ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■そのほか自動車関連/ネタなど

バッテリー先端企業「ソリッドステートバッテリー(全固体電池)の実用化にはまだ10年はかかる。そろそろ我々は直近の実用化への期待を捨てて代替手段を模索すべき」

投稿日:2022/11/13 更新日:

BMWはメルセデス・ベンツ、アウディとは逆に「コンパクトクラスにも注力」?2027年にi1とiX1、2028年にi2を投入するもよう

| なんとなくそういった雰囲気になるような気がしてはいたが、ついにこれに言及する企業が登場 |

一部自動車メーカーはすでに代替手段を構築しつつある

高速充電バッテリー技術企業のストアドット社によれば「全固体電池(ソリッドステートバッテリー)の大量生産は少なくとも10年先になるだろう」。※同社はバッテリー技術に関する先端企業であり、メルセデス・ベンツやボルボからの出資を受け、全固体電池の開発に取り組んでいる

現在多くの自動車メーカーやバッテリーメーカーがこのソリッドステートバッテリー実用化のための研究を行っていますが、ほとんどの例において予定よりも実用化が遅れており、中には「やっぱり無理」としてこれを諦めている企業も登場している状況となっています。※トヨタは2020年の東京オリンピックまでに実用化を目指していたが、現時点でも実現できていない

フィスカー・オーシャン
ソリッドステートバッテリー実用化一番乗りと見られたフィスカーが「やっぱり無理。新バッテリー計画をすべて中止する」と発表!こうなるとほかメーカーの雲行きも怪しそうだ

| ソリッドステートバッテリーは空飛ぶ車や自動運転同様、「見果てぬ夢」に終わるのか |この記事のもくじ| ソリッドステートバッテリーは空飛ぶ車や自動運転同様、「見果てぬ夢」に終わるのか |「あと10% ...

続きを見る

ソリッドステートバッテリーは現段階では大きな問題を抱えている

ストアドットは「全固体電池は、費用対効果の高い高速かつ安全な充電が可能で、エネルギー密度も高いものの、全固体電池はまだまだ発展途上であり、大規模な製造が可能になるまでに大きな課題を抱えている」とコメント。

そしてそれまでの「つなぎ」として、各自動車メーカーは半固体電池などの暫定的な技術を導入することを検討すべきであるとも主張しています。

なお、ストアドットCEO、ドーロン・マイヤースドルフ博士によると「ストアドットのような主要なバッテリー開発企業が、世界の自動車メーカーに対し、超高速充電バッテリー技術導入のための現実的で誇大広告のないロードマップを提供することが極めて重要です。現在、ライバル企業がソリッドステートバッテリーに対して強気な主張をしていますが、量産を実現するのはまだ10年以上先の話です。現在、高速充電電気自動車アーキテクチャを開発している自動車メーカーにとって、全固体電池が特効薬でないことは確かです」。

ジャガー・ランドローバーの親会社、インドのタタが未来的コンセプトカー「アヴィーニャ」を発表!その意味はサンスクリット語で「革新」

要は「バッテリーメーカーは、ソリッドステートバッテリーの実用化が目前に迫っているとして、自動車メーカーに期待をもたせるべきではない」ということなのだと思われますが、自動車メーカーとしてはサプライヤーの言うことをそのまま信じるしかなく、「2025年にソリッドステートバッテリーが完成する」と言われればそれを信用し、それをベースにした計画を練ることになるのかもしれません。

ストアドットに関してだと、2028年に「半個体電池」の量産開始を目指しているといい、それはわずか3分で100マイル(161キロメートル)の充電を達成することができる、とのこと。

これは全固体電池に比較すると製造工程がシンプルで難易度が低いというメリットがあるとしていますが、こういったバッテリーの先端企業から「ソリッドステートバッテリーの実用化はまだまだ先」と聞かされるのは「夢が遠のいた」という感じでもありますね(しかたない)。

ソリッドステートバッテリーを積むのはどんなクルマ?

なお、現在多くの自動車メーカーがソリッドステートバッテリーの開発に取り組んでおり、トヨタ、そしてBMWはかなり「進んでいる」グループだとも。

トヨタのコンセプトカー
自動車業界ではトヨタがもっともソリッドステートバッテリーの実現に近いようだ。数年後に発表される次世代プリウスに「全固体電池」搭載か?

| トヨタはソリッドステートバッテリー関連特許の数で群を抜いていると言われるが |この記事のもくじ| トヨタはソリッドステートバッテリー関連特許の数で群を抜いていると言われるが |ただし車両に反映され ...

続きを見る

日産については2028年の実用化を目指すという報道がなされていますね。

日産が全固体電池(ソリッドステートバッテリー)実用化に向けて前進!試作設備を公開、さらに2024年にパイロット施設を設置、2028年には実用化を目指す
日産が全固体電池(ソリッドステートバッテリー)実用化に向けて前進!試作設備を公開、さらに2024年にパイロット施設を設置、2028年には実用化を目指す

| 今の段階でも各社とも「ソリッドステートバッテリーの実用化が想定よりも遅れている」状態 |この記事のもくじ| 今の段階でも各社とも「ソリッドステートバッテリーの実用化が想定よりも遅れている」状態 | ...

続きを見る

そしてスポーツカーメーカーについてだと、多くのメーカーが現在のバッテリー(リチウムイオンバッテリー)では車体重量が重くなりすぎるためにソリッドステートバッテリーの実用化を待っている状態ですが、ちょっと前までの報道だと、ソリッドステートバッテリーが2025年くらいに実用化されることを見越して「22025〜2028年くらい」に発表するというスケジュールが多いもよう(しかし、ソリッドステートバッテリーの実用化の遅れとともに、これらの発表も遅くなりそうだ)。

次期ケイマン/ボクスターは2025年にハイパフォーマンスEVとして登場する模様。これで「EVの正当性」を主張し、911のEV化をすんなり成功させる計画か

そしてこういった状況を敏感に察知したのか、ポルシェは現行バッテリーの技術をベースにした改良型バッテリーを生産する計画を公表しており、これをもって「つなぎ」とする可能性も。

なお、フォルクスワーゲングループもソリッドステートバッテリーに対して前向きに取り組んでいた企業であったものの、最近はその方面の話を聞かず、ポルシェの方向性、そしてランボルギーニが他ライバルとは異なり「エレクトリックハイパーカーを(当面)発売しない」ということからも、現在の製品ポートフォリオにソリッドステートバッテリーを組み込むことはできないと判断しているのかもしれませんね。

ランボルギーニ
ランボルギーニの新型電動モデルは「ハイパーカーではなく2+2のハイライダー」。エストーケの現代版とも言えるモデルになりそうだ

| ロータスやフェラーリのようなハイパーカーではなく、ロールス・ロイス”スペクター”のような「2+2」となるもよう |この記事のもくじ| ロータスやフェラーリのようなハイパーカーではなく、ロールス・ロ ...

続きを見る

あわせて読みたい、バッテリー関連投稿

ポルシェ・タイカンのインテリア
ポルシェが「ハイパフォーマンスカー、限定モデル」のみに搭載するという新型バッテリー開発計画を公開!バッテリー製造と充電インフラ構築を急ぎ、EVにおけるアドバンテージ獲得を目指すようだ

| リマックへと出資した成果がついに形として現れる? |この記事のもくじ| リマックへと出資した成果がついに形として現れる? |そのほかにはこんなメリットもポルシェは「電動化環境」の構築を急ぐ現在、タ ...

続きを見る

テスラとLGとが新型バッテリー工場を建設し「バッテリー需要逼迫」に備える
テスラとLGとが新型バッテリー工場を建設し「バッテリー需要逼迫」に備えるとの報道。なおGMは「リチウムメタル」バッテリー開発開始、トヨタは「ソリッドステート」実用化を目指すなど各社各様

| テスラは次世代バッテリーよりもリチウムイオンバッテリーの可能性を追求するようだ |この記事のもくじ| テスラは次世代バッテリーよりもリチウムイオンバッテリーの可能性を追求するようだ |バッテリー確 ...

続きを見る

BMWが2025年から「50%安く、30%長距離を走行でき、30%早く充電できる」新型バッテリーを2025年から採用すると発表。やっぱりEVは買い時が難しいな・・・
BMWが2025年から「50%安く、30%長距離を走行でき、30%早く充電できる」新型バッテリーを2025年から採用すると発表。やっぱりEVは買い時が難しいな・・・

| 高額な費用を支払い購入した電気自動車の性能がどんどん劣化してゆくのはちょっと悲しい |この記事のもくじ| 高額な費用を支払い購入した電気自動車の性能がどんどん劣化してゆくのはちょっと悲しい |しか ...

続きを見る

参照:Inside EVs

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■そのほか自動車関連/ネタなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5