ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンのデザイナーが交代!ベントレーのチーフデザイナーがその職を辞して参戦、今後新しいデザイン言語の練り直しやカスタム車両の製作にも携わる

投稿日:2023/04/23 更新日:

マクラーレンのデザイナーが交代!ベントレーのチーフデザイナーがその職を辞して参戦、今後新しいデザイン言語の練り直しやカスタム車両の製作にも携わる

| 例によってフォルクスワーゲングループからの流出となり、同グループではよほど生き残りが難しいらしい |

マクラーレンはCEOの交代以降、急速にその変革を進めている

さて、マクラーレンはそのCEOを「入れ替えた」ところですが、今回はチーフデザイナーが「入れ替わった」との報道。

今回新しくマクラーレンのチーフ・デザイン・オフィサーに就任するのはトビアス・スールマン氏で、同氏は2020年10月から2021年9月にかけてマクラーレンに勤務したことがあり、その間に特別プロジェクトのチーフデザイナーとして、ソルス(Solus)GTの制作に参加したのだそう。

ただ、その後に同氏はマクラーレンを離れ、ベントレーのエクステリアデザイン責任者となり、2023年1月にはフォルクスワーゲングループ内の内部再編に伴い、デザインディレクターへと昇格しています。

「見た目も乗った印象も、まるで別の惑星から来た乗り物のようだ」。マクラーレンがソルス(SOLUS)GTを発表、アルティメット・ヴィジョン・グランツーリスモの市販版
「見た目も乗った印象も、まるで別の惑星から来た乗り物のようだ」。マクラーレンがソルス(ソラス/SOLUS)GTを発表、アルティメット・ヴィジョン・グランツーリスモの市販版

| しかも搭載されるのは5.2リッターV10自然吸気・マクラーレンはどこからこのエンジンを入手したのか | ソルスGTの価格は4億5000万円〜6億5000万円だとも さて、先日「シングルシーターの限 ...

続きを見る

やはりフォルクスワーゲングループからは流出が多い

そしてトビアス・スールマン氏はベントレーのデザイン部門のトップとなった4ヶ月後にその職を辞してマクラーレンに移籍したということになりますが(実際の着任は9月から)、フォルクスワーゲングループからはとにかくデザイナーの流出が多く、フラビオ・マンツォーニ氏(現フェラーリのチーフデザイナー)、ワルター・デ・シルヴァ氏、フィリッポ・ペリーニ氏、サシャ・セリパノフ氏、ルク・ドンカーヴォルケ氏など、ブガッティやランボルギーニのデザイナーなどが多くの他自動車メーカーへと流れています。

元ブガッティ、ケーニグセグのデザイナー「愛車は日産R35 GT-R。ヴェイロンの90%の性能で価格はわずか3%。これしかない。最高だ」
元ブガッティ、ケーニグセグのデザイナー「愛車は日産R35 GT-R。ヴェイロンの90%の性能で価格はわずか3%。これしかない。最高だ」

| サシャ・セリパノフ氏は昔ながらのデザイン手法によって深くクルマに関わりたいと考えるデザイナーだった | そしてそのクルマの存在意義、目的を重要視している さて、かつてクルマのデザインというと著名な ...

続きを見る

話をトビアス・スールマン氏に戻すと、同氏は着任以降、マクラーレンの美学に関するあらゆる側面に責任を持つことになり、たとえばエクステリアとインテリアのスタイリング、さらにはカラーや素材も管理し、顧客との連携によるオーダーメイド車両の製作までを手掛けることになるのだそう。

1

マクラーレンCEOであるマイケル・ライターズ氏は「トビアス・スールマンは、非常に経験豊富なカーデザイナーであり、これまで当社の画期的なソルスGTプロジェクトに携わり、マクラーレンを理解してくれています。さらにトビアス・スールマンは、当社のフューチャー・オブ・パフォーマンス事業戦略の一環として、発展途上の製品ポートフォリオにつき、マクラーレンの新しいデザイン言語を開発する上で主導的な役割を果たすことになるでしょう」とコメント。

マクラーレン
参考マクラーレン新CEOに前フェラーリ重役、そしてポルシェに在籍したマイケル・ライターズ氏が就任。プロサングエ、カイエンの開発経験を買って「マクラーレンもSUVを」?

| このシナリオは「マクラーレンがSUVを開発」するもっとも現実的なものでもある | マクラーレンの今後の動向には期待がかかる さて、マクラーレンの新しいCEOにマイケル・ライターズ氏が指名された、と ...

続きを見る

マクラーレンは急速にその事業方針を刷新しつつある

マクラーレンはCEOを交代させた後に重役を相次いで入れ替えていて、(エレクトロニクス業界から役員を連れてくるフェラーリとは異なり)自動車界からエグゼクティブを起用する機会が多くなっており、たとえばリヴィアンを経てチーフテクニカルオフィサーに就任したチャールズ・サンダーソン氏や、フェラーリから新車種ラインエグゼクティブディレクターに就任したエマヌエーレ・ラベグリア氏といった顔ぶれも。

マクラーレンは「SUVを作らない」ことですっかり流れに取り残されたという印象がありますが、株主としてはそれを許容できず、よって(SUVに明るい)マイケル・ライターズ氏をCEOに起用した後、今回はトビアス・スールマン氏を招き入れることでそのブランドイメージやデザイン言語を刷新することに注力しているということになりそうですね。

合わせて読みたい、関連投稿

マクラーレンが株主より113億円の資金を獲得!加えてフェラーリ・プロサングエの開発担当者ほか2名を獲得し、「エレクトリック」「SUV」方面を強化か
マクラーレンが株主より113億円の資金を獲得!加えてフェラーリ・プロサングエの開発担当者ほか2名を獲得し、「エレクトリック」「SUV」方面を強化か

| マクラーレンがSUVを発売したとしても、もはや誰も文句を言うものはいないだろう | フェラーリ、ランボルギーニ、アストンマーティンの例を見ても、SUVが会社を潤すのは明らかである さて、経営のため ...

続きを見る

マクラーレン
マクラーレンがSUVに続きエレクトリックセダンを投入?新CEO「我々にとって重要な指標は、潜在的に、より多くの乗員が車内で共有できる能力なのです」

| マクラーレンは新CEOのもとで新たなる価値観を追求することになりそうだ | 今どき「SUVはブランドの価値を下げる」と考えるのはナンセンスだと思う。むしろ速いSUVを作れると示すことのほうが重用か ...

続きを見る

フェラーリのホイール
フェラーリが新人事を発表!エレクトロニクス業界出身の新CEOのもと、マイクロソフト他IT業界出身者で幹部が固められることに。一つの時代の終焉か

| なんといっても、今やフェラーリは「もっとも電動化比率が高いスーパーカーメーカー」となっている | 意外やフェラーリはほかメーカーに比較して電動化への対応が速かった さて、フェラーリではルイス・カミ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

興味の範囲が広く、猫、小説、映画、音楽、腕時計、クルマなど。 酒、タバコ、ギャンブルは一切しません(ある意味では自分の人生そのものがギャンブル)。 いま欲しいクルマはアルピーヌA110。

->マクラーレン(McLaren)
-, , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5