>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】「くっ・・・狭い!」トップギアがマクラーレン・エルヴァの独占レビューを公開

投稿日:

| マクラーレン最軽量、そしてもっともパワフルな”エルヴァ”はこういったクルマだ |

英国トップギアが、マクラーレン本社にて新型ハイパーカー「エルヴァ」をチェックしレビューを公開。
このエルヴァのボディカラーはサテンブルーが用いられており、これまで公開された個体とは異なる雰囲気を持っています。
なお、これは実際には走行できない「モックアップ」のようですね。

そしてドアは画像の通りかなり小さく、乗り込むのには一苦労。
ただしルーフがないぶん、乗降はまだ「楽」な部類かもしれませんね。

ちなみにこういった「スピードスター」だとフェラーリがモンツァSP1/SP2を発表していますが、やはりドアはこういった小ぶりなサイズ。
確かに、この手にクルマに「大きなドア」が装備されているところを想像すると興ざめなので、できる限りドアは小さい(もしくは無い)ほうがいいのかも、とは思います。

ss

マクラーレン・エルヴァの細部はこうなっている

エルヴァを正面から見るとこう。
マクラーレンらしく、クルマの中央から「放射線状にエアが流れる」デザインを採用していることがわかります。
ただし720Sで見られる「アイソケット」はなく、セナにやや近いデザインを持っているようですね。

a10

標準仕様ではウインドスクリーン「レス」、オプションではスクリーンを装着できるとアナウンスされていますが、現時点では「それがどんな形なのか」不明です。
なお、メータークラスターは「フローティング」。
ボディ全体的にエッジが少なく、これはやはり「古典的なロードスターをイメーしたがため」なのだと思われます。

a9

フロントウインドウがないせいで「とにかく低い」という印象があるものの、こうやって見ると意外と最低地上高がある模様。
これは北米マーケットを意識したせいかもしれません。
ちなみに重量はセナの1,198kgを下回ってマクラーレン最軽量となるそうですが、(けっこう高い最低地上高については)「フロントリフター」を装備することで重量を増やしたくなかったのかも。

a8

ホイールは異常に軽そうなデザイン。
これでエルヴァのパワーに耐えられるのか?と不安になってします。

a4

リアディフューザーはエルヴァのデザイン的ハイライトのひとつ。
こちらもセナにやや近い構造を持つようです。

a5

テールパイプは「4本」。※この車両はモックアップなので貫通していない
リアガーニッシュに2本、リアデッキに2本が隠れていて、リアデッキの2本は「乗員にサウンドを届ける」役割を果たす、とのこと。

a6

シートは極薄、超軽量タイプ。
シート後方にスペースはなく、手荷物を置く場所すら無いようです。
なお、ヘッドレストの後ろには「スピーカー」が内蔵されているようです。

a12

こちらは「初代」エルヴァ、マクラーレンM1。
1960年代にマクラーレン創業者、ブルース・マクラーレンが自ら製作し、そしてドライブしたレーシングカーです。

a2

VIA:Top Gear

あわせて読みたい、マクラーレン・エルヴァ関連投稿

マクラーレンが「エルヴァ」のプロモ動画を2本公開。エルヴァの細部、そして秘密兵器”AAMS”はこうなっている

マクラーレン・エルヴァに試乗したメディアが登場。フロントウインドウレスなので「時速112キロで息ができなくなる・・・」。しかし秘密デバイス”AMMS”をオンにすると?

マクラーレン”ELVA”発表!マクラーレン史上もっとも軽く、もっともパワフル、もっとも「ドライバーと近い関係」にあるスピードスター

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->マクラーレン(McLaren), ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.