>フェラーリ(Ferrari)

1966年製フェラーリ275GTB/Cが競売に登場。わずか8台生産されたうちの1台で予想落札価格は19億円

投稿日:2017/07/31 更新日:

1966年製フェラーリ275GTB/Cが8月にモンタレーで開催されるオークションへと登場予定。
12台が生産され、そのうちの8台が左ハンドルとなり、そして今回の個体はその「8台のうちの一台」。
出品元であるGooding and Co.によると、予想にて最高落札価格が19億円に達するのではとのことですが、とにかくこの一連の「275GTB系」は高価ですね。

なお275GTBについての詳細はフェラーリのページに公開されており(フェラーリの過去のロードカーについてはフェラーリのページで全て参照できる)、これによると275GTBの特徴は「リアマウントギアボックス(5速トランスアクスル)と独立リアサスペンション」。

加えてドライサンプが採用され、軽合金ホイールも採用された、としています。
全体のボディラインは250GTOを意識したもので、ロングノース・ショートデッキ。
デザインはピニンファリーナが担当し製作はスカリエッティ。
なおボディパネルについては「スチールとアルミ」ですが、「オールアルミ」の個体もいくつか存在する、とのこと。

シャシーは「ティーポ563」、エンジンはショートブロックV12、3286cc、280馬力。
標準のキャブレターは3基ですがオプションで6基も選べたようですね。。

そしてこの275GTBをベースに少量生産されたコンペティションモデルも存在し、それが「ラ・フェラーリ・アペルタを売ってもらえなかったことで」裁判を起こしたプレストン・ヘン氏の所有する「史上最も価値のあるフェラーリ」。
それほどのコレクションを持ちながらもラ・フェラーリ・アペルタの選に漏れたのは驚くべきことではあります。

関連投稿
オーナーを失った「史上もっとも価値のあるフェラーリ」が売りに出される可能性。自動車史上最高額か
またまた羨ましい少年登場。16歳にして世界に一台のワンオフフェラーリをドライブ

関連投稿

1966年製フェラーリ330が競売に。新車並みにレストアされ、現代の車が失ったハインドメイドパーツも再現

1966年製のフェラーリ330GTCがオークションに登場予定。
ボディカラーはNocciola(ヘーゼルナッツ)という珍しいカラーですが、数度かのレストア時にグリーン→レッドというリペイントを経て、最後にはまた工場出荷時のこのカラーに塗装された、とのこと。

現在は完璧にレストアされ、フェラーリのクラシックカー部門の証明書も付属したうえで出品を待っているようですね。
なおフロントフェンダーには最新のGTC4ルッソ同様のルーバーが見られ、フェラーリは最新モデルに対しても常に過去モデルへのオマージュを配していることがわかります。

エンジンや補機類も新品同様。

内装も素晴らしいコンディション。
とくにシートレザーの張り具合など、まさに「出来たて」といった感じですね。

現代のフェラーリとはまた異なる優雅なシルエット。

エンブレムやクロームパーツも美しく復元されています。

内装に用いられる金属パーツの仕上げについては、現代よりもよっぽど手が込んでいる、と感じさせるものも。

給油口。
ここも現代の車よりも美しく、品位を感じさせる部分ですね。

工具セット。
これはさすがに年季を感じさせますが、当時のまま残っているのが驚き。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5