ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ブガッティ

CG職人がブガッティに劣らぬ速さで新作「ディーヴォがル・マンに参戦したら」レンダリングを公開

投稿日:

| CG職人が超速にてブガッティ・ディーヴォの「もしも」系レンダリング作成 |

ブガッティ・ディーヴォはつい先日その新型車「ディーヴォ」を発表したばかり。
W16エンジンを4つのターボで加給して1500馬力を発生するハイパーカーですが、その速さにも劣らないスピードにて、今回CGアーティストLaurent Scmidt氏が「もしもブガッティ・ディーヴォがル・マンに登場したら」というレンダリングを作成して公開。

ディーヴォはシロンと同じドライブトレーンを持つものの、「最高速狙い」ではなくて「コーナリングスピード向上」を狙ったクルマ。

そのために軽量化やサスペンションの強化、レース用ギアボックスの採用、アンチロールバー強化などを図ったモデル。

ブガッティの頂点「ディーヴォ」参上。1500馬力、0-100km/h加速2.4秒、6.2億円のハイパーカー

ディーヴォはレーシングカー並みのポテンシャルを持っている

とにかくブガッティ・ディーヴォは桁外れの性能を誇り、0-100キロ加速はガソリン車ではもはや敵がないと言える「2.4秒」。

もちろんレースに出てもそれなりの成績を収められるとは思うものの、問題がいくつかあって、ぼくが考えるのは「コスト」「燃費」「整備性」。

コストについてはもはや語る必要もはいほどで、車両本体価格があまりに高く、参戦コストが高額になりすぎるということですね。
加えてタイヤなど消耗品のコストも高く、まずレーシングカーとして現実的とは言えないクルマ。

ブガッティ「シロン」ついにオフィシャル公開。タイヤ交換に400万必要なヴェイロンより「維持費は安い」

さらに燃費の悪さも特筆もので、全開走行すると理論上は24分くらいしか走れないとしており、これではやはりレースを戦うのは難しそう(とくにル・マンのような耐久レースはキツい)。

そして現代のブガッティについて、もともとレース参戦を考えていないということもあり、そのため整備製は良いとは言えない部類。
これもレースでは不利に働くところですね。

【動画】オイル交換1回あたり230万円のブガッティ・ヴェイロン。自分で交換してみたらこうなった

なお、FIAがハイパーカーが走れるカテゴリを新設するとしていますが、これはおそらく実現しないのでは無いか、と考えています。

というのもハイパーカーとは「限界を越えようとして」自由な発想と新しい技術で作られたクルマ。
つまり何かの枠に収まらないことを目指して設計されたクルマを、レギュレーションという「枠」に押し込んでしまうのは難しく、メーカー側もそれを望んではいないだろう、と思うのですね。

よって、「ハイパーカーでレース」というのはレンダリングやゲームの中にとどめておく方がいいのかもしれません。

FIAが「ハイパーカーが走行可能な」新カテゴリのプランを公開。AMGプロジェクト・ワンしか走れない?

VIA:Laurent Schmidt

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ブガッティ
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5