>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ダイハツ(DAIHATSU) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

クルマの売り方も時代とともに変わる!ダイハツがAIチャットボットを導入し24時間ネット上で顧客対応開始予定

| 現代では顧客と接点を持つのが難しい | 9月より、岐阜ダイハツ販売がAIチャットボットを活用し、ネット上にて24時間顧客対応を行うサービスを開始する、とのこと。これは「Linka」と命名されたサービスで、”AI査定”と”来店予約”を受け付ける、としています。これの導入経緯としては、「以前は来店して購入を検討するケースが多かったが、最近の消費者はネットで必要な情報を調べる事が多く、来店が減った」ことへの対応。※正確に言えば、顧客が自分で調べた結果、販売店にコンタクトすることなく購入を見送っている こちら ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >フォード(FORD) >その他アメリカ車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

驚愕!ダッジ・チャレンジャー購入者の平均年齢は51歳!それでも「カマロ、マスタングよりは若い」。ちなみに日本の新車購入平均年齢は35.8歳

| 日本における「若者のクルマ離れ」なんぞまだまだヌルい | ダッジのブランドマネージャーによると、チャレンジャー購入者の平均年齢はなんと51歳、とのこと。チャレンジャーというと典型的なアメリカンマッスルで、比較的若々しくエネルギッシュな人々が購入するというイメージがあり、よってこの結果は「かなり意外」。そしてもうひとつ意外なのは、この「51歳」はカマロやマスタング購入者の平均年齢より”若い”ということ(これらの平均年齢は明かされていないが、アメリカの新車購入者の平均年齢はなんと53歳)。 こちらもオスス ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

20億円を突破して21億円。2台のみ製造されたマクラーレンF1"HDF”がマクラーレン史上最高価格で落札される

| もともとは通常のマクラーレンF1。納車後に「LMスペック」へとマクラーレンがじきじきにカスタム | 先日、オークションにかけられる予定だと紹介したマクラーレンF1"HDF"。これは”通常の”マクラーレンF1として生産されたクルマを、マクラーレンが後に「LM」スペックへとアップグレードさせたものです。 なお、マクラーレンF1 LMは、1995年にマクラーレンF1 GTR(レーシング課)がル・マンでの優勝を飾った際に「優勝記念」として5台のみが製造された「F1のハイパフォーマンスバージョン」ですが、それと ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産が新型ジュークのティーザー画像第三弾を公開し、9/3発表を明言。現行と比較すると見えてくる、新型との「差」は?

| 横から見ると、新型ジュークの印象は現行とはかなり異なる | 日産が新型ジュークのティーザー画像第三弾を公開し、あわせて2019年9月3日に発表する、とアナウンス。なお、今回の画像は相変わらずそのシルエットしかわからないものの、そのサイドビューを見せています。なお、この画像を現行ジュークと比較してみるとこんな感じ。これまでのスパイフォトを見ると、新型ジュークはほぼ「現行ジュークと変わらないんじゃないか」と考えていましたが、こうやって並べると「けっこう違う」ということもわかります。 ざっと見たところでは、 ...

ReadMore

>スウェーデンの自動車メーカー >ブガッティ(BUGATTI) >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ケーニグセグがブガッティ・シロン、ランボルギーニ・ウラカンのデザイナーを獲得!社内の重要職に配置しデザイン変革を狙う

| ケーニグセグはあわせてデザインセンターを新設 | ケーニグセグが、そのデザイン責任者として「サーシャ(アレクサンダー)セリパノフ氏を獲得した」と発表。サーシャ・セリパノフ氏はフォルクスワーゲングループ在籍中にブガッティ・シロン、そしてランボルギーニではウラカンのデザインに関わったことで知られています。経歴としてはカリフォルニアのアートセンター・オブ・カレッジを卒業後、2003年にマツダの北米法人にインターンとして参加し、その後2004年にフォルクスワーゲングループへ。 ヒュンダイがブガッティ・シロンの ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

【動画】新型スープラのスポーツ触媒とECU発売!早速取り付けてアクセル全開にしてみたサウンドを聞いてみよう

| その音はまさにマシンガン | さて、新型スープラのカスタム/チューニングにつき、現在凄まじいスピードで各チューナー/ショップが進めていますが、今回はダウンパイプ(スポーツ触媒)を取り付けたショップが登場。マフラー含むエキゾーストシステムはノーマルのままで、ヘッダー(エキゾーストマニホールド)とエキゾーストシステムとを接続するパーツのみの交換となりるものの、そのサウンドはクリアかつ歯切れの良いものへ(当然音量もUP)。触媒一つでここまで変わるのかと思わされますが、製品自体はRK-Tunesが発売している ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

なかなかイケてる?日産GT-R/フェアレディZワゴン。そろそろ2ドアワゴンブームが来そうだが

| 日産は昔からあまりワゴンに興味はなさそうだ | おなじみレンダリングアーティスト、Rain Prisk氏が例によって「もしも」なレンダリングを公開。今回は日産GT-R、フェアレディZが「ワゴン」へとコンバートされたもので、さらにはシャコタンな「スポーティーバージョン」。タイヤはツライチ、そしてレター入り、さらにルーフにはダックテールスポイラー付きという仕様です。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!RX-7、GT-Rはじめマツダ、日産の「もしも」系レンダリング13連発意外と出てくるのが遅か ...

ReadMore

>ジャガー(Jaguar)

ジャガーがE-Type生産14年のうち「3台だけ」製造した”ロードラッググーペ”のレプリカ登場。自動車史上もっとも美しいと言われたその姿を再現

| 1台はスチールボディ、2台はアルミボディ | ジャガーは1961年から1975年にかけてジャガーE-Typeを生産していますが、その歴史の中で3台のみ「ロー・ドラッグ・クーペ」を作成。これは文字通り空気抵抗の低減を目的としてオープンボディをクーペ化し、ボディ鋼板を軽量化のために「薄く」作ったもの。そして、そのうちの一台はスチールボディ(49FXNとして知られる)、残る二台はアルミボディだとされていますが、エンジンは4.2リッター、出力は300馬力以上だとされています。 こちらもオススメ、関連投稿ジャガ ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンが富裕層向けにハイパーカーの収まる「秘密基地」風ガレージを提案!まるで映画の中の1シーン

| アストンマーティンは富裕層のライフスタイルをプロデュースする方向へ | アストンマーティンは「ヴァルキリー」「ヴァルハラ」と立て続けにハイパーカーを発表していますが、一方では「パーソナル潜水艦」や「超高級タワーマンション」事業にも進出しています。その意図としては、「富裕層のライフスタイルをプロデュースする」というもので、つまりは富裕層が求めるものであればなんでも提供してゆこう、というのがアストンマーティンのスタンスのようですね。 4.5億円、アストンマーティンの潜水艦が本当に生産開始。買ったのは誰? ...

ReadMore

>その他アメリカ車

またまた「ミルスペック・オートモーティブ」によるハマーH1のカスタム。とことんブラック、塗料にはケブラー混入のハード仕様

| このハマーH1は”7番目の”カスタムシリーズ | ハマーH1のカスタムを専業とする「ミルスペック・オートモーティブ」が最新カスタムの施されたH1を公開。ミルスペックオートモーティブは2015年からハマーH1のカスタムを始めていますが、今回は「7つ目」のカスタムシリーズとなります。他のハマー同様、エンジンは6.6リッター・デュラマックス(ディーゼル)V8で、出力は500馬力。トランスミッションはアリソン製の6速AT、そして4WDシステムはもともとの「軍用」から、GM製民生用トラックに使用されるシンプルな ...

ReadMore



>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >フェラーリ(Ferrari)

どうしてこうなった!?ホンダNSXは予期したとおりには売れず、販売はジリ貧。その理由を考えてみた

投稿日:

| 結局のところ、NSXでなくてはならない理由がなかったんじゃないか |

NSX

さて、現行ホンダNSXは2016年に発売されていますが、発売当初こそ様々な話題となったものの、それ以降は「ほぼサッパリ」。

販売台数については、北米だと2016年に269台、2017年に(デリバリーが本価格化したので)581台、2018年には170台といった感じで減少の一途をたどっています。※発売直後に「飛びついた」人の需要が消化された後、新しく顧客を呼び込めていない
よって、ホンダの北米法人では「220万円値引き」を行うなど大々的なキャンペーンを開始していますが、その甲斐あって、2019年の販売は回復基調にもあるようですね。

参考までに、ポルシェ911の販売は2016年に8,901台、2017年に8,970台、2018年に9,783台。
台数がぜんぜん違いのはもちろんですが、モデル末期(2019年にモデルチェンジしている)になるにつれ販売を伸ばしており、ここがNSXとの大きな差だと言えそうです。※時間の経過とともに販売が減少するのは日本車の常でもある

一方日本では、「NSXの受注は予定の二倍」とも言われており、2018年10月の時点で「400台」の注文があったとされているものの、ほぼ路上でNSXを見かけることはなく、実際にどれくらいデリバリーが進んでいるのかは不明です。

新型ホンダNSXは伝説を引き継げない?

そこで思うのが、ホンダは「NSX」の名をうまく活用できなかったんじゃないかということ。
初代ホンダNSXは「伝説」といってもいいかと認識していて、しかし新型NSXはどうやらその正当な後継だと認められていないフシもある、と考えているのですね。

その理由としては様々なものがあると思いますが、ぼく的には3つあると考えており、まずは「新型NSXは、世界中の自動車メーカーの指標とはなり得なかった」というもの。

新型NSXが与えた衝撃は「初代ほど」大きくない

つまり、初代NSXのように、パフォーマンスや快適性、信頼性のバランスといった「それまでのスーパーカーにはなかった価値観」、つまり”エヴリデイ・スーパーカー”という新しい価値観を世に示し、ほかスーパーカーメーカーの認識を改めさせた、ということが(新型NSXでは)なかったということですね。

たしかに「3モーター式ハイブリッド」、スポーツハイブリッドSH-AWDを採用した「異次元」の走りを持ってはいるものの、それらでは世界に衝撃を与えることはできず、新しいスーパーカーのあり方を示すことができなかったのでは、と考えています。

L1040146

新型NSXのデザインは、初代NSXとの関連性がほとんどない

ふたつ目は「デザイン」で、今現在のホンダ(アキュラ)が推進するデザイン言語を優先するあまり、初代NSXとはほぼ関連性の無いデザインになってしまったということ。

新型NSXの開発主導はホンダのアメリカ法人であり、日本からアメリカへと拠点が移った(最近また日本に移された)ことで、その考え方が変わってしまい、その「魂」が反映されなかったんじゃないかと考えています。

もし、新型NSXに、初代NSXを(明確に)彷彿とさせるデザイン、ディティールが盛り込まれていたならば、もう少し現在の状況は変わっていたのかもしれません。

L1040113

なにより新型NSXは「ピュア」ではない

そしてもっとも重要だと考えているのは、新型NSXは、初代に比較して「ピュアではない」ということ。

これはやはり重要な要素であり、ハイブリッドシステム搭載によって、スポーツカーとしては致命的に重くなってしまっていること、その割に性能が「ぶっちぎりではない」ことが、エンスージアストにとっては受け入れがたいんじゃないかと考えています(ぼくも同じ)。

フェラーリは直近で、ハイブリッドモデルとなる「SF90ストラダーレ」を発表していますが、ハイブリッドシステムを採用する”免罪符”として、「1000馬力級」「0-100キロ加速2.5秒」という圧倒的なパフォーマンスを手に入れています。※フェラーリSF90ストラダーレの車体重量は1570kg、ホンダNSXは1800kg

NSXもやはり、ハイブリッドシステムを採用するからには、「ガソリン車では到達できないレベル」に達する必要があったのかもしれません(ガソリン車と同レベルの性能を、ハイブリッドシステムを使用して達成する意味は無い)。

そのほかにも「カスタマイズ性が低い」等、様々な指摘がなされているNSXではありますが、開発拠点を日本に移したこともあり、今後のフェイスリフト(マイナーチェンジ)、バリエーション追加(タイプR)によってその輝きを取り戻して欲しいものですね。

あわせて読みたい、NSX関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), >フェラーリ(Ferrari)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.