ad-728





>マツダ(MAZDA)

マツダ専門チューナー、BBRがロードスター向けのターボキット発売。90馬力アップ、60万円

2017/11/10


マツダ車チューンのスペシャリスト、BBRが最新のロードスター向けチューニングメニューを公開。
これは2リッターユニットにツインスクロールターボを装着するもので、出力は248馬力へと向上する「ステージⅠ」。
なおアメリカのロードスター(MX-5)は2リッターエンジン搭載ですが、日本だと2リッターエンジンを搭載するのはロードスターRFのみなので、仮にこのBBRチューニングキットを装着するのであれば「RFのみ」となりそう。

ノーマルに比べると90馬力のパワーアップとなり、0-100キロ加速はなんと7.3秒から5.0秒へ。
これはパワーアップもさることながら、ターボ化によるトルク増大の影響が大きそうですね。
一方で最高速度はリミッターにより時速250帰路に制限されている、とのこと。

この「ステージⅠ」チューニングキットの価格はインストール込みで70万円ほど。
DIY派に向けて60万円ほどの「キットのみ」の提供もあるそうです(基本的にはボルトオン)。

関連投稿
BBRがマツダ・ロードスターを200馬力にまでパワーアップさせるキットを発売。「スーパー200」
BBRがNDロードスターをチューン。190馬力にパワーアップ
525馬力、V8マツダ・ロードスターの動画レビュー。「世界一小さいアメリカンマッスル」
NDロードスターにV8エンジンをスワップするチューナー。馬力は3倍になるものの費用は550万円

なお、BBR。関連の過去記事は下記の通り。

BBRがマツダ・ロードスターを200馬力にまでパワーアップさせるキットを発売。「スーパー200」

bbr-tuning-packs-mazda-mx5-7

BBRがマツダ・ロードスター向けのチューニングパッケージ「スーパー200」を発表。
文字どおりこれはロードスターを200馬力にまでパワーアップさせるもので、これによって0-100キロ加速は5.65秒に。
なおこのタイムがどれくらいかというと、ポルシェ・ボクスター(981)が5.8秒なので、かなり早い部類と言って良いでしょうね。



なおBBRはすでに175馬力版、190馬力版をすでに発表しており、今回のチューニングメニューは「アバルト124スパイダー」を意識したものかもしれませんね。

チューニングの内容としてはビレット加工のカムシャフト、エキゾーストマニフォールド、バルブスプリング、エキゾーストシステムと典型的なNA向けストイックなメカチューン(つまりかなり高価)。
加えてECUもアップグレードを受け、燃料の噴射やカムのタイミング調整を変更しています。

なお、このチューニングパッケージにはさらに214馬力を発生する「200+」パッケージが存在し、さらに抜けの良いエキゾーストシステム、センターパイプなどが提供されるようですね。

オプションとしてはアイバッハ製のサスペンションキット、アンチロールばー、ブレーキキャリパーアップグレードキット、ステンレス製ブレーキライン、ブレーキパッドなどが用意される、とのこと。

そう考えると164馬力ではありますがブレンボ製ブレーキシステムやスポーツレザーシート、強化サスペンションを最初から持つアバルト124ロードスターを購入し、ブーストアップにて(ターボエンジンなので)手軽に200馬力を達成した方がかなり安く上がりそうではありますね。


BBRがNDロードスターをチューン。190馬力にパワーアップ

wcf-bbr-mazda-mx-5-bbr-mazda-mx-5

BBRがマツダND。190ロードスター向けのチューニングパッケージを発表。
スーパー160パッケージではECU打ち替えにて160馬力へ。

リッターバージョンだとスーパー175(10万円)では175馬力、スーパー190(37万円)では190馬力に向上するとのことです。
現在日本には2リッターバージョンが販売されていないのが残念ですが、やはりロードスターの非力感は否めず、なんとか2リッターモデルを発売して欲しいところ。

ほかには軽量ホイール、ローダウンサスペンション、ハイパフォーマンスブレーキパッドも発売されているようですね。

NAエンジンはどうしてもパワーアップが難しく、エアクリーナーの交換、マフラーの交換(抜けが良すぎるとトルクがスカスカに)、ECU打ち替え程度しか手立てがなく、それでも一般的には5-7%も出力が上がればいいところ(それでもけっこうお金がかかる)。
それ以上となるとボルトオンターボ、スーパーチャージャーの装着やエンジン内部に手を入れる必要があり、あっという間に追加で100万円以上を要することに。

反面ターボはブーストアップのみでドカンと馬力が上がるので楽ですね。

BBRが新型マツダ・ロードスターのチューニングを行う予定。最低でも200馬力

イギリスのチューナー、BBRがマツダ・ロードスター(新型)のチューンを行うと発表。
最低でも200馬力までチューンということですがボディ補強や足回りのチューンもしっかり行うと考えられ、期待が持てますね。

アバルトもマツダ・ロードスターベースの車を出すと言われており、ロードスターはしばしチューナーの熱い視線を集めそうです。

->マツダ(MAZDA)
-, , , , , ,