>フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ(Lamborghini)

プリウスをフェラーリ風に、ハリアーやライズをランボルギーニ風にカスタムしたアルバーモ。さすがにタダでは済まされず、すべてが「無かったこと」に

投稿日:2020/11/10 更新日:

| レプリカやパクリでのお金儲けは許されない |

さて、トヨタ・プリウスをフェラーリFF風に、そしてトヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキー、そしてトヨタ・ハリアーをランボルギーニ・ウルス風にコンバートしてしまうエアロキットにて一躍有名になったエアロパーツメーカー、アルバーモ(Albermo)。

とくにトヨタ・ハリアーをウルス風にカスタムするキットは「あまりに似すぎ」ており、(つい先日までは”近日発売”という表記で、CGのみの公開だったので)そろそろ発売か?と思ってアルバーモのサイトを見たところ、現在全てのコンテンツが削除され、トップページには「お詫び」が掲載されている状態です。

やはりタダでは済まされなかったか

そしてお詫びにとともに「デザインを変更させていただくことになりました」という記載も見られ、ここから察するにランボルギーニやフェラーリからクレームが入ったものと思われます(どちらか一方からのクレームであれば、もう一方のコンテンツは残っていると思われるので)。

ちなみにインスタグラム、Facebook等のSNSも閉じられており、これまでの活動は「なかったこと」に。

たしかにここまで似ていればメーカー側も黙ってはいられず、クレームも「やむなし」と思われます。

似すぎでヤバい!トヨタ・ハリアーをランボルギーニ・ウルス風にコンバートするボディキットが登場予定

この記事のもくじ1 | 今までに発表された「ランボルギーニ・ウルスへのコンバージョンキット」では一番それっぽい |1.1 それほどあるのかコンバート需要1.2 ほかにもアルバーモはこんな製品をリリース ...

続きを見る

こちらは以前にアルバーモが提供していた、ダイハツ・ロッキー、トヨタ・ライズをランボルギーニ・ウルスにカスタムする「X51」エアロキット。

r4

まさかの日本から!トヨタRAV4をランボルギーニ風、プリウスをフェラーリ風にコンバートするボディキットが登場したぞ!

この記事のもくじ1 | その発想は完全になかった |1.1 その名は「X51」1.2 それだけじゃない、フェラーリも1.3 日本では「コピー品」のマーケットは小さい | その発想は完全になかった | ...

続きを見る

こちらはプリウスをフェラーリFF風に(エンブレムもフェラーリっぽい)。

さすがにこれはフェラーリも黙っていないだろう、という感じですね。

4

エンツォを激怒させたいわくつきのケーニッヒ・テスタロッサがオークションに登場

この記事のもくじ1 | バブル期の日本ではテスタロッサが大人気 |2 フェラーリ・テスタロッサ「ケーニッヒ」はこんなクルマ3 あわせて読みたい、フェラーリのカスタムカー関連投稿3.1 世界で最も醜いフ ...

続きを見る

ハイブランドはブランドイメージを守らねばならない

世の中には様々なレプリカが存在しますが、それらの中には「個人で楽しむもの」のほか、「それを販売して利益を得る」ために作るものも。

前者は状況次第といったところですが後者は同義的にも法的にも許される行為ではなく、これまでに報じられたところだと、ランボルギーニは自社のエンブレムに酷似したマークを使用したステーキハウスを訴えたり、フェラーリだと訴訟の件数は数知れず。

もちろんメーカー側としてはこういった行為を放置すると「レプリカを黙認する」ことになってしまうため、厳正に対処してゆく必要があるのだと思われます。

フェラーリを不正利用したとして訴えられていたファッションブランド、フィリップ プレイン。訴訟に負けて約3600万円の損害賠償支払いを命じられる

この記事のもくじ1 | さらにフェラーリ が写った画像はすべて削除を命じられる |1.1 フェラーリが写っている画像はすべて削除1.2 フィリップ プレインがらみの訴訟はこれだけではない1.3 あわせ ...

続きを見る

逆に、ランボルギーニは「息子のためにアヴェンタドールのレプリカ」を作った父親を支持したこともあり、個人製作のレプリカに対しては「状況によりけり」のようですね。

【動画】やるやんランボルギーニ!息子のためにアヴェンタドールのレプリカを作った父親に本物のアヴェンタドールを提供。息子は大喜び

この記事のもくじ1 | まさかランボルギーニがこういった対応に出るとは |1.1 まさかランボルギーニが個人に対してサプライズを行うとは1.2 さらにランボルギーニは「クリスマスツアー」も敢行 | ま ...

続きを見る

合わせて読みたい、関連投稿

フェラーリ元副社長とフェラーリが「250GTO」の商標で争い、フェラーリが負ける・・・。今後250GTOの名称は誰でも使えるように

この記事のもくじ1 | フェラーリにとっては「触れないほうがいい話題」だった |1.1 当然フェラーリは黙っていなかったが1.2 アレス・デザインが作ろうとしていたのはこんなクルマ | フェラーリにと ...

続きを見る

フェラーリが「新型SUVの名称をプロサングエにしよう→他で使われていた→取り下げるように訴訟を起こす」という行動に。訴えられた先「最初に商標を調べてから名前決めてよ・・・」

この記事のもくじ1 | 話を聞く限りではフェラーリはやや横暴なように思える |1.1 プロサングエ財団はこれに反発1.2 プロサングエはどんなクルマに? | 話を聞く限りではフェラーリはやや横暴なよう ...

続きを見る

これ絶対アカンやつ。インドのマヒンドラが懲りずにジープ・ラングラーそっくりの「THAR」を発表。間違いなく訴訟になるぞ

この記事のもくじ1 | マヒンドラは他のクルマでも、FCAと争った「ジープに似すぎている」訴訟に負けたばかり |1.1 「似ている」ことは公的に証明されている1.2 なぜマヒンドラはFCAの神経を逆な ...

続きを見る

参照:Albermo

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f