ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マクラーレン(McLaren)

マクラレーン新CEO激白!「これまでは品質に妥協し、顧客に迷惑をかけた。だがこれからは品質の向上に務める」。加えてラインアップやデザインの多様化にも言及

投稿日:

マクラーレン・アルトゥーラ

| やはりマクラーレン前CEOは更迭されたと考えていいのかも。それまでの経営は健全とは言えなかったようだ |

これから大きく変わるであろうマクラーレンには要注目

さて、マクラーレンCEOは電撃辞任したマイク・フルーイット氏からマイケル・ライタース氏へと交代がなされていますが、マイケル・ライタース氏はポルシェでプロダクトラインディレクター、フェラーリでチーフテクノロジーオフィサーとして働いた経験があり、ポルシェではカイエン、フェラーリではプロサングエの開発に関わった重要人物です。

アーヘン大学で工学博士号と機械工学の学位を持ち、成功を収めたブランドにおいて重責を果たしたということで、マクラーレンにおいても一層の活躍が期待されますが、今回はカーメディアに対して非常に興味深いコメントを行っています。

マクラーレン
マクラーレン新CEOに前フェラーリ重役、そしてポルシェに在籍したマイケル・ライターズ氏が就任。プロサングエ、カイエンの開発経験を買って「マクラーレンもSUVを」?

| このシナリオは「マクラーレンがSUVを開発」するもっとも現実的なものでもある |この記事のもくじ| このシナリオは「マクラーレンがSUVを開発」するもっとも現実的なものでもある |マクラーレンの今 ...

続きを見る

マクラーレンは過去に「妥協」していた

これらのコメントはマクラーレンの過去における失敗、そして今後の改善対策について述べたもので、まずは「私がCEOへと就任した後、過去には完成されていない製品を受け入れて、それを発売し、そのまま顧客に提供することがあったという話を内部から聞いた」というショッキングな告白からはじまります。

ただ、同氏はすぐさまこれに手を打ち、「アルトゥーラは、それをしなかった最初のプロジェクトとなりました。クルマが熟成されていないことがわかったので、納品をストップしたのです。当時すでに生産ラインに大きな遅れが出ていたので、品質問題を解決するために(生産を)1日0台まで減らしました」とも。

アルトゥーラはこれまでに3回の発売延期を喫していますが、その理由は「チップ不足」だけではなかったという事実が今回明かされ、加えてマイケル・ライタース氏は「アルトゥーラに完璧を求めようと生産を停止した」ことで会社の財務状況を危険に晒したとも認めていて、これによってマクラーレンが多数のコレクションを売却せざるを得なくなったのは既報の通り。

L1370792

マクラーレン・アルトゥーラ
マクラーレンが275億円の赤字を計上、165億円ぶんのF1マシンなどヘリテージコレクションを売却したとの報道。まだまだ回復までの道のりは険しそう

| なんとかアルトゥーラを発売せねばならない状況ではあったが、そのための資金確保に困難が生じる |この記事のもくじ| なんとかアルトゥーラを発売せねばならない状況ではあったが、そのための資金確保に困難 ...

続きを見る

マクラーレンは今後どうなるのか?

その次にマイケル・ライターズ氏が語ったのが「今後の焦点は品質である」ということ。

「これ(発売延期)を行うことは、会社の財務状況を悪化させるリスクを伴いますが、私たちが行った非常に重要な変更でもあります。販売店やお客さまに伝えるべき重要なメッセージ、それは、これからは品質が重視されるということです。もう、”このクルマはすごく速く走るから、魅力的だから、多少の品質の問題は許してね”とは言いません。もう、そうではないのです」。

そして今後の目標のひとつは「ラインアップをシンプルにすること」だと述べていて、マクラーレンはこれまで開発費を抑えるために「同じエンジン、同じプラットフォーム」を使用して複数車種を展開していたという特性を持ちますが、そのため(どうしても似たようなラインアップになるので)製品ラインアップ間の食い合いが生じていたことも否定できず、一旦これを整理し、その後に改めて新しいラインアップを追加することを考えているようですね。

これについて、「マクラーレンはスタートアップ的な考え方に偏っている」ともコメントしており、つまり今はブランドを先鋭化するために特定カテゴリのみを攻める段階ではなく、マクラーレンは次のステップに進む時期に来ているといい、そして新しいラインアップとしては、ポルシェ・タイカン、アウディE-Tron GTに対抗する電動セダンも検討されていて、しかし現在の電動化技術はエレクトリックスーパーカーを発売できる域には達していない、とも。

L1370778

これについては、「私はEVの技術がスーパーカーを作るほど成熟しているとは思っていません。スーパーカーを作るなら、軽くなければならない。そう、速くなければならないし、限界まで追い込んでもある程度の航続距離の自律性がなければならない。しかし、今日の技術やこれから出てくる技術をもってしても、今日のガソリンエンジン搭載スーパーカーと同じように使うことができるエレクトリックスーパーカーを作るのはまだ難しいでしょう」。

いずれにせよ、マクラーレンは今後「製品ラインアップの合理化」「より明確なポジショニングと各製品の明確なヒエラルキーづくり」に取り組むことになり、さらに「マクラーレンとして識別できるブランドのデザイン言語を望んではいるが、特定のモデルには特定の外観が必要である」とも述べ、つまり今後のマクラーレンはデザイン面においても幅が出てくると考えていいのかもしれません。

L1370734

そのほか、パワーよりも重要なものがあるといい、「パワーそのものはあまり重要ではなくなってくるでしょう。今日、1000kW(1340bhp)の車を買うことができ、1000馬力、1200馬力というのはもう差別化要因にはならないので、何か別のものを発明しなければなりません。ビークルダイナミクスは、今後、ブランド間の最も重要な差別化要因の1つになるでしょう」とも。

これらコメントの内容を見る限りでは、今後のマクラーレンにおいて、その品質はもちろん、ラインアップやデザインなど多くものが目に見えて変わってくることになるものと思われ、いっそうの期待がかかります。

あわせて読みたい、マクラーレン関連投稿

マクラーレン
マクラーレンがSUVに続きエレクトリックセダンを投入?新CEO「我々にとって重要な指標は、潜在的に、より多くの乗員が車内で共有できる能力なのです」

| マクラーレンは新CEOのもとで新たなる価値観を追求することになりそうだ |この記事のもくじ| マクラーレンは新CEOのもとで新たなる価値観を追求することになりそうだ |今どき「SUVはブランドの価 ...

続きを見る

マクラーレン
マクラーレンCEOがついにSUVに言及!「SUVを愛しているし、重要な市場だ」。実際にこの新CEOはポルシェでカイエン、フェラーリでプロサングエの開発を主導

| ボクとしてはマクラーレンがSUVを発売することは大歓迎 |この記事のもくじ| ボクとしてはマクラーレンがSUVを発売することは大歓迎 |むしろSUVを否定しブランドが衰退することのほうを恐れている ...

続きを見る

マクラーレン×TUMI(トゥミ)に新シリーズ登場!マクラーレンらしくカーボンファイバーを使用したスーツケースやバッグが4アイテム追加
マクラーレン×TUMI(トゥミ)に新シリーズ登場!マクラーレンらしくカーボンファイバーを使用したスーツケースやバッグが4アイテム追加

| マクラーレンとカーボンファイバーは切っても切れない関係にある |この記事のもくじ| マクラーレンとカーボンファイバーは切っても切れない関係にある |かなり高価ではあるが、マクラーレンのファンであれ ...

続きを見る

参照:EVO

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->マクラーレン(McLaren)
-, , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5