ad-728





>アストンマーティン(Astonmartin) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) >ポルシェ(Porsche) >その他アメリカ車 >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

スーパーカーをさらに「攻めてみた」レンダリング。ランボルギーニ、フェラーリ、マクラーレンなど

2018/10/10

| 世紀末系デザイナーがクリーンなスーパーカーコンセプトを公開 |

「墓掘りのランボルギーニ」等、世紀末系のレンダリングで一気に有名になったKhyzyl Saleem氏。
最近ではコンセプトデザイナーの肩書きにて活動しており、様々なレンダリングを公開しています。

まず上の画像はランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ、テルツォ・ミッレニオ、ヴェネーノといった複数のモデルをミックスし、さらにオリジナルエアロで武装した個体。

なお同氏は日本に対してなみなみならぬ興味を抱いており、このコンセプトカーも日本の風景と合成しています。

中には過激なレンダリング、オフローダーも

そして時おり過激なチューンを想定したレンダリングを公開するのもKhyzyl Saleem氏の特徴で、このダッジ・ヴァイパーのように「ボンネットレス」車両も得意なようですね。

さらにはボンネットレスにもかかわらず、フロントスポイラーやサイドウイング、ルーフスポイラー、リアスポイラーといったエアロパーツ群も装着済み。

kzl17

こちらはポルシェ911(991世代)をオフローダーへ。
ルーフとドア以外はほぼ原型を留めず、オーバーフェンダー、リフトアップ、ガードバー、オフロードタイヤ、そして911RSRばりの巨大なリアディフューザーで武装しています。

kzl13

そしてこちらはレーシングカー、ポルシェ911RSRを「ストリートバージョンに」変更した一台。
ちなみにウインドウにある「K.S.」と記された赤いサークルはKhyzyl Saleem氏のイニシャルをアイコン化したもので、おそらくは「日の丸」をイメージしたものだと思われます。

kzl4

こちらはなかなかに渋い、ホイールまでブロンズなフェラーリF50。
ローダウンにフロント/サイドスポイラー装着、ルーフのエアスクープにシャークフィン付きの大型リアスポイラーも加えられていますが、他のレンダリングに比べると「地味なほう」。

kzl15

これはまた強烈な、フェラーリ288GTOをベースにしたと思われるレンダリング。
フロントは超ワイド化され、サイドにはフィン、そしてリアは「カウルレス」という過激な仕様ですが、アメリカ西海岸あたりのショップが実際に「ドリフトマシン」として作ってしまいそうな車ですね。

kzl16

左はランボルギーニ、そして右はブガッティ・シロンとディーヴォをかけあわせ、さらに独自要素で武装した一台。

kzl7

ポルシェ959をワイド化し、さらにローダウンにロールバー。

kzl

カウンタックにフロントスポイラー、エアロフリック、そしてオーバーフェンダー。
やはり日本の景色(東北?)と合成されています。

kzl9

あまりにワルそうなアストンマーティン。
ヴァンテージ、ヴァルカンなど様々な要素がブレンドされていますね。

kzl8

こちらはフォルクスワーゲン・ゴルフにオーバーフェンダー、ローダウン、フロントやサイドにスポイラー。

kzl11

ランボルギーニ・ウラカンに「フィンいっぱい」なエアロパーツにワイドフェンダー。
タイヤはアドバン、そしてボディのカラーリングもアドバン風ですね。

kzl10

フェラーリ250GTOのフェンダーをマッシブに拡大し、エンジンはツインターボ化。
サイドマフラー装着、フロントには地を這うような大型スポイラーとカナード付き。

kzl2

これはなかなかに格好良い、マクラーレン720S。
ベース車両のイメージが残されているものの、オーバーフェンダー装着やダクトの追加によってワイルドなイメージに。

ヘッドライト内部やフロントバンパー形状も変更を受け、シャークフィンも装備されています。

kzl5

VIA:Kiza-Instagram

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->アストンマーティン(Astonmartin), >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >フェラーリ(Ferrari), >ポルシェ(Porsche), >その他アメリカ車, >ランボルギーニ・ウラカン関連, >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)
-, , , , , ,