ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■そのほか自動車関連/ネタなど

このままEVが売れ続ければ深刻な充電器不足となるようだ。単純計算にて、米では2025年に現在の5〜9倍、2030年には8〜16倍の充電器が必要に

投稿日:2023/01/14 更新日:

テスラ

| そして最も大きな問題は「誰が充電器を設置するのか」である |

さらには都市部などでは「設置する土地がそもそもない」という問題も

さて、EV普及を妨げている大きな理由は「車両の割高さ」と「充電インフラ不足」だということが様々な統計から明らかになっていますが、今回「米国では、EV市場の成長にインフラが追いつくためには、2025年までに国内のEV充電器の数を最低でも4倍に増やす必要がある」という調査結果が公開されることに。

これによれば、現在米国で使用されているEVは190万台で、この数字は道路を走る車両のわずか0.1%にしか過ぎないものの、今後EVの数は2025年までに780万台に膨れ上がり、10年後までには2830万台に達するかもしれないと予測しています。

テスラ・モデルY
英国ではEVへの関心が薄れる?EV購入を検討する人々は世代によって最大19%も減少することに。なお最大の心配事は「充電施設」そして「航続可能距離」

| EVの普及にはまだまだ障壁が多そうだ |この記事のもくじ| EVの普及にはまだまだ障壁が多そうだ |解決すべき問題は明白ではあるものの、その問題がなかなか解決できない「ほしいEV」についても変化が ...

続きを見る

公共の樹誘電設備はEVの普及に追いつかない

そしてこの調査では、「たとえドライバーの大半が自宅で充電するようになったとしても」公共の充電スタンドの需要は膨大なものになるだろうとしており、現在の米国ではレベル2充電ステーションが約126,500基、レベル3充電ステーションが20,431基、さらにテスラのスーパーチャージャー等が16,822基あると推定していますが、2025年までに(EVが780万台にまで増えるとして)アメリカにはレベル2充電器が120万基、レベル3充電器が109,000基必要になるとしています。※レベル2充電器は中速充電器で、レベル3充電器は高速充電器のたぐいに分類される

ホンダ

さらにその先の2030年には、2,830万台のEVが普及するという予測となり、その場合には213万基のレベル2充電器と172,000基のレベル3充電器が必要になると分析していて、つまるところ2025年の時点でレベル2充電器が現在の9.5倍、レベル3充電器が5.3倍、2030年だとレベル2充電器が現在の16.8倍、レベル3充電器が8.4倍必要になるということを意味します(テスラのスーパーチャージャーは除いた計算)。

ただ、充電器の設置は現在加速傾向にあるといい、アメリカでは2022年中に設置された充電器の数が、それまでの3年間を合わせた数よりも多いとされ、その数は54,000基のレベル2充電器と10,000基のレベル3充電器が2022年に設置済み。

しかしそれでも充電器の数は全く足りず、米国政府が掲げた「充電インフラ整備のために5年間で50億ドルを投資」という計画の成り行きを見守りたいところでもありますね。

将来的に「バッテリーと充電器の関係」がどうなるのかはわからない

なお、今回の統計は単純に「EVの数と充電器の数」そして「現在のEVの性能」という観点からの単純計算であり、今後増加するEVのうち「個人と法人ユースの割合」「バッテリー性能の向上」という要素が加味されておらず(これは推測のしようがないので仕方がない)、しかしこれが将来的にどうなるのかは全くの未知数。

電力不足もここまで来たか。スイスで「EVの充電禁止」導入目前、欧州では「暖房は19度まで」「動画の閲覧は標準画質で」など厳しい制限が課されている

仮にEVの「法人ユース」が増えれば、「自宅で充電することが多い個人ユースのEV」とは異なり、公共充電スタンドで(出先で)充電されることが多くなって想定よりも多くの公共充電スタンドの数が必要とされるのかもしれませんし、バッテリー密度が向上すれば「充電時間あたりの走行可能距離」が長くなり、より少ない充電器の数で済むのかもしれません。

はたまた、今後バッテリーが現在主流の「リチウムイオン」から「ソリッドステート」へと移行すれば、現在の(せっかく設置した)充電スタンドは使えなくなるのかもしれませんし、今後いったいどうなるのかは全く予想ができない状況だと思います。

合わせて読みたい、関連投稿

トヨタ
豊田章男社長さらに激白!「EVは自動車業界の唯一の未来ではない。皆そう思っているのに、自分以外は誰も声をあげようとしない」。たしかに理解はできるものの・・・

| まずトヨタは他社に対抗できるEVを発売してから言うべきだと思う |この記事のもくじ| まずトヨタは他社に対抗できるEVを発売してから言うべきだと思う |さらに、EV以外の手段を実現させてから言うべ ...

続きを見る

電力不足もここまで来たか。スイスで「EVの充電禁止」導入目前、欧州では「暖房は19度まで」「動画の閲覧は標準画質で」など厳しい制限が課されている
電力不足もここまで来たか。スイスで「EVの充電禁止」導入目前、欧州では「暖房は19度まで」「動画の閲覧は標準画質で」など厳しい制限が課されている。寒い冬になりそうだ

| こういった制限に対し、住人はそれでもやむなしと感じているのか、EV推進政策に不満を感じているのかはちょっと気になる |この記事のもくじ| こういった制限に対し、住人はそれでもやむなしと感じているの ...

続きを見る

テスラ
米国と欧州でEV販売比率が増加、それぞれ新車販売のうち5.1%と12%がEVに。なお日本ではわずか1.5%にとどまり、名実ともにEV後進国へ

| たしかに日本国内でEVが走っているのを見る機会はそれほどない |この記事のもくじ| たしかに日本国内でEVが走っているのを見る機会はそれほどない |来年は米国、欧州ともさらにEV販売比率が大きく伸 ...

続きを見る

参照:S&P Global Mobility

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-■そのほか自動車関連/ネタなど
-, , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5