>アストンマーティン(Astonmartin) ■映画や音楽、本について

【競売】ボンドカー史上最高落札額!「007ゴールドフィンガー」用に製作されたアストンマーティンDB5が6.7億。機関銃以外のギミックは全て動作可能

| ゴールドフィンガー用に製作されたボンドカー”DB5”は合計4台 | 1964年の007映画「ゴールドフィンガー」の撮影に使用されたアストンマーティンDB5が、RMサザビースの開催したオークションにて、6,385,000ドル、邦貨換算で約6億7000万円で落札。予想落札価格は400万ドルから600万ドルの間と見られていたものの、これを大きく超えた額で落札されたことになり、「通常の」DB5の420万ドルという落札記録を上回ったのみならず、ボンドカーとしても史上最高額での落札になったと報じられています。 こ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ポルシェ・ケイマン関連 >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

【動画】やっぱり新型スープラは速かった!BMW M2、ポルシェ718ケイマン、アルピーヌA110、アウディTTRSとのゼロヨン対決を見てみよう

| 価格を考えると、スープラは相当に「お買い得」だと言っていい | さて、北米では新型トヨタ・スープラの納車がかなり進んでおり、相当数のユーチューバーがそのレビューを、そしてやはり多くのショップがそのカスタムを紹介しています。そしてまたメディアにもデモカーが貸し出されており、いくつかでは「加速テスト」を行っている様子が公開に。なお、日本ではまだディーラーに新型スープラが到着指定ない状態ですが、イギリスについてもまだ納車が進んでおらず、つまりは「右ハンドル国の生産が遅い(左ハンドル国を優先している)」のかも ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

またまた愛知でBMWが恐怖のあおり運転。なお、英国、米国でも「もっともマナーが悪い、迷惑なのはBMW」という統計も。逆にレクサスは優良運転

| なぜBMWのドライバーが世界で評価を下げているのかはナゾ | さて、世間を騒がせている「あおり殴打」事件ですが、お盆期間中、別のBMW,がまたあおり運転を愛知で行っていた模様。 今回、FNNにて今度は愛知で「あおり運転」…ドラレコが捉えた「割り込み」「待ち伏せ」「車降り」の一部始終という報道がなされ、これは白いBMWのオーナーが執拗に対象車を狙い、最終的にはBMWから降りてきて対象車のほうへとやってくる、というもの。幸いにも、絡まれた方のクルマに乗っていたドライバーの機転にて警察に通報し、その様子を見 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産がジュークのプロトタイプ画像を公式公開!新旧ジュークを比較してみよう

| 軽快感と躍動感のある先代から、洗練され重厚さを持つ新型へと上級移行 | 日産が、モデルチェンジを迎える新型ジュークのプロトタイプ画像を公式に公開。これまでもプロトタイプのスパイフォトが登場してはいるものの、今回公開された画像を見ると、パネルを用いた構造的なカモフラージュが見られず、実際の姿を想像しやすい状態であることがわかります。なお、新型ジュークの公開日は9月3日に設定されており、この他にもいくつかティーザー画像が公開されていますね。 日産が新型ジュークのティーザー画像第三弾を公開し、9/3発表を明 ...

ReadMore

>その他ポルシェ関連/ニュース ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

競売史上最大のミス。歴史上最も価値あるポルシェ”タイプ64”オークションにて、「1700万ドル」を「7000万ドル」と誤って表示し未落札に終わる

| 当オークションでは、このポルシェ・タイプ64は最大の目玉だった | 「世界で唯一生き残っている、フェルディナント・ポルシェが個人的に所有していたクルマ」、ポルシェ・タイプ64。先日開催されたRMサザビーズ主催のオークションにて「20億円オーバー」で落札されると見られていたものの、RMサザビーズのミスで「未落札に終わる」という思わぬ結果を招くことに。これは近年の競売史上、最大の失敗とも言われていますが、その内容はごく単純なミスでした。 こちらもオススメ、関連投稿世界に一台。993世代のポルシェ911ター ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ダイハツ(DAIHATSU) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

クルマの売り方も時代とともに変わる!ダイハツがAIチャットボットを導入し24時間ネット上で顧客対応開始予定

| 現代では顧客と接点を持つのが難しい | 9月より、岐阜ダイハツ販売がAIチャットボットを活用し、ネット上にて24時間顧客対応を行うサービスを開始する、とのこと。これは「Linka」と命名されたサービスで、”AI査定”と”来店予約”を受け付ける、としています。これの導入経緯としては、「以前は来店して購入を検討するケースが多かったが、最近の消費者はネットで必要な情報を調べる事が多く、来店が減った」ことへの対応。※正確に言えば、顧客が自分で調べた結果、販売店にコンタクトすることなく購入を見送っている こちら ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フォード(FORD) >その他アメリカ車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

驚愕!ダッジ・チャレンジャー購入者の平均年齢は51歳!それでも「カマロ、マスタングよりは若い」。ちなみに日本の新車購入平均年齢は35.8歳

| 日本における「若者のクルマ離れ」なんぞまだまだヌルい | ダッジのブランドマネージャーによると、チャレンジャー購入者の平均年齢はなんと51歳、とのこと。チャレンジャーというと典型的なアメリカンマッスルで、比較的若々しくエネルギッシュな人々が購入するというイメージがあり、よってこの結果は「かなり意外」。そしてもうひとつ意外なのは、この「51歳」はカマロやマスタング購入者の平均年齢より”若い”ということ(これらの平均年齢は明かされていないが、アメリカの新車購入者の平均年齢はなんと53歳)。 こちらもオスス ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

20億円を突破して21億円。2台のみ製造されたマクラーレンF1"HDF”がマクラーレン史上最高価格で落札される

| もともとは通常のマクラーレンF1。納車後に「LMスペック」へとマクラーレンがじきじきにカスタム | 先日、オークションにかけられる予定だと紹介したマクラーレンF1"HDF"。これは”通常の”マクラーレンF1として生産されたクルマを、マクラーレンが後に「LM」スペックへとアップグレードさせたものです。 なお、マクラーレンF1 LMは、1995年にマクラーレンF1 GTR(レーシング課)がル・マンでの優勝を飾った際に「優勝記念」として5台のみが製造された「F1のハイパフォーマンスバージョン」ですが、それと ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産が新型ジュークのティーザー画像第三弾を公開し、9/3発表を明言。現行と比較すると見えてくる、新型との「差」は?

| 横から見ると、新型ジュークの印象は現行とはかなり異なる | 日産が新型ジュークのティーザー画像第三弾を公開し、あわせて2019年9月3日に発表する、とアナウンス。なお、今回の画像は相変わらずそのシルエットしかわからないものの、そのサイドビューを見せています。なお、この画像を現行ジュークと比較してみるとこんな感じ。これまでのスパイフォトを見ると、新型ジュークはほぼ「現行ジュークと変わらないんじゃないか」と考えていましたが、こうやって並べると「けっこう違う」ということもわかります。 ざっと見たところでは、 ...

ReadMore

>スウェーデンの自動車メーカー >ブガッティ(BUGATTI) >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ケーニグセグがブガッティ・シロン、ランボルギーニ・ウラカンのデザイナーを獲得!社内の重要職に配置しデザイン変革を狙う

| ケーニグセグはあわせてデザインセンターを新設 | ケーニグセグが、そのデザイン責任者として「サーシャ(アレクサンダー)セリパノフ氏を獲得した」と発表。サーシャ・セリパノフ氏はフォルクスワーゲングループ在籍中にブガッティ・シロン、そしてランボルギーニではウラカンのデザインに関わったことで知られています。経歴としてはカリフォルニアのアートセンター・オブ・カレッジを卒業後、2003年にマツダの北米法人にインターンとして参加し、その後2004年にフォルクスワーゲングループへ。 ヒュンダイがブガッティ・シロンの ...

ReadMore



>フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

【試乗:マクラーレン720S/後編】やはり720Sの加速は凄まじかった!ライバルとの比較だとどんな感じ?

投稿日:2019/03/20 更新日:

これほどまでに速い中間加速を持つクルマはほかにない

マクラーレン720S試乗を「前編」「中編」にわたってお届けしましたが、今回は最終章となる「後編」。
これまではその内外装、まずは慣れるためにゆっくり走った様子を述べてきたものの、ここではフル加速を試した印象や、ライバルとの比較について触れてみたいと思います。

【試乗:マクラーレン720S/前編】ゼロヨン最速、F1コンストラクターが作った「スーパーカー」は合理性に溢れている

【試乗:マクラーレン720S/中編】ステアリング、ペダルなど操作系の剛性は比類ない。サスペンションはショック少なめ、ダンピングは強め

いい意味で「フツウに乗れる」クルマ

試乗を開始し、ひとまずはマクラーレン720Sはに慣れるために市街地を走ってその感触を掴みますが、普通に乗ると「普通に乗れてしまう」のがマクラーレン720S。

鋭い衝撃がないので段差に気を使うこともなく、外界の音もさほど入ってこず(遮音性がかなり高い)、不快なエンジンの振動やサウンドも室内に入らないように抑えられ、加えて視界にも優れるために非常に乗りやすいクルマでもありますね。

ただ、マクラーレン720Sは「スーパースポーツ」なので、やはりその性能を試さずに試乗を行うことはできず、ドライブモードを「コンフォート」から「スポーツ」へとスイッチしてフル加速を試すことに。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なお、マクラーレン720Sの0-100キロ加速は2.8秒で、これはぼくが今まで運転した中では「最速」レベル。
スペック上、もっとも速かったのはテスラ・モデルX P100Dですが、これは4WDであり、しかし今回のマクラーレン720Sは「RWD」。

中間加速の伸びは異常

そこには4輪駆動と2輪駆動との差異があることになり、「720馬力を後輪だけにぶつけて大丈夫か・・・」と思いながらもアクセルを踏み込んだところ、速いことは速いものの、思ったよりも加速は鋭くなく、「ゼロヨンキングもこんなもんか?」と考えていた矢先に怒涛のターボパワーが押し寄せてきて、過去体験したことがないレベルの加速に。

その加速たるや凄まじく、ある意味で「ドッカンターボ」のような印象も受けるほどです。

写真の説明はありません。

これは4WD+自然吸気エンジンを持つランボルギーニ・ウラカンとはもちろん、同じV8ツインターボエンジンを持つフェラーリ488GTBと比較しても全く異なるフィーリング。

その違いを図で示したもの(あくまでもイメージ)がが下になりますが、ウラカンは自然吸気エンジンなのでエンジン回転数に比例してパワーが盛り上がり、そのまま加速する感じ。
4WDなので出だしにも優れます。

写真の説明はありません。

一方でマクラーレン720SはRWDということもあってウラカンにダッシュこそは譲るものの、そから「Jカーブ」を描いてとんでもないところまで伸びるイメージ。
とくに3000回転以上からの加速は比類なく、もうこれはどんなクルマを持ってきても勝てないだろう、ということが身をもって思い知らされます(たしかに720Sのゼロヨン動画を見ても、途中からリードを広げるものが多い)。

その中間とも言えるのがフェラーリ488GTBで、湧き上がるターボパワーを持ちながらも自然吸気エンジンのようななめらかな加速を持っている、という印象ですね(フェラーリ自身、ターボラグ”ゼロ”を謳い、ギアによっても過給圧を変えている)。

こういった感じで三者三様ではありますが、こういった差異があるのは非常に面白い部分でもあります。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

なお、マクラーレン720Sの加速については「矢のように」進むという表現がまさにぴったりで、後輪駆動車、とくにMRにありがちな「全力での加速時にフロントが浮く」印象も全くナシ。
そしてそこからのブレーキングについても全く問題はなく、(おそらくステアリングホイールから手を離していても)まっすぐピタリと止まる、という印象があります。

さらにはいかなる動きを要求しても全く姿勢を乱さず、これは「プロアクティブシャシー恐るべし」というところなのかもしれません。

720Sのエキゾーストサウンドは意外にジェントル

そしてやはりランボルギーニ・ウラカン、フェラーリ488GTBと大きく異なるのが「サウンド」。

マクラーレン720Sは停車時から比較的サウンドが小さく、振動も少なめ。
これはウラカンも同様ですが、エンジン回転数を上げるとウラカンは轟音を発し、かつアクセルオフで盛大なバブリングが発生します。

ですがマクラーレン720Sではエンジン回転数を上げても(ウラカンほどは)サウンドが大きくならず、バブリングも控えめ。
なおエキゾーストノートがさほど大きくないため、むしろ加速時には吸気音のほうが大きく聞こえるほどです。

写真の説明はありません。

一方のフェラーリ488GTBではサウンドや振動も比較的大きく、エンジンの鼓動を感じる設定。
アクセルを踏み込むと一気にサウンドが高まり、もちろんこれはマクラーレン720Sよりもずっと大きいレベルですね。

マクラーレン720Sのサウンドは刺激的というよりはむしろ「心地いい」音質であり、振動も低めに抑えられているので、スーパーカーというよりは「メルセデスAMGやBMW Mモデル」のような印象すら感じさせるほどですが、とにかくここは意外であった部分です。

ただしこれは「物足りない」ということではなく、あくまでもその大きなサウンド、快音で知られるランボルギーニやフェラーリと比較しての話であって、万が一これに不足があればオプションの「トラックパック」装着にてスポーツエキゾースト装着という手段も。

写真の説明はありません。

全体的に見てどうなのマクラーレン720S?

マクラーレン720Sの試乗を終えてみて、ひとことで言うと「完璧なクルマ」。
エンジニアリング的にはこれ以上のクルマは(ハイパーカーを除くと)望みようがなく、パフォーマンスにしてもそれは同じ。

運転していてもアクセル、ブレーキ、ステアリングについてナーバスなところはなく、街中だろうがどこだろうが安心して運転ができます。

加えて視界や開放感に優れ、振動や騒音が少なく、「心地よい」とすら言える室内環境を持ち、しかしひとたびアクセルを踏み込めば怒涛の加速。

ランボルギーニやフェラーリはやはり「見た目(とくにフェラーリは華やか)」でのインパクトが大きく、そして非日常性をひとつの価値としていますが、マクラーレンの場合はそれらよりも「質実剛健」に近いのかもしれません。

何かをアピールするよりも実力で物申すと言った印象もあり、そこはイタリアとは異なるイギリスの「お国柄」なのかも、と思ったりします。

写真の説明はありません。

マクラーレン720Sをライバルと比較してみると?

なお、マクラーレン720Sはそのルックスや「スーパーカー」という性格から、フェラーリ488GTBやランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテと比較されがちではあるものの、実際に乗ってみるとそれらとは大きく性質が異なり、実際のライバルはポルシェ911GT3 RSなんじゃないか、という印象も。

フェラーリ、ランボルギーニももちろんパフォーマンスを標榜してはいるものの、購買層の多くが「セレブ」になってしまったためにそこを意識せざるを得ず、しかしポルシェ911GT3 RSはそういったことを抜きにした「パフォーマンス一直線」なクルマ。※目的に対してピュア、そして目的に対する実用性が高いとも言える

画像に含まれている可能性があるもの:車

マクラーレン720Sもセレブを意識したところが無いわけではないものの、フェラーリ、ランボルギーニに比較するとそれはやや希薄であり、「パフォーマンス第一義」傾向が強いように思います。

加えて足回りのセッティングもポルシェ911GT3RS、マクラーレン720Sともによく似ていて、乗り味もよく似ているという印象ですね。※そのせいか、マクラーレンへの流入は”ポルシェから”が多いと聞く

以下がぼくの感じた、フェラーリ488GTB、ランボルギーニ・ウラカンとの比較。※911GT3RSとの比較だとあまり差異がなくなるのでここでは除外
ただしいずれも「それぞれのメーカーの考え方が反映された結果」であって優劣を語るものではなく、あくまでその人が求めるものによって「どれがいいか」は簡単に入れ替わるもので、こういった選択肢があるというのはぼくらにとって幸せなことなのだ、とも思います。

マクラーレン720Sフェラーリ488GTBランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ
価格3338万円3070万円3163万円
エンジン4リッターツインターボ3.9リッターV8ツインターボ5.2リッターV10自然吸気
出力720馬力670馬力640馬力
駆動方式 後輪駆動後輪駆動4WD
静粛性★★★★★
視界★★★★★
乗り心地★★★★★★★
サウンド大きい平均的大きい
エンジニアリング★★★★★★★
コストパフォーマンス★★★★★★★
リセール★★★★★
写真の説明はありません。

マクラーレン720Sを行ったのはマクラーレン大阪

今回マクラーレン720Sを試乗させてもらったのはマクラーレン大阪さん。
「八光カーグループ」の経営で、マクラーレンのほか、アルファロメオ、フィアット、アバルト、マセラティ、ジャガー、ランドローバー、アストンマーティンといったブランドを取り扱っていますが、ぼくがレンジローバー・イヴォークを購入した頃からのお付き合いです。

McLaren Osaka 
大阪府大阪市中央区北久宝寺町3-5-12 
TEL : 06 6121 8821
地図はこちら

他の画像はFacebookのアルバム「McLaren 720S」「McLaren 720S(2)」に保存中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->フェラーリ(Ferrari), >マクラーレン(McLaren), ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), >ランボルギーニ・ウラカン関連, ■近況について, ■ニュース
-, , , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.