>アウディ(Audi) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他ポルシェ関連/ニュース

ランボルギーニ「第四のラインアップはピュアEV、そして4ドアセダン」。ポルシェ/アウディ開発のPPEプラットフォームにリマックのバッテリー搭載か

投稿日:2019/10/18 更新日:

| VWグループのプレミアムブランドは今後すべてPPEへと移行? |

estoque

なにかと話題の「第四のランボルギーニ」。
つまりはアヴェンタドール、ウラカン、ウルスに次ぐ「4番目の」ラインアップということですが、これについては様々なウワサが飛び交っています。

これまでには「4座のスーパースポーツ」「4ドアセダン」という話が出ていますが、今回Autocarより報じられたのは”第四のランボルギーニはピュアエレクトリックセダンになる”。

ランボルギーニにとっては「初」づくし

もちろんこれはランボルギーニ初の「ピュアエレクトリックカー」となり、「セダン」も初。
この件について語ったのはランボルギーニにて技術開発部門のトップを務めるマウリッツォ・レッジャーニ氏。
同氏によると、この新型車は、ランボルギーニが属するフォルクスワーゲングループが持つ「PPE」プラットフォームを使用する、とのこと。

このPPEプラットフォームはポルシェとアウディとによって共同開発されるもので、「プレミアム・プラットフォーム・エレクトリック(Premium Platform Electric)」 の略。

以前に報じられたところでは、アウディがこのPPEを使用したエレクトリックカーを2つ、ポルシェが1つ発売すると言われていましたが、どうやらブガッティもこれを使用した新型EVを発売する可能性が出てきており、VWグループ内のプレミアムブランド(のEV)は今後すべからく、このプラットフォームを使用するのかも。

ただしマウリッツォ・レッジャーニ氏が語ったところでは、この第四のランボルギーニについて、現在とくに具体的な計画があるわけではなく「然るべき時が来た後に」発売する、とコメント。

ただし、もしこれが実現するとなると、ブランドヒエラルキー上、ポルシェ・タイカン、アウディe-tron GTよりも「速い」クルマとなる可能性が高く、となると「世界最速の4ドアエレクトリックセダン」となる可能性もありそうです。

ランボルギーニはEV発売を急いでいない

ちなみに、この「然るべき時」にはいくつか意味があると思われ、ひとつはバッテリー技術の成熟。
ランボルギーニは常々、「(ハイブリッドモデルについて)バッテリー性能が我々の求めるレベルに達していない」と語っており、つまりランボルギーニの求める速度を実現するにはバッテリーが重くなりすぎる、ということに言及しています。

DSC04585

しかし今後はソリッドステートバッテリーはじめ次世代バッテリー技術がこの問題を解決すると思われ、しかしこれにはまだ5年ほど掛かる可能性も。

現在ポルシェは全力で問題解決に当たっていると考えられ、その可能性の一つが「リマックとの提携」。
ポルシェはリマックへの出資比率を引き上げていて、リマックとともに次世代バッテリーを開発しようとしている、という事実があります(ポルシェもランボルギーニ同様に現代のバッテリー技術には不満。これをクリアしないと918スパイダーの後継も発売できない)。

そしてもう一つの問題は「ウルスの地位を確立すること」。
現在ウルスは大きな成功を収めていますが、ランボルギーニは「ウルスを、今後ともずっと続く一つの柱」としたく、このためにウルスの販売を高いレベルで安定させる必要がある、と考えているわけですね。
それにはワンメイクレースの開催や、さらなるバリエーションの発売があると思われ、ランボルギーニいわく「V10モデルの販売を安定させるのに10年を要した」とも語っていて、10年とはゆかないまでも「長い時間」がかかるであろうことを示唆しています。

ちなみに、ランボルギーニは現在では「スーパーカーメーカー」というイメージが強いものの、そのブランドのルーツは「快適なGTカー」。
加えてレースに参加しないという当初の社是もあり、ロードカーに特化した展開を行ってきたという歴史も。

DSC04652

その中では、4ドアセダンこそ存在しなかったものの「2+2」「4シーター」も長らくラインアップされており、よって「4ドアセダン」を作ろうとしてもさほど(ルーツ的に)違和感がない、とも考えています。※4ドアセダンはコンセプトカーの「エストーケ」しか存在しない

ウルスについては、その祖先と言えるオフローダー「LM002」を過去に発売していたという経緯もあり、こういった”過去の幅広い展開”が、現在のランボルギーニを助けているのかもしれません。

DSC04746

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->アウディ(Audi), >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, ■新型車情報/スパイフォト/噂など, >その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.