>アウディ(Audi)

日本だけではなく世界的に販売減少が続くアウディ。新戦略を打ち出すも「高価格モデル」「エレクトリック」「中国」頼みとなり、もしも戦略が失敗したときのダメージは大きそう

| いずれの分野においても、今後強みを発揮できるどころか競争が増すばかり | アウディがその販売を世界的に落とし続けており、メルセデス・ベンツ、BMWの後塵を廃するようになったために「新しい戦略」を公表。なおアウディの2018年における販売は全世界で3.5%減少し、欧州においては14%も下落。これは新しく導入された規制「WLTP」の影響が大きいとされているものの、アウディとしてはライバルに追いつき、追い抜く必要があるものと思われます。 こちらもオススメ、関連投稿香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスー ...

ReadMore

>ベントレー(Bentley) ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロールスロイス(Rolls-Royce)

ベントレーはカリナンに対抗?「スポーツカーはもう作らない。GTとSUVに集中し、ベンテイガの上位モデルを発売する」

まだまだベントレーの春は遠そうだ 方向性に迷っているベントレーですが、今回「現在、スポーツカー発売の予定はない」とコメント。ちなみにベントレーは以前にも「今後スポーツカーを発売しない」ともコメントしていて、これからは本気でエレクトリック、そして高級路線に特化するのかもしれません。 ベントレーが驚愕の方向転換。「スポーツカーはもう作らない」「ハイブリッド注力」

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >その他イタリア車 >その他イギリス車 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

25台のみ生産された「ランチア・ハイエナ」、2台しか存在しない「ランボルギーニ3500GTZ」ほか希少なザガートによるクルマを見てみよう

ランボルギーニ3500GTZはこの機会以外では目にすることはないだろう さて、何回かにわたってお届けしたコンコルソ・デレガンツァ京都2019ですが、今回は「最終回」。ザガートというとランチアやアルファロメオ、そしてフィアットも有名ではあるものの、今回はそれらに加えて「MG」「ランボルギーニ」といった珍しいクルマを紹介したいと思います。 こちらもオススメ、関連投稿35年もの間、地下室に閉じ込められていた1962年製アルファロメオ・ジュリエッタSZ。程度良好のまま救出され競売へ→7000万円超で落札ランボルギ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】新型BMW Z4を見てきた!予想していたより高いデザイン性/質感を持つものの、スープラより「100万円以上高い」値付けは正当化できる?

トヨタよりも内外装の細部までこだわっているのは間違いない さて、発表されたばかりのBMW Z4を見にディーラーへ。パっと見た印象は「なかなかにカッコイイ」というもの。そしてそのカッコよさは全体のシルエットに加え、練り込まれた「ディティール」によって実現されているといってよく、ここ最近(とくにG世代)のBMWが発揮するデザイン力の高さには驚かされます。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようやく登場新型トヨタ・スープラの内装が激写。Z ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

【動画】ポルシェ911GT2 RSがロードアトランタでも市販車最速記録樹立。これでコースレコードを出したサーキットは合計4つに

| ポルシェ911GT2 RSの勢いはもう止めることができそうにない | ポルシェが911GT2 RSにてアメリカのサーキット、ロードアトランタでのタイムアタックを行い、市販車最速となる1:24.88というコースレコードを樹立したとのこと。なお、このサーキットはポルシェの現地法人、ポルシェ・ノースアメリカ本社のほど近くにあるそうで、ポルシェ・ノースアメリカ万全のバックアップのもと、ル・マンのクラス優勝、デイトナ24時間での優勝経験を持つデビッド・ドナヒュー選手、ポルシェのテストドライバーでもあるランディ・ ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ランボルギーニ・ウラカン関連 >その他ポルシェ関連/ニュース ■ニュース

【動画】レクサスLFA等に積まれる「V10エンジン」が最高のサウンドを奏でると言われるのはなぜか?科学的に解説してみよう

たしかにF1でもV10エンジンのサウンドを「歴代最高」とする人は多い DRIVETRIBEが「なぜV10エンジンのサウンドは優れるのか」を解説した動画を公開。V10エンジン搭載の車には現行だと「ランボルギーニ・ウラカン」「アウディR8 V10」、過去には「ポルシェ・カレラGT」「レクサスLFA」「ダッジ・バイパー」「BMW M5(E60)」「アウディRS6」等が存在し、いずれもそのエキゾーストサウンドには高い評価が与えられています。※実際に全部のクルマの音を聞いた中だと、レクサスLFAのサウンドが一番美し ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

【競売】1981年に非公式ながら時速300キロを突破したBMW M1が存在した!1993年以降行方がわからなくなっていた「レコードブレイカー」がついに発見

予想落札価格は最高で3700万円 今年は年初から希少なクルマが続々納屋から発見されていますが(納屋=バーン、というところから”バーンファインド”と呼ばれる)、またまた希少なBMW M1が発見されることに。一見してこのM1は通常のM1とは異なることがわかりますが、これはもともと「通常の」M1として1979年に製造されたものの、その二年後にレーシングドライバーであるハラルド・アートル氏が入手し、ボディパーツ変更に加えてタービン交換などのチューンを行い、ノーマルの273馬力から410馬力へと性能を向上させた車体 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【競売】ジワジワ値を上げるメルセデス・ベンツCLK DTM AMG。ブラックシリーズに比較しても「希少」な存在であることが評価され、予想落札価格は3400万円

数年前までは3000万円が相場だった メルセデス・ベンツCLK DTM AMGがRMサザビーズ開催のオークションに登場予定。今回出品されるのは2005年モデルで走行は21,800キロ、これまでのオーナーの数は「2」。最近メルセデス・ベンツ正規ディーラーにてメンテナンスを受けたばかりでコンディションは上々とされ、予想落札価格は最高で3400万円ほど(数年前の競売よりも1割ほど相場が上がっている)。 こちらもオススメ、関連投稿【競売】生産100台、ブラックシリーズよりパワフルなメルセデス・ベンツCLK DTM ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンに新たな限定「セット」、ヴァンテージV12ザガート・ヘリテージ・ツインズ発表!なんとヴァンテージV12初の「スピードスター」が登場

そして新ブランド「R-Reforged」が誕生 先日、「2台セット」で販売する「センテナリーコレクション」を発表したばかりのアストンマーティン。これはザガート100周年、アストンマーティンとザガートとの関係構築60周年を記念したもので、DBS GTザガートと(最初のアストンマーティンとザガートとのコラボ作品となった)DB4 GTザガート・コンティニュエーションとがペアになり、19セットが約8億8000万円にて販売されるもの。 その価格8.8億。アストンマーティンがDBZセンテナリーコレクションのイラスト ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >フォード(FORD) >マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

【動画】マクラーレン600LTをシャシダイでパワーチェック。600馬力のところ実測は574馬力→この現象を解説しよう

クルマの馬力表示はエンジン単体のものであって軸出力ではない フォードのチューニングや「ヴェノム」シリーズの発売でおなじみのヘネシー・パフォーマンスがマクラーレン600LTをシャシーダイナモでパワーチェックし、その結果を公開。この内容は非常に興味深いもので、マクラーレン600LTの軸出力は574馬力となっています。ここで「あれ?600馬力じゃないの?」という話になりますが、自動車のカタログ等にて表示される出力は「エンジン単体での出力」。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を ...

ReadMore



>マツダ(MAZDA)

マツダ専門チューナー、BBRがロードスター向けのターボキット発売。90馬力アップ、60万円

投稿日:2017/04/29 更新日:

マツダ車チューンのスペシャリスト、BBRが最新のロードスター向けチューニングメニューを公開。
これは2リッターユニットにツインスクロールターボを装着するもので、出力は248馬力へと向上する「ステージⅠ」。
なおアメリカのロードスター(MX-5)は2リッターエンジン搭載ですが、日本だと2リッターエンジンを搭載するのはロードスターRFのみなので、仮にこのBBRチューニングキットを装着するのであれば「RFのみ」となりそう。








ノーマルに比べると90馬力のパワーアップとなり、0-100キロ加速はなんと7.3秒から5.0秒へ。
これはパワーアップもさることながら、ターボ化によるトルク増大の影響が大きそうですね。
一方で最高速度はリミッターにより時速250帰路に制限されている、とのこと。

この「ステージⅠ」チューニングキットの価格はインストール込みで70万円ほど。
DIY派に向けて60万円ほどの「キットのみ」の提供もあるそうです(基本的にはボルトオン)。

関連投稿
BBRがマツダ・ロードスターを200馬力にまでパワーアップさせるキットを発売。「スーパー200」
BBRがNDロードスターをチューン。190馬力にパワーアップ
525馬力、V8マツダ・ロードスターの動画レビュー。「世界一小さいアメリカンマッスル」
NDロードスターにV8エンジンをスワップするチューナー。馬力は3倍になるものの費用は550万円

なお、BBR。関連の過去記事は下記の通り。

BBRがマツダ・ロードスターを200馬力にまでパワーアップさせるキットを発売。「スーパー200」

bbr-tuning-packs-mazda-mx5-7

BBRがマツダ・ロードスター向けのチューニングパッケージ「スーパー200」を発表。
文字どおりこれはロードスターを200馬力にまでパワーアップさせるもので、これによって0-100キロ加速は5.65秒に。
なおこのタイムがどれくらいかというと、ポルシェ・ボクスター(981)が5.8秒なので、かなり早い部類と言って良いでしょうね。



なおBBRはすでに175馬力版、190馬力版をすでに発表しており、今回のチューニングメニューは「アバルト124スパイダー」を意識したものかもしれませんね。

チューニングの内容としてはビレット加工のカムシャフト、エキゾーストマニフォールド、バルブスプリング、エキゾーストシステムと典型的なNA向けストイックなメカチューン(つまりかなり高価)。
加えてECUもアップグレードを受け、燃料の噴射やカムのタイミング調整を変更しています。

なお、このチューニングパッケージにはさらに214馬力を発生する「200+」パッケージが存在し、さらに抜けの良いエキゾーストシステム、センターパイプなどが提供されるようですね。

オプションとしてはアイバッハ製のサスペンションキット、アンチロールばー、ブレーキキャリパーアップグレードキット、ステンレス製ブレーキライン、ブレーキパッドなどが用意される、とのこと。

そう考えると164馬力ではありますがブレンボ製ブレーキシステムやスポーツレザーシート、強化サスペンションを最初から持つアバルト124ロードスターを購入し、ブーストアップにて(ターボエンジンなので)手軽に200馬力を達成した方がかなり安く上がりそうではありますね。


BBRがNDロードスターをチューン。190馬力にパワーアップ

wcf-bbr-mazda-mx-5-bbr-mazda-mx-5

BBRがマツダND。190ロードスター向けのチューニングパッケージを発表。
スーパー160パッケージではECU打ち替えにて160馬力へ。

リッターバージョンだとスーパー175(10万円)では175馬力、スーパー190(37万円)では190馬力に向上するとのことです。
現在日本には2リッターバージョンが販売されていないのが残念ですが、やはりロードスターの非力感は否めず、なんとか2リッターモデルを発売して欲しいところ。

ほかには軽量ホイール、ローダウンサスペンション、ハイパフォーマンスブレーキパッドも発売されているようですね。

NAエンジンはどうしてもパワーアップが難しく、エアクリーナーの交換、マフラーの交換(抜けが良すぎるとトルクがスカスカに)、ECU打ち替え程度しか手立てがなく、それでも一般的には5-7%も出力が上がればいいところ(それでもけっこうお金がかかる)。
それ以上となるとボルトオンターボ、スーパーチャージャーの装着やエンジン内部に手を入れる必要があり、あっという間に追加で100万円以上を要することに。

反面ターボはブーストアップのみでドカンと馬力が上がるので楽ですね。

BBRが新型マツダ・ロードスターのチューニングを行う予定。最低でも200馬力

イギリスのチューナー、BBRがマツダ・ロードスター(新型)のチューンを行うと発表。
最低でも200馬力までチューンということですがボディ補強や足回りのチューンもしっかり行うと考えられ、期待が持てますね。

アバルトもマツダ・ロードスターベースの車を出すと言われており、ロードスターはしばしチューナーの熱い視線を集めそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

->マツダ(MAZDA)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.