ad-728

■自動車・バイクの購入検討/比較など ■駄文(日々考えること)

国産車ディーラーを訪問すると決まって聞かれる「ご予算は?」について

2016/11/18

Pocket
LINEで送る

DSC04309

国産車ディーラーを訪問した時、よく「ご予算は?」と聞かれることがあります。
至極まっとうな質問のようにも聞こえますが、ぼくはいつも返答に困ってしまうのです。

ぼくがモノを購入する時の基準は、「欲しいか欲しくないか」、そして「欲しいモノが価格に見合っているか」という2点に集約されます。
今いくら使えるお金があるからこれを買う、というお金の使い方はしませんし、いくら欲しくても、その価格がそのモノに見合っていなければ購入には至りません。

また逆に、いくら安くても欲しくなければ購入に至ることも無いわけです。
ぼくが極めて特殊な思考回路を持つことは良く知られており、「出てゆくお金を減らすよりも入ってくるお金を多くする」、つまり倹約よりも収入を多くすることの方がぼくにとって何かを購入しようと考えたとき、現実的な選択になるのですね。

これはもちろん倹約しないという意味ではなくて、ぼくは人一倍ケチでも知られておりますし、ただ単に「無駄遣いをしない」という言葉に置き換えることもできます。
そんなわけで、何かを手に入れるためには「稼ぐしかない」というのがぼくの信条でもあり、そうやってぼくはここまで来たわけです。





-■自動車・バイクの購入検討/比較など, ■駄文(日々考えること)
-