>ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ・ウルスがトラックになればこんな感じ?実際に富裕層向けチューナーがカスタムしそう

投稿日:2019/02/20 更新日:

ランボルギーニ・ウルス”トラック”の後ろ半分は意外と普通

おなじみレンダリングアーティスト、Rain Prisk氏がランボルギーニ・ウルスの「ピックアップトラック」をレンダリングにて作成。
ウルスは登場以来様々なレンダリングが作成されていますが、この「トラック」が出てきたのは意外と遅かったな、という印象です。

なお、実際のウルスは予想を越える大きなヒットとなり(その”予想”の数字自体もかなり大きかった)、2019年もしくは2020年にはランボルギーニの販売を「(ウルス登場以前、2017年に比較して)倍」に押し上げる可能性が大。

今回のレンダリングでは前半分が「通常のウルス」で、車体後半がそのまま「トラック」に。

ウルスの祖先はもともと「トラック」風荷台を持つLM002

レンダリングではいささか「普通」に見えるものの、もし本当にランボルギーニがウルスのピックアップトラックを作ったとしたら、もっと過激なクルマになりそう(中東の富豪あたりがワンオフでランボルギーニへと注文するかも)。

もしくは、富裕層向けに数々のカスタムカーを制作する「アレス・デザイン」や「カーン・デザイン」あたりが本当にこの「ウルス・ピックアップ」を作ってしまうんじゃないかとも思ったりしますが、ウルスのルーツは「LM002」にあり、そしてLM002はピックアップトラック(後部座席はありますが)ということを考えても、実際にどこかのショップもしくはチューナーが本当にピックアップ化するんじゃないかとも考えています。

なお、ピックアップトラック化に加えてフロントにはロックガード風のアンダーカバーが装着され、ホイールとタイヤもオフロード用に。

少なくとも、ウルスを「オフロード風に」カスタムするショップは出てくると思われ、その際にはこういったホイール/タイヤの装着、そしてリフトアップがなされることになりそうです。

ウルスはレンダリングでも実際のカスタムでも大人気

なお、ランボルギーニ・ウルスは上述の通り大変な人気ですが、それはリアルはもちろんバーチャルでも。

レンダリングだと過去にこういったものも。

加えてカーン・デザインはカスタムの予定をレンダリングにて示唆。

ロシアのトップカーは実際にウルスをカスタムし、カーボン製のボディパーツを多数装着しています。

VIA: Rain Prisk - Facebook

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ランボルギーニ・ウルス関連
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.