのRC Fに加え、カーボン製パーツやセラミックブレーキ、チタンマフラー等を装備する「パフォーマンス・パッケージ(Performance Package)」もあわせて発表しています。 左がRC F パフォーマンスパッケージ、右が通常のRC ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

あの人気ユーチューバーも早速注文!新型トヨタGRスープラのレビュー続々登場。リアハッチ開口部はボディ剛性確保のためかなり狭いつくりに

やはり細かいところは動画でないと伝わりにくい さて、発表されたばかりの新型トヨタ・スープラですが、国内外から動画レビューが続々登場。このタイミングでの公開ということは、事前に各メディア向けには発表が行われ、1/14の「解禁」にあわせて一斉にアップが始まった、ということになりそうです。 こちらもオススメ、関連投稿新型トヨタ・スープラの試乗レポート初登場!「室内に流れるエンジンサウンドはフェイク」「ブレーキには改善余地がある」【動画】レクサスUXの試乗レビュー到着!「レクサスUXは売れる要素を備え、ライバルよ ...

ReadMore

>スバル(SUBARU) ■ニュース

スバルが北米限定「S209」発表。WRX STIベースでSTI史上最高の341馬力、オーバーフェンダーで殴り込み

北米市場専用なのが残念。日本での発売も期待 スバルが予告していたとおり、デトロイトモーターショーにて「SUBARU WRX STI S209」を発表。これまでの「S207」「S208」同様、スバル・テクニカ・インターナショナルがエンジンやシャシーをチューンしたもので、ドライブトレーン、そして内外装含めた特別仕様となっています(スバルの北米法人による”なんちゃって”ではなく、ちゃんとSTIが手を入れたクルマだと思われる)。 こちらもオススメ、関連投稿スバルが東京モーターショー詳細を公開。「S208/BRZ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウラカン関連

【動画】一般人が偶然ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダーに遭遇し、初めて走行状態を捉える。そのリヤの迫力は想像以上

今までのどんなスパイフォト/動画よりも鮮明 ランボルギーニはつい先日ウラカンのフェイスリフトモデル、「ウラカンEVO」を発表していますが、今回早くも「ウラカンEVOスパイダー」のプロトタイプが目撃に。過去にも一度スパイフォトが公開されているものの、「動画」としての走行状態が捕らえられたのは今回が初めてです。なお、動画を撮影したのはプロのスパイフォトグラファーではなく、偶然これを目撃した「一般の人」。 新型ランボルギーニ「ウラカンEVO」発表!640馬力、加速はフェラーリ488GTB以上、価格は2984万円 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

欧州仕様の新型スープラも発表!ベースグレードでも鍛造ホイール、ハイパフォーマンスブレーキ装着。90台のみの「マットカラー」限定モデルも登場

欧州仕様のスープラは走りに一切の妥協はない デトロイト・モーターショーにて発表されたA90世代の新型スープラですが、北米仕様に続き「欧州スペック」が公開に。現時点で北米ではその限定台数に言及していないものの、欧州仕様のスープラは初年度につき「年間900台」に供給が制限される、と公式発表がなされています。加えて、初回限定モデルとして、90台限定の「スープラA90エディション(Supra A90 Edition )」の発売もアナウンスされており、こうなると日本市場向けの価格や詳細についても発表が待たれるところ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

新型トヨタGRスープラの北米仕様は6気筒のみ。初回限定モデル「ローンチエディション」はこんな装備を持っている

トヨタは各国向けに限定モデルを用意する? トヨタは新型GRスープラを発表したばかりですが、その0-100キロ加速は「4.3秒」とトヨタ車史上最速。なお、日本の自動車メーカーが0-100km/h加速を公開することは非常に稀で、それだけトヨタは今回の新型スープラに自信がある、ということなのでしょうね。現在のところ日本での発売時期は「春」とだけ発表され、その詳細や価格は不明ですが、北米では「3.0」「3.0プレミアム」「ローンチエディション(限定)」の3つとなり、日本で導入される「2リッター4気筒」は販売されな ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

マスターテストドライバーは豊田章男社長!新型トヨタ・スープラは「自信を持ってお届けできる」

新型トヨタ・スープラの加速性能はポルシェ718ケイマンSをも上回る トヨタがデトロイト・モーターショーにて、17年ぶりとなるA90新型スープラを発表。今回公開されたスープラはBMW外共同開発となり、「BMW Z4」とシャシーを共有することが一つの特徴ですが、トヨタいわく「直6」「FR」といういずれの世代のスープラにも通じる特徴を軸に、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つにこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現した、とのこと。 さらに新型スープラの開発主任、 多田哲哉氏は ...

ReadMore

>その他イタリア車

「ベルトーネ」復活!0-100km/h加速2.2秒、近未来的なエレクトリックハイパーカー「BBS GT」を公開

ただし以前のベルトーネとは無関係で「名称」だけを使用 またまた実現しそうのないスーパーカー(ハイパーカー)、「ベルトーネDianchè BSS GT Cube」「ベルトーネBertone Dianchè BSS GT One」の構想が公開に。これはロンドンベースの企業「Flymove(フライムーブ)」が推進するプロジェクトで、約一ヶ月前にこのフライムーブは「ベルトーネ」の商標使用権を獲得して活動を開始している模様。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R ...

ReadMore



>中国/香港/台湾の自動車メーカー

グンペルト創業者が復活。73歳にして0-100キロ加速2.5秒、最高速度300km/hのスーパーEV発表

投稿日:

| グンペルトが再始動 |

グンペルトがエレクトリック・スーパーカーを公開。
「グンペルト」と聞くと「え?倒産して香港企業に買い取られたんじゃないの?」と思う人もいるかもしれず(ぼくもそう思ってた)、ここでちょっと解説を。
もともと自動車メーカーの「グンペルト」を設立したのは元アウディ・モータースポーツ(当時の名称)の責任者「ローランド・グンペルト」氏。








新生グンペルトは中国企業に

同氏はアウディを退社後にスーパーカーメーカー「グンペルト」を作り、そこからリリースしたのが「アポロ」となります。
なお、同氏はそのアポロを駆ってニュルブルクリンクにて当時(2009年)の市販車最速記録を出しており、今でもベスト10に残っている状態。

グンペルト・アポロはこんなクルマで、アウディ製4.2リッターV8ツインターボ(650)馬力をミドシップマウントし、車体重量は1100キロ。
0-100キロ加速は3秒、最高時速は360キロとされ、当時の水準を考えると「超弩級」とも言えるクルマ、もといマシンですね。
アウディ出身ということもあってアウディからパーツを供給を受けて製作されており、エンジンの他内装パーツにも多くのアウディ製パーツが使用されることでも知られますが、エアコンやリアビューカメラなどの快適装備が装着される一方で、「とんでもなく乗り心地が悪い」ということでも有名です。

gumpert-apollo-s-iro

残念ながらグンペルトは2013年に経営破綻してしまい、会社を香港の投資グループに売却。
その後グンペルトは「アポロ」と名を変え、さらに変態度をアップさせた「インテンサ・エモルツィオーネ」を発表していますが、グンペルト時代から通じて「ぶっ飛んだ」自動車メーカーであることに変わりはありません。

その後ローランド・グンペルト氏の話は聞かなかったものの、今回中国企業のサポートを得て見事復活し、新しい会社の名前は「Gumpert Aiways(グンペルト・アイウェイズ)」。

そして新生グンペルトの第一号社がこの「Nathalie(ナタリー)」で、アポロ同様にこちらも「完全に別世界に行ってしまった」ルックスを持ち、SUVF映画に出てきてもおかしくないほどで。

rg-nathalie-neuer-gumpert-elektrosportler (5)

復活の影にはグンペルト氏の人脈があった

なお、今回グンペルトが中国企業のサポートを得たのには一つの物語があり、それは1998年にまで遡ることが可能。
当時ローランド・グンペルト氏は「中国でアウディを販売する基盤を構築すべし」との特命を受けて中国に渡り(当時はまだアウディに在籍)、中国のパートナー企業とディーラー網を整備することに。
その時懇意にしていたのが中国人のミスター・フーで、その彼とグンペルト氏は最近になって旧交をあたためることになり、今回新しく会社を作った、というのがその物語。
さらにこれには続きがあって、ミスター・フーは出来上がったこのクルマに、グンペルト氏の長女の名前「ナタリー」を与えていて、いかにこの二人が親しいかがわかります。

rg-nathalie-neuer-gumpert-elektrosportler (2)



なお、今回の「ナタリー」について、よくよく見るとアウディが数年前に発表した「アウディ・スポーツ・クワトロ・コンセプト」の面影が見え(おそらくベースはこれ)、インテリアについてもそれは同じ。
つまり、今だにグンペルト氏はアウディと強いパイプを持っているということになり、ミスター・フー同様、アウデイとも良い関係を築いてきた(なんといってもコンセプトカーを使わせてもらえる)のだということがわかります。

↓こちらがアウディ・スポーツ・クワトロ・コンセプト

02audiquattroreview

よって、グンペルト氏はたいそう良い人に違いないと思われ、人付き合いがいかに大事かもわかりますが、ぼくはこういった「人付き合い」が苦手なので、ここは見習わないといけない部分ですね。

rg-nathalie-neuer-gumpert-elektrosportler (3)

新会社が本格的に活動するのは2019年からになるとのことですが、今後コンパクトカー、SUV、サルーン含め8つの異なるモデルを展開する、としています。

なお、このグンペルト・ナタリーについては「エタノール・フューエルセル」車で、つまり燃料はアルコール。
これを電力に換えてモーターを駆動するとのことで、これは自動車業界「初」ですが、考え方としては「ナノフローセル」に近いようにも思います。

rg-nathalie-neuer-gumpert-elektrosportler (6)

現時点ではプロトタイプにとどまるものの、0-100キロ加速は2.5秒、最高時速は300キロ。
航続可能距離は600キロ、エコ運転に徹すれば1200キロは走る、とのこと。
旧グンペルト(現アポロ)も注目ですが、新生グンペルトもメア話せないメーカーだと言えそうです。

今回の北京モーターショーでは「イズデラ」が新車を発表したりという思いがけない復活劇が見られますが、今回のグンペルトといい、サリーンといい、中国で復活を果たすというのは一つのトレンドとなるのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう






->中国/香港/台湾の自動車メーカー
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.