>その他ポルシェ関連/ニュース ■ニュース

米ポルシェ専門ショップが356「クーペ」の屋根をぶった切ってスピードスター化。オリジナルより品質が高そうなそのカスタムを見てみよう

投稿日:2020/01/01 更新日:

| エモリー・モータースポーツは、現在ポルシェ356のカスタムでは飛び抜けている |

356や初代911など、クラシックポルシェを専門にカスタムしているアメリカ西海岸の「エモリー・モータースポーツ」。
とくに356のカスタムを得意としていて、単にレストアやカスタムを行うだけでなく、毎日乗れるように「964世代の」ドライブトレインを移植したことも。

そして今回公開されたのは1959年製のポルシェ356ですが、もともとは「クーペ」であった車体の屋根をぶった切ってスピードスター化するという荒技を見せています。

1959-porsche-356-speedster-aquamarine-transitional-by-emory-motorsport (4)

ルーフを切ったのは「クルマ愛」から

なお、ルーフをカットしたのは、このポルシェ356が「事故にて、修理不可能なレベルの破損をルーフに負っていたため」。
よって、非常にめずらしい、後にスピードスターへとコンバートされたクルマということになりますが、エモリー・モータースポーツでは”Speedster”エンブレムを装着せず、というのも「もともとクーペであり、しかし本来は修理不能として朽ち果てる運命だった車両を、我々ができるかぎりのことをして蘇らせた」というプライドが根底にあり、「クーペであった頃を忘れないように」ということなのかもしれません。

1959-porsche-356-speedster-aquamarine-transitional-by-emory-motorsport (3)

なお、もともと1.6リッターであったエンジンは2.4リッター(205馬力)へ。
こちらは「2400」エンブレムが追加されています。
車体重量はわずか839キロとのことなので、非常に俊敏な動きを楽しめそうですね。

1959-porsche-356-speedster-aquamarine-transitional-by-emory-motorsport (9)

そしてこの205馬力というのは、設計当時の「予想外」の出力でもあり(当時の356Bで90馬力)、そして年式を考えると補強は必須。
よって足回りも強化され、リヤサスペンションは独立懸架へと改められています。
ショックアブソーバーはKONI製(調整式)、ブレーキローターとキャリパーはカスタムメイド、とのこと。

このトノカバー(コブ)はもちろんオリジナルの356スピードスターにも存在せず、エモリー・モータースポーツのオリジナル。
素材はアルミ、そしてハンドメイド。

1959-porsche-356-speedster-aquamarine-transitional-by-emory-motorsport (7)

なお、エモリー・モータスポーツはこういったパネルやヒンジ、ビスについても妥協せず、高い工作精度とフィニッシュを求めることでも知られます。

1959-porsche-356-speedster-aquamarine-transitional-by-emory-motorsport (8)

本来フロントフードの先端にあるドアハンドルは除去。
しかしながらフードを開けずとも給油できるよう、フード中央にはホールが設けられています。

1959-porsche-356-speedster-aquamarine-transitional-by-emory-motorsport (6)

ボディカラーは「アクアマリン」。
撮影のロケーションも抜群ですね。

1959-porsche-356-speedster-aquamarine-transitional-by-emory-motorsport (2)

フロントフェンダーにはモービルのペガサス。

1959-porsche-356-speedster-aquamarine-transitional-by-emory-motorsport

ホイールは15インチサイズで、ちょっと変わった構造を持っていますね。

1959-porsche-356-speedster-aquamarine-transitional-by-emory-motorsport (5)

インテアリアももちろん完全に張り替えられていますが、これはオリジナルの356スピードスターを踏襲している、とのこと。

1959-porsche-356-speedster-aquamarine-transitional-by-emory-motorsport (10)

シートやドア内張りにはレッドレザーが使用されています。

1959-porsche-356-speedster-aquamarine-transitional-by-emory-motorsport (11)

メーターもリフレッシュ。
文字盤、ガラス、クロームのリングなど「新車同様」ですね。

1959-porsche-356-speedster-aquamarine-transitional-by-emory-motorsport (12)

エモリー・モータースポーツはほかにこんなカスタムを手掛けている

エモリー・モータースポーツ(Emory Motorsport)は、上述の通りクラシックポルシェのカスタム/レストア(レストモッド)を得意としますが、ここでいくつかを紹介してみたいと思います。

こんなポルシェ見たことない!356に964の足回り、レース用パーツを組み込んだ魔改造車が登場。出力400PS、重量は884kg

ポルシェ356(1964)に911カレラ4(1990)のパワートレインと足回りを移植。「毎日乗れてスキーに行ける」クラシックポルシェが誕生

ポルシェ356史上、もっともイケてるカスタム登場。オーナーはなんとジョン・オーツ!

米新興チューナーがまたやった。あの「ポルシェ908」をモチーフにした”サーキットウェポン”カスタム911を公開

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->その他ポルシェ関連/ニュース, ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.