ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■そのほか自動車関連/ネタなど

VWがマニュアル・トランスミッションに対して死刑宣告。2023年発売の新型車から順次MTが廃止されてゆくようだ

投稿日:2021/08/31 更新日:

フォルクスワーゲン・ゴルフ

| むしろ、フォルクスワーゲンがここまでMTを存続させたことのほうに驚きを感じる |

それにしても、未だに欧州で「効率の悪い」MTが支持されている理由がわからない

さて、フォルクスワーゲンが「マニュアル・トランスミッションを廃止する」との報道。

これはドイツのカーメディアが報じたもので、2023年より段階的にマニュアル・トランスミッションを廃止してゆく、とのこと。

実際のところ2023年に発売される新型ティグアンではマニュアル・トランスミッションがラインアップされないといい、これは「トランスミッションをDSG一本に絞ることで、コストを最適化する」ためだとも言われています。

日本だとマニュアル・トランスミッション=走りだが

なお、日本でマニュアル・トランスミッションを選ぶというと「走り屋なの?」という印象がありますが、欧州だと経済性(燃費)と環境負荷のためにMTを選択する傾向が強いといい、2020-2021年あたりでも「80%以上がMT」という記事も見られます。

ただ、現代のATは、MTよりも燃費・環境性能・効率に優れるものが大半なので、(環境意識の高い)欧州でMTが売れるというのはちょっと謎でもありますね(MT=燃費がいいと盲信しており、その意識がいまだ根強いのか)。

マニュアル・トランスミッション
マニュアル・トランスミッションは安全技術の義務化、環境対策によって消滅?衝突被害軽減ブレーキとの相性が悪く、エンジン回転数の制御が難しいMTは社会にとっても「悪」に

| 近代のクルマは「トランスミッション単体」で語ることができず、すべてが統合して制御されている |この記事のもくじ| 近代のクルマは「トランスミッション単体」で語ることができず、すべてが統合して制御さ ...

続きを見る

しかしながら、それでもフォルクスワーゲンが「MT廃止」に踏み切るというのは、全世界でのAT普及率を考慮し、世界的に見て「ATのみの提供に絞ったほうが、部品調達や生産・販売コスつを抑えることができる」という判断なのだと思われます。

「MT廃止組」にはこんな自動車メーカーがある

そこで現在の状況を整理してみたいと思いますが、現在MT廃止を宣言している自動車メーカーはけっこう多く、最近だとアストンマーティンが「MT廃止」を宣言。

これはメルセデスAMGの意向があるとも考えられ、しかしそもそもMTが(同社では)売れておらず、存在意義が見いだせないうえ、環境性能的にも「不利」なため。

小排気量エンジンであればともかく、V12やV8エンジンを搭載する同社にとって、CO2排出量をわずかでも下げることは絶対条件であり、これ(CO2排出量の大きいMTを廃止する)は納得の判断だと思います。

アストンマーティン
アストンマーティンが2022年にもMT廃止を決定!「MT導入は愚かな判断だった」「MTはもう不要」「MTでは環境規制に対応できない」

| アストンマーティンはマニュアル・トランスミッションを作り続けると宣言していたが |この記事のもくじ| アストンマーティンはマニュアル・トランスミッションを作り続けると宣言していたが |実際のところ ...

続きを見る

そしてBMWは「新型M2がマニュアル・トランスミッションを搭載する最後のM」だとコメント。

これについては「BMWが持つトランスミッションは、500馬力以上のターボエンジンが発生させるトルクに対応できない」ことが理由だとされていますが、言い換えれば「そのトルクに対応できるトランスミッションを開発する気はない」ということですね。

ちなみにBMWは、マニュアル・トランスミッション車のシフトノブですら投資を惜しんでいるようで、90年代(もしかすると80年代から)からずっと同じものを使用し、最新モデルでは(インジケーターの)イルミネーションも廃止されています。

BMW「M2がマニュアルトランスミッションを持つ最後のMだ。なおFFのMモデルはつくらない」

MモデルにはFFは登場しない BMW Mパフォーマンス部門のボス、ダーク・ハッカー氏によると、「MモデルにはFFはない」とのこと。 同士によるとその理由は「Mモデルはステアリングとスロットルとが緊密に ...

続きを見る

そしてポルシェはいったん「生産数に占める割合から見て、MTを存続させることはビジネス上、理にかなっていない」と断じてマニュアル・トランスミッション廃止に動くものの、市場の意見に動かされる形で「クルマは人々を笑顔にする存在であるべきだ」と翻意しMT継続を表明。

一方で、究極のパフォーマンスを追求することになるモデル(新型911GT3RSや、GT2RS)ではMTが投入されないものと見られます。

ちなみにフェラーリ、ランボルギーニはマニュアル・トランスミッションをすでに廃止しており、(現代の)マクラーレンはそもそもMTが設計段階から考慮されていない状態で、スーパーカーにおいては「MTなし」が常識となっているようですね。

ポルシェのマニュアル・トランスミッション

ポルシェ911GT3のマニュアル・トランスミッション
ポルシェ「新型911GT3のMT比率は40%に達するだろう」。なおアメリカでは70%がMTを選ぶと予想され、「効率や速さ」よりも「楽しさ」を重視する傾向が拡大?

| 新型911GT3は先代よりも「MT比率が高くなる」と予想されている |この記事のもくじ| 新型911GT3は先代よりも「MT比率が高くなる」と予想されている |911GT3といえど、「速さ」より「 ...

続きを見る

一方、さほど廃ガス規制に神経質にならなくてもいい(ほかに小排気量モデルを販売していたり、大きなエンジンを作っていない)自動車メーカーだとマニュアル・トランスミッションを継続させる傾向にあって、トヨタ、スバル、マツダ、ヒュンダイなどはMTを継続生産しています。

そして、ちょっと面白いのは、「スポーツカーメーカー、スーパーカーメーカーではMTが廃止されつつあるのに、大衆車メーカーではMTが生き残っていること」。

これは「MT=走り」というイメージとは相反するもので、もちろんこれには上述の環境規制が大きく影響していて、かつ超高性能なエンジンを搭載した場合、(超ハイパフォーマンスカーの場合)MTにて「人間が操作する」という不確定要素を排除したいという考えがあるのかもしれません(現代のスーパーカーにMTを導入すれば、事故率が上がる可能性も否定できない)。

ヒュンダイ・エラントラNの購入検討者は「ホンダ・シビック・タイプR、スバルWRX STI、ゴルフGTIとの購入を迷っている」。なおMT比率は30%
ヒュンダイ・エラントラNの購入検討者は「ホンダ・シビック・タイプR、スバルWRX STI、ゴルフGTIとの購入を迷っている」。なおMT比率は30%

| 日本にいると、このクルマがホンダ・シビック・タイプRのライバル足りうるとは到底思えないが  |この記事のもくじ| 日本にいると、このクルマがホンダ・シビック・タイプRのライバル足りうるとは到底思え ...

続きを見る

ただ、一部の自動車メーカー(やコーチビルダー)は「AT全盛」の時代においても、効率だけを追求するのではなく、「ATをMT風に操作できる」デバイスを導入しており、シボレーやキアは「ATだけどクラッチつき」の疑似MTを開発している、と言われます。

アレス・デザインのフェイクマニュアルシフト
デ・トマソ・パンテーラ現代版、アレス・パンサーはなんとデュアルクラッチなのにMT風シフトパターンを持っている!これぞ理想のトランスミッション?

| さすがは少量生産、そして「車好きのためだけに」生産を行うコーチビルダーだけのことはある |この記事のもくじ| さすがは少量生産、そして「車好きのためだけに」生産を行うコーチビルダーだけのことはある ...

続きを見る

合わせて読みたい、マニュアル・トランスミッション関連投

マニュアル・トランスミッション
なんだか最近周囲でマニュアル熱が盛り上がっているようだ。ボクも「ガソリン時代最後」の記念にMT車の購入を考えている

| マニュアル・トランスミッションは、単なる機能を超え、自動車の楽しさの象徴なんじゃないかと考えている |この記事のもくじ| マニュアル・トランスミッションは、単なる機能を超え、自動車の楽しさの象徴な ...

続きを見る

マツダ・ロードスターのマニュアル・トランスミッション
高学歴・高収入になるほどマニュアル・トランスミッションを好むという統計結果!米では66%がMT操作可能、55%がMT車を所有経験アリ、しかし実際に売れたMT車は全体のわずか2%

| どのみち、エレクトリック時代になればMTそのものが消え去り、単なる「思い出」になってしまう |この記事のもくじ| どのみち、エレクトリック時代になればMTそのものが消え去り、単なる「思い出」になっ ...

続きを見る

フェラーリの中古市場に異変!F430の「マニュアル・トランスミッション」車の相場が急上昇しF1マチック車の2倍、さらには16Mの価格を超える例もあるようだ

| 新車時だとマニュアル・トランスミッションよりもF1マチックのほうが圧倒的に人気だったが |この記事のもくじ| 新車時だとマニュアル・トランスミッションよりもF1マチックのほうが圧倒的に人気だったが ...

続きを見る

参照:Auto Motor und Sport

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), ■そのほか自動車関連/ネタなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5