>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 ●ポルシェ718ケイマン(982) ■カメラ、携帯電話などガジェット系/PC系 ■ニュース

スポーツカー/スーパーカーにも楽々積める折り畳み自転車「ストライダ」とは!?

ディーラーにクルマを預けた時の帰りの「足」はこうやって確保している さて、今日はぼくが時おり乗っている自転車「ストライダ(STRIDA)」を紹介したいと思います。これは子供用の「ストライダー」とは全く別のブランドで、もとはイギリスのエンジニア、マーク・サンダース氏が開発した製品。特に同氏は「自転車専門」というわけではなく、この「ストライダ」を単独の自転車ラインアップとしてリリースしています(ダイソン博士が掃除機を発売したような感じ)。 最初に日本に入ってきたのは1989年頃だと記憶していますが、けっこう高 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

仕上げはサテンマット!トヨタがクリスマスに向け、新型A90スープラに採用されたカモフラージュ柄の包装紙を発売

トヨタが「あの」新型スープラの「戦艦モチーフ」カモフラージュシートをクラウドファンディングにて公開 トヨタUKが現在クラウドファンディングにて、「A90スープラのカモフラージュ(偽装)柄の包装紙」の実現に向けて活動開始。見ての通り、「第一次大戦時の戦艦をモチーフにした」あのカモフラージュ柄をそのまま再現し、「A90」の文字も健在です。 このカモフラージュシートについては、「一般公開すること」を前提にしていて、そのため「ちょっとでも格好良いものを」とトヨタが考えてデザインしたものだそうで、実際にグッドウッド ...

ReadMore

>スズキ(SUZUKI)

スズキ・ジムニーのカスタム続々。今回はH&Rが「ローダウン&アーバンカモ」仕様のジムニーシエラを公開

ウインカーもブラックアウトし「モノトーン調」へ さて、世界的な盛り上がりを見せるスズキ・ジムニー。日本では2年待ちとも言われ、欧州においても(日本以外ではジムニー”シエラ”のみの展開)やはり納車までに2年は待たねばならないと言われるほど。 そういった状況を鑑みてか、これまでジムニーのカスタムに手をつけなかったような会社もここへ参入しており、先日はアストンマーティンなど高級車のカスタム/チューンで知られるカーン・デザインもジムニーのカスタムパーツを発表したのは記憶に新しいところです。 スズキ・ジムニーのカス ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

やはりBMW 8シリーズは大人気!またまた納車がはじまっていないのにチューナーが「621馬力チューン」を公開

マンハートは「マンハートらしい」ブラックとゴールドで攻めてきた まだ納車が開始されていないにも関わらずチューナー各社がチューニングメニューを発表しているという異例のニューモデル、「BMW 8シリーズ」。エンジンやトランスミッション含むドライブトレーンが既存モデルと共通ということからチューン/カスタムの予測を行いやすいためだとも思われますが、やはりその人気の高さがこれらチューナーを動かしている、と言えそう。 BMW 8シリーズはBMWにとって久々のラグジュアリークーペであり「ビッグネームの復活」。メルセデス ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

メルセデス・ベンツのトラック「Xクラス」が6輪化!外装フルカーボン、ブレーキはカーボンセラミック

内装チューナーがトラック専門ブランドを立ち上げ。メルセデス・ベンツXクラスをハードにカスタム 内装スペシャリスト、「カーレックス」が新たにトラックにフォーカスしたチューニングブランド「ピックアップデザイン」を立ち上げ。そして今回その第一弾としてメルセデス・ベンツ初のピックアップトラック「Xクラス」のカスタムを公開しています。 ただしその内容は「ただのXクラスのカスタム」ではなく、なんとメルセデス・ベンツG63 AMG 6×6ばりに「6輪化」。たしかに以前カーレックスはXクラスのカスタムカーを公開していたも ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】1000万円チョイで格安のマクラーレン12Cを購入した男。トラブルを乗り越えて幸せになれるか?

| トラブルを承知で格安マクラーレンを購入したユーチューバー。果たしてどうなる? | ユーチューバー、Tyler Hoover氏が格安のマクラーレンMP4-12Cを購入。 MP4-12Cはマクラーレンの市販車部門、マクラーレン・オートモーティブ初の量産ロードカーで2011年に発表されています。 発表時は「MP4-12C」という名称で、その後スパイダー版が2012年に登場した際に「12C」へと改名。 そして650S登場にあわせて生産の一時休止が発表され、そしてそのまま「二度と戻らぬ人」となっています。 なお ...

ReadMore

>マセラティ(Maserati)

その名は「高貴」。マセラティがギブリ、レヴァンテ、クワトロポルテに貴族的なスペシャルモデルを追加

| マセラティが見るからに高貴なスペシャルエディションを発表 | 残念ながら北米市場専用にはなるものの、マセラティがギブリ、クワトロポルテ、レヴァンテに対してスペシャルモデル「Edizione Nobile(エディツィオーネ・ノービレ)」を設定。 これは高級グレードの「グランルッソ」のみに選択可能なオプションという扱いになるようですが、これを選ぶとボディカラーは3層コートの「Blu Nobile」、20インチホイール、シルバーのブレーキキャリパーが専用装備として与えられることに。 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

内装チューナーがBMW M3をカスタム。非レザーを使用した新感覚インテリアに

内装だけじゃなく外装もしっかりカスタム ブルガリアの内装スペシャリスト、VilnerがE30世代のBMW M3の内外装をカスタム。Vilnerはリマック・コンセプト・ワンの内装を担当するなどその高い技術が認められたショップですが、外装をカスタムするケースは非常に希。しかしながら内装で培った高いカスタムセンスが遺憾無く発揮され、外装も非常に美しい仕上がりに。 こちらもオススメ、関連投稿BMW135iにM3のV8エンジンを積んだ挙句ボアアップしたツワモノ登場(動画あり)BMW M3に超アメリカンな30周年記年 ...

ReadMore

>フォード(FORD) ■ニュース

現代風にカスタムされた初代フォードGT。ハードカスタムで1000馬力を発生

フォードGTの発売は意外と新しくて2005年だった 先代フォードGTはアメリカ初のミドシップスーパースポーツとして知られますが、その生産は1,500台のみという希少車。ただし、それでもフォードGTをカスタム/チューンするオーナーは多く、このオーナーもその一人、ということになりますね。 なお、フォードGTについては、クライスラーにて「ヴァイパーのミドシップ化計画を進めていた人物がフォードに移籍して実現させたプロジェクト」である、という衝撃の事実も明かされています。 知られざる過去。ダッジ・ヴァイパーもミドシ ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■ニュース

内外装はモノトーンで統一。世界で28台のみ、アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスターが2億円で販売中

| あまりに美しいアストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスター | アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスターが中古市場に登場。 走行わずか17キロの個体がJames Editionに登録されていますが、その価格はなんと2億円。 アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスターは「クーペ」「ヴォランテ」「シューティングブレーク(ワゴン)」とともにリリースされた限定シリーズのひとつで、その中でも最も少ない限定台数「28台」を誇るレアカーです。 「2億円」というと ...

ReadMore



>ポルシェ・ケイマン関連 ●ポルシェ718ケイマン(982)

購入したポルシェ718ケイマンに装着されるオプション装備(内装)を見てみよう

投稿日:

| 購入したポルシェ718ケイマンにはこういった内装オプションが装着されている |

さて、ポルシェ718ケイマンに装着されているオプションにつき、ここでそれぞれの内容を紹介してみたいと思います。
ぼくのポルシェ718ケイマンはポルシェセンター北大阪さんが店頭販売用に「見込み」で発注したもの。
よって経験上の”売りやすい”人気オプションが装着されている、ということになります。

ここで、内装に装着されているオプションにはどんなものがあるかを見てみましょう。

▼関連投稿▼

購入したポルシェ718ケイマンに装着されるオプションを見てみよう(外装編)








ポルシェエントリー&ドライブシステム:128,000円

簡単に言えば「スマートキー」。
キーを携帯した状態でドアハンドルを握る、もしくはリアバンパーのモデル名、またはフロントのポルシェ・クレスト(エンブレム)手を近づけると自動でロックが解除される、というもの。

かなり高価で賛否の分かれるオプションではありますが、ポルシェ718の場合は室内にモノを置く場所がなく、よって大きなモノだと前後トランクに入れて置くことになり、それが日常的に使用するもの(ぼくの場合だとスポーツクラブの用品がそれに当たる)だとするとけっこうこの機能は便利。
これがないとキーもしくは室内からスイッチを使用して開閉することになりますが、やっぱり「手をかざすだけ」でロック解除できるのは使い勝手がいい、と思います。

ただし、今回は「選択の余地」がなくついてきたオプションだからそう考えるのであって、自身でオプションを選べる新規発注であれば、この装着はかなり迷うかもしれません。※ポルシェ・ジャパンによる解説はこちら

detail_M625_l_0

サーボトロニック:48,000円

要は車速感応型パワステで、走行するスピードが低いとステアリングが「軽く」。
以外に便利といえば便利ですね。
ポルシェのスポーツモデルにおいては991/981世代からパワーステアリングが「電動」となっていて、それによって実現した装備だと言えそう。

スポーツクロノパッケージ:404,000円

すんごい高いオプションで、これによる主な変化は6つ。
まず一つ目は「ドライビングモード」の追加で、これはノーマル、スポーツ、スポーツ・プラス、インディビジュアルの4つから選択が可能。

そして2つ目はシフトプログラムの変更。
ポルシェ曰く「サーキット走行に適した」プログラムとなり、つまり「ガッツンガッツン」とくるシフトフィール(変則速度が速くなるので)、シフトタイミングがより上の回転数へと変更されるもの。

3つ目は「スポーツレスポンスボタン」ですが、これはステアリングホイール脇に「やる気ボタン」が追加され、これを押すと20秒間だけ「エンジンとトランスミッションが追い越しモードに」。
ニトロとまではゆかないものの気分が盛り上がることは確実で、メーター内にも「残り時間」がカウントダウン表示されるために視覚的満足度も得られます。

4つ目はダッシュボード上の「ストップウォッチ」。
これは周囲から見てもわかるもので、これがついていないと、ほかのポルシェ乗りから「あっ、スポーツクロノ付いてないんだ・・・」と思われる可能性があります。

5つ目はダイナミックトランスミッションマウント。
これは機能としては非常に優れたもので、エンジンとトランスミッションの可変マウントが「硬く」なるもの。
エンジン、トランスミッションについて、サーキット走行時など高回転状態で回転数が上下すると、アクセルのオンオフでその回転方向へと慣性によって「車体が持ってゆかれる」ことも。
そういった状況を廃するための装備で、地味(見た目では何もわからない)ですが効果は抜群。
いかにもポルシェらしい機能です。

6つ目は「ローンチコントロール」。
いわゆるスタートダッシュが速くなるものです。
以前はポルシェ・ジャパンのサイトにも「スポーツクロノ装着時」の0-100キロ加速タイム(ちょっとだけ速くなる)につき記載があったものの、現在は見られないようですね。

スポーツクロノパッケージを装着すると、こういった感じの変化がありますが、正直なところ普通に乗る人にとっては「まさに無用の長物」。
ぼくも981ボクスターにこれを装着していたものの、使用したのは2〜3回。
最初に使ってみて「おお!」と思った以外はあまり使うことはなく、スポーツ走行、サーキット走行を行わないとその真価を体感できない、とは思います。

ただ、オプション金額は高くとも売却時に価格が「上乗せ」される数少ないオプションの一つであり、かつ常に目に入る部分の見た目が変わる(とくにステリングホイールのスイッチはナイス)、そしてあとで欲しくなっても「後付けできない」ということもあるため、他のオプションを削ってでも装着した方がいいかもしれません。※ポルシェ・ジャパンによる解説はこちら

なお、ポルシェにてステアリングホイール開発に関わった人も「このボタン最高」というコメントを残しています。

porsche-zoom



オートエアコン:139,000円

これもやはり国産から考えると(いや、ほか輸入車と比較しても)常軌を逸した価格設定。
というか、こんなに高い車なんだからオートエアコンくらい標準装備にしてよ・・・と思ってしまいますよね。

detail_M573_l_0

シートヒーター:76,000円

これはまさに文字通りのシートを暖める機能。
それ以上でもそれ以下でもない、ポルシェだからといって急速に暖まるわけでもない、とくに解説のしようもないオプションですが、冬季にはやはりあると便利。

フロアマット:20,000円

これも文字通りのフロアマットで、これもポルシェだからといって高級でも特別な機能があるわけでもない、普通のマット。
ただ、あえて特徴を述べるならば「非常に軽い」。
通常、マットは裏面にラバーを使用していることが多く、そのため一般的なクルマのマットは結構重いのですが、ポルシェのマットは他メーカーに比べてかなり軽い、と認識しています(ただしランボルギーニの方がもっと軽い)。
もし「軽さ」を意識してこの仕様としているのであれば、やはりポルシェというメーカーは「とことん妥協がない」ということになりますね。
こういった「ちょっとした」ところに各自動車メーカーの考え方が現れるのだ、とぼくは思います。

あわせて読みたい、関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ポルシェ・ケイマン関連, ●ポルシェ718ケイマン(982)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.