>フェラーリ(Ferrari)

今回は職人の仕事が速かったな。フェラーリF8 Tributo”スパイダー”のレンダリングが登場

投稿日:2019/03/05 更新日:

ほかにも色々なレンダリングが登場しそう

フェラーリは先日488GTBの後継となる「F8Tributo」を発表しましたが、すかさずX-TOMI DESIGNがそのオープン版をレンダリングで作成(”F8 Tributo スパイダー”という名称になる?)。

なお、F8 Tributoは488GTBとよく似た外観を持っており、よってこれをバーチャルにて「オープン化」するのはさほど難しい作業ではなかったのかも。
というのも現実的にF8 Tributoのオープンモデルは「488スパイダー同様」のリトラクタブル・メタルトップ、そしてトンネルバックが与えられるであろうことが容易に想像できるため。

フェラーリ、マクラーレンでは、オープンモデルの性能は「クーペと同等」

なお、フェラーリがF8 Tributoのオープンモデルを実際に発売するのは間違いなく、そしてそのパフォーマンスも「クーペ同様」となるのは間違いなさそう。

現在フェラーリは(マクラーレン同様に)クーペモデル、オープンモデル両方にて同一の加速性能など運動性能を与えており、これはポルシェやランボルギーニとはちょっと異なるところ(ポルシェ、ランボルギーニの場合、オープンモデルはちょっとだけクーペに比べて性能に遅れをとる)。

フェラーリ、マクラーレンの場合は「メタルトップ」、ポルシェ/ランボルギーニは「ソフトトップ」という差異はあるものの、フェラーリやマクラーレンだとオープン化に際しての重量増加が「50キロ程度」に留められており、しかしランボルギーニやポルシェでは「100キロ以上」増えている、という違いもあって、これが「運動性能の差」に結びついているのでしょうね。

なお、マクラーレンの市販車はその骨格に「カーボンモノセル」を採用していますが、これは非常に強固であるために「オープン化に」あたっての補強が不要」だとされています。

それでも重量が増えるのは「折りたたみ構造のルーフ」、そしてそのルーフを開閉させるためのモーター等の装備、そして万が一横転した際に飛び出して乗員を守るための「プロテクションバー」等を追加で備えるためですが、なにかとオープンモデルは「重量がかさむ」ということですね。

フェラーリF8 Tributoの出力は720馬力(488ピスタと一緒)、0-100キロ加速は2.9秒(488ピスタに0.05秒遅れるのみ)。
最高時速は340km/hというトップレベルの運動性能を持っており、そしてF8 Tributp"スパイダー"もこれを継承するのは間違いなさそうです。

VIA:X-Tomi Design

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.