ad-728

「 ノート 」 一覧

2018年3月の乗用車登録状況。ノートの独走、リーフは一瞬で圏外。C-HRが弱くヴェゼルが復調

2018年1月の国産メーカー登録ランキング。日産復活、トヨタが下落。しかしセダンで一番売れたのはカムリ





2017年通じての国内自動車販売台数ランキング。もしかすると日産ノートが首位を取っていた可能性も

大荒れの2017年10月新車販売。日産は一気に圏外へ、代わりに選ばれたのはホンダではなく「トヨタ」

日産が検査問題にてリコール開始。まずは「GT-R」「ノート」などH29/2/10~生産の30車種38,650台

2017年9月の国産車登録ランキング。入れ替わりが激しく日産ノートが首位奪取

ad-itiran



プリウスPHVが今年前半「世界で最も売れたPHEV」に。「EV」販売だと現在トヨタは6番手

MCでクロスオーバーも登場したアクア。MCにもかかわらず目標販売台数が前年比75%のナゾ

日産リーフ、三菱i-MIEVの中古相場が暴落し30万円台に突入。なぜEVは日本で売れないのか

日産ノートは7ヶ月連続でコンパクトカー首位。同期間において10万台を販売





日産が「ニスモ強化」。ニスモモデルを倍増させ販売も1.5万台→10万台まで拡大

2016年度の新車販売No.1はプリウス。2位はN-BOX、ノートは6位ながらも2017年はトップを狙える?

1月のカテゴリ別新車販売。トヨタC-HRがヴェゼルを下し1位に。ノートも1位を爆走中

なぜ日産ノートe-POWERは売れたのか?→「新しモノ好き」ではなく「慎重派」を狙ったから

2016年12月の国産車販売状況は?C-HR、ルーミーを発売したトヨタ躍進。セダンはトヨタ独占市場

日産ノートe-POWERの見積もり取得、乗り出し307万円。この装備でこの価格はお買い得

【試乗:日産ノートe-POWER】画期的かつ驚異的、しかし何もかもが「ちょうどいい」