ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■そのほか自動車関連/ネタなど

EUがついに「2035年にガソリエンジン搭載車の販売禁止」を正式決定!これでガソリン車には死刑宣告、EVへのシフトに拍車がかかる

投稿日:2022/07/01 更新日:

フェラーリ296GTB

| EUがこれを決定したことで、この動きに追随する国や地域が登場するのは間違いない |

自動車メーカーはこれで腹をくくるしかなくなった

さて、EU加盟国のいくつかが「2035年にガソリンエンジン搭載車の販売を禁止」という法案に対して異議を唱えたという報道がなされたばかりですが、今回はついにEU27カ国の環境相が「2035年までに新車のCO2排出量を100%削減する目標を導入することに合意し」、つまりはガソリンエンジンの死刑宣告書類にサインを行うことになったと報じられています。

フェラーリ
EU全体の「2035年ガソリンエンジン禁止」に対しイタリア含むEU5カ国が「待った」。代替案として2040年に禁止を先送りすることを提案

| 実際のところ、2035年にガソリン車の新車販売全面禁止はあまりに急すぎるように思う |この記事のもくじ| 実際のところ、2035年にガソリン車の新車販売全面禁止はあまりに急すぎるように思う |もし ...

続きを見る

なお、この署名は2022年6月29日にルクセンブルクにて開催された、EUの気候変動対策に焦点を当てた会議にてなされたといい、16時間にもおよぶ協議の末にようやく加盟国すべての同意が得られたもよう。

ちなみに今回決定されたのは「2035年以降、ガソリエンジンを積んだクルマは、ハイブリッドでもPHEVでもレンジエクステンダーであっても販売できない」ということで、しかしEUの理事会は同時期に「中古車であってもガソリンエンジン搭載車の販売を禁止すべき」とも主張しているようですね。

もちろん「中古車」のほうは今回何ら決定がなされているわけではありませんが、今回「2035年にガソリンエンジン搭載車の新車販売禁止に反対していた」5カ国を説得し、禁止法案を通してしまったところを見るに、近日中には中古車の販売禁止に対してもなんらかの動きがあるのかもしれません。

ランボルギーニのV12エンジン

ただし水素や代替燃料への道は閉ざされていない

なお、今回の決定について、正確に言うならば「ガソリンエンジン禁止」というよりは「CO2を排出するガソリンエンジン含む内燃機関の禁止」。

言い換えれば、内燃機関であってもCO2排出量がゼロであれば問題なく販売ができるということになり、水素や代替燃料を使用することでCO2排出量をゼロにできるのであれば、それはそれでOKだとも捉えることができます。

参考までに、EUはちょっと前まで「水素も代替燃料であっても、燃やすものは何でもダメ」という姿勢を貫いていたものの、今回法案を通すに際し、ここは「妥協」したところなのかもしれませんね。

ブログ
一体何なのEUのEV盲信。「CO2排出量ゼロ」の合成燃料(eフューエル)を認めず「EVだけが正義。2035年以降はEV以外の販売は不可」という法案を可決の見込み

| どう考えてもeフューエルのほうがEVよりも環境に優しいような気がするが |この記事のもくじ| どう考えてもeフューエルのほうがEVよりも環境に優しいような気がするが |そこまでの「EV以外はダメ」 ...

続きを見る

いずれにせよ、これまで曖昧だった「2035年にガソリンエンジン禁止」について、今回明確に決定がなされており、これでもうEVへの切り替えは「待ったなし」。

もちろん水素や代替燃料の可能性は残されてはいるものの、これらのランニングコストは非常に高価なので一般に普及するとは考えにくく(F1は2026年から代替燃料に移行することになる)、プレミアムカーメーカー以外は「EV以外の選択肢はない」と考えて良さそうです。

今話題の「合成燃料」!そのままガソリンエンジンに使用できカーボンフリーを実現できるものの「何が問題でなぜ普及しない」のか?
今話題の「合成燃料」!そのままガソリンエンジンに使用できカーボンフリーを実現できるものの「何が問題でなぜ普及しない」のか?

| そもそも合成燃料に対する国際社会の理解が進まず、その有用性が理解されていない |この記事のもくじ| そもそも合成燃料に対する国際社会の理解が進まず、その有用性が理解されていない |やはり普及させる ...

続きを見る

合わせて読みたい、環境問題関連投稿

トヨタとヤマハが「CO2を全く出さない、上方排気の」水素V8エンジンを公開!ガソリンエンジンとほぼ同等のパワーを発生させ、もちろん排気音も
トヨタとヤマハが「CO2を全く出さない、上方排気の」水素V8エンジンを公開!ガソリンエンジンとほぼ同等のパワーを発生させ、もちろん排気音も

| あくまでも削減すべきはCO2であって、内燃機関そのものが問題なのではない |この記事のもくじ| あくまでも削減すべきはCO2であって、内燃機関そのものが問題なのではない |やはりトヨタは「EVのみ ...

続きを見る

ポルシェがCO2を90%削減できるガソリン代替燃料生産工場を南米に建設、2022年から量産を開始。これによってガソリン車存続の道が開けるか
ポルシェがCO2を90%削減できるガソリン代替燃料生産工場を南米に建設、2022年から量産を開始。これによってガソリン車存続の道が開けるか

| ただしこの代替燃料「eFUEL」製造には多大な電力を必要し、そのために発電を行うと結局CO2が増加するらしい |この記事のもくじ| ただしこの代替燃料「eFUEL」製造には多大な電力を必要し、その ...

続きを見る

ランボルギーニ・シアン
ランボルギーニは来たるべき電動化に対して方向性を決めかねている?ピュアエレクトリックはGT路線のみ、スーパースポーツは代替燃料の実用化前提で内燃機関を維持?

| ただし内燃機関実用化の前にはウラカン、そしてアヴェンタドールの後継モデルをPHEVにて登場させねばならない |この記事のもくじ| ただし内燃機関実用化の前にはウラカン、そしてアヴェンタドールの後継 ...

続きを見る

参照:European Union Consilium

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■そのほか自動車関連/ネタなど
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5