>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWのデザイナーが新型4シリーズのキドニーグリルについて語る!「批判があるのは承知の上だ。そもそも4シリーズは万人に向けてではなく、20%の人に対してだけデザインされたものだ」

投稿日:2021/02/08 更新日:

BMW 4シリーズのキドニーグリル

| ボクはどうやらその20%に入っているらしい |

さて、色々と話題となった新型BMW 4シリーズ。

その話題の中心はなんといっても巨大な「バーチカルキドニー」ということになりますが、今回BMWのチーフデザイナー、ドマゴジ・デュケツ氏によると「新型4シリーズのキドニーグリルについて批判があることは十分承知している。だが、新型4シリーズは万人に向けたクルマではない。我々の試算では20%の人々がこのグリルを好むと結論づけており、20%の人々にアピールできればそれで良いのだ」。

そのバーチカルキドニーが話題のBMW4シリーズ!特別コンテンツが公開されデザイナーがその魅力を語る。「ルームミラーに映る姿をまずイメージした」

| 新型BMW 4シリーズお気に入りの角度は「斜め後ろ45度」 | さて、巨大なキドニーグリル装着で話題となった新型BMW 4シリーズ。すでに欧州や中東では実車が配備されつつあるようですが、BMWジャ ...

続きを見る

なぜに20%?

そこでちょっと疑問に思ったのが「なぜ20%なのか」ということ。

ぼくが疑問に思うのは「たった20%」ということで、なぜ50%や80%を目指さなかったのかということですね。

これについてはいくつか仮説があるものの、もっとも有力なのは「より多くの人を対象とすればするほど、その製品はファジーになる」からなのだと思われます。

BMWは大衆車ブランドではなくプレミアムブランドであり、つまり買う人はそもそも「限られている」という性格のクルマ。

L1280475

そういったプレミアムカーにおいて万人受けを目指すということは同時に没個性を意味し、感性の鋭い人々が好むであろうプレミアムカーにとって没個性は「致命傷」なのかもしれません。

そういった意味で、BMWはごく少数の人々に絞ったアクの強いデザインを採用することにより、自社のほかラインアップ、そして競合であるメルセデス・ベンツ、そしてアウディとの競争に勝とうということなのだとも考えています。

なお、販売台数においてはメルセデス・ベンツCクラスクーペ、アウディA5クーペに負けるかもしれませんが、これだけ話題になり、そしてBMWの姿勢を示すことができたのであれば、それは「試合には負けたが、勝負に勝った」とも言えそうです。

ただし現代では「アクの強い車」が万人受けすることに

しかし今の自動車市場を見渡すと、売れているのはどうやら「アク(個性)の強いクルマ」。

日本の自動車販売上位だとヤリスやアルファードといった個性派が上位に並び、一方でナチュラルもしくは都会的なホンダ、今ひとつインパクトの弱い日産はトヨタよりもずっと下に位置しています。

アメリカ市場においては「フォードFシリーズ」のような押し出しの強いクルマが売れており、これはもう世界共通の傾向なのかもしれません。

スバル・レヴォーグ
2021年1月の国産車登録ランキング!やはりトヨタ一強の構図は崩れず、レクサスISは昨年同期比で12倍以上の販売台数。もっとも昨対で伸ばしたメーカーはスバル(もちろんレヴォーグ効果)

| この傾向は跡数ヶ月は続きそうだ | さて、2021年1月の自動車販売状況。まずは全体だと208,279台という数字となっていて、前年比108%という好発進を切っています。メーカー/ブランド別だと、 ...

続きを見る

そう考えると、その車名を聞いてパっとそのデザインを思い浮かべることができるほどの個性がなければ(多種多様なクルマであふれる)現代では成功することが難しく、そういった意味でも新型BMW 4シリーズは「意外と成功するんじゃないか」とも考えています。

CR-V、フィットがRAV4/ヤリスに惨敗のホンダ。無味無臭な都会派デザインを捨て「マッチョになる」ことを検討中

| 現代では「個性的なクルマ」のほうが売れやすい傾向にあるようだ | ホンダは先日、マイナーチェンジを受けたピックアップトラック(これでも北米ではミッドサイズらしい・・・)、リッジラインを発表したとこ ...

続きを見る

あわせて読みたい、関連投稿

BMWのデザイナー「成功しているときこそ変わるのだ。我々は前に進む必要があり、巨大キドニーグリルは変革の象徴である」。BMWは一歩も引く気はないらしい

| BMWは「変わらなければ競争から置いてゆかれる」と考えている | 自動車史上、デザインにおいてこれほどまでの議論と批判を巻き起こしたことはないであろうと思われる「近年のBMWにおける、キドニーグリ ...

続きを見る

【動画】BMW M3/M4の巨大キドニーを「再デザイン」した伝説的デザイナー。まさかの上下二分割グリルに

| なんだかんだでBMWのデザインが一番いいような気もしてきた | さて、未だ賛否両論が対立するBMWの「バーチカルキドニーグリル」。これについては様々なデザイナーやチューナーが「修正版」を公開してお ...

続きを見る

BMW 4シリーズのキドニーグリル
BMWのデザイナー「どんどん我が社のクルマを改造してくれ。巨大キドニーグリルも弄ってくれて構わない」

| カスタム推奨姿勢については「バイク市場の盛り上がり」を参考にした模様 | BMWは新型4シリーズに巨大なキドニーグリルを与えることで数多くの議論を巻き起こしていますが、今のところ評価は「半々」(ぼ ...

続きを見る

参照: Top Gear

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5