ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ブガッティ

元F1ドライバー所有のブガッティ・シロンが駐車中に後ろのクルマにぶつかる!なぜこれだけの人が周りにいるにもかかわらず、だれも誘導しなかったのか・・・

投稿日:

元F1ドライバー所有のブガッティ・シロンが駐車中に後ろのクルマにぶつかる!なぜこれだけの人が周りにいるにもかかわらず、だれも誘導しなかったのか・・・

| もしかするとシロンのほうはちょっとした補修にて状況を復元できそうだが |

ヒットした後にだけ集まってくる人々のなんと浅ましいことよ

さて、モナコにてエイドリアン・スーティル(元F1ドライバー)の所有するブガッティ・シロン・ピュールスポール(ピュアスポーツ)がクラッシュし、その際の動画がインスタグラム上に公開されることに。

エイドリアン・スーティルのシロンはシルバーの車体前半にクリアグリーンカーボンの後半という他にない仕様を持っており、その印象的な姿からグリーン・ラプソディとも呼ばれています。

ちなみにエイドリアン・スーティルはF1参戦時代、128戦において一度も表彰台を獲得できず、「表彰台未獲得の出場回数」記録を更新したことがあり、かつF1の去り際は「暴行事件による訴訟(有罪判決を受けている)というものでしたが、2020年には生産わずか20台という希少なマクラーレン・セナLMをクラッシュさせてしまったことがあり、「目立った成績を残せなかった割に相当な収入があるようだ」というちょっと不思議な人でもありますね。

元F1ドライバーが20台のみ限定のセナLMでクラッシュ。マクラーレンはこのクルマの存在を公にしたくなかったものの事故によって広く知られることに

| フロントセクションが消失するほどの大クラッシュ |この記事のもくじ| フロントセクションが消失するほどの大クラッシュ |納車からわずか半年での事故おそらくは「スピードの出し過ぎ」?こんな記事も読ま ...

続きを見る

ブガッティ・シロン・ピュールスポールのクラッシュはこうやって起きた

そこで今回のブガッティ・シロン・ピュールスポールのクラッシュについて、モナコにて縦列駐車をしようとしていた際に発生したようで、シロンをいったん前に振り出してバックを開始。

2022-08-11 7.47.20

結構狭いスペースですが、慎重にバックさせ・・・。

2022-08-11 7.47.22

結構危険水域に達し・・・。

2022-08-11 7.46.34

メキョっと嫌な音を立ててシロンのリアディフューザー上部がメルセデス・ベンツのナンバープレートとバンパーを押しつぶすことに。

2022-08-11 7.46.35

なお、この際のドライバーがエイドリアン・スーティルであったかどうかは不明であり、そして周囲からは(シロンとメルセデス・ベンツが当たった瞬間)「Oh...」という声が聞かれていますが、周囲に人がいるにもかかわらず、誰も誘導していないのにはちょっとびっくり。

ちなみにですが、昨年にもモナコの高級ホテル前にて、同じようにバックして縦列駐車をしようとするブガッティ・ディーヴォが後ろのメルセデス・ベンツにヒットしてしまうという一件があり、この際にも(ホテルの人含め)だれもディーヴォを誘導しなかったことに驚かされたものですが、モナコではこれが「当たり前」なのかもしれません。

パリの高級ホテル前にてブガッティ・ディーヴォが「バックしすぎて」後ろのベンツにぶつかる!修理代金はどれくらいなんだろうな・・・
【動画】パリの高級ホテル前にて6.5億円の限定ハイパーカー、ブガッティ・ディーヴォが「バックしすぎて」後ろのベンツにぶつかる!修理代金はどれくらいなんだろうな・・・

| もうちょっとホテルの人がしっかり見てあげていれば良かったのにと思う |この記事のもくじ| もうちょっとホテルの人がしっかり見てあげていれば良かったのにと思う |幸いなことに大きなダメージはなさそう ...

続きを見る

参考までに、国によってこういった状況での人々の対応はかなり異なるといい、「道で気分が悪くなり座り込んだフリをして、どれくらいの人が助けるか」を調べるために行った社会実験によると、欧州(とくに北の方)では声をかける人がほとんどおらず、逆にアメリカでは最初に通りがかった人が声をかけたり、周りからも人が集まって心配してくれたりするという例が見られたといい(アメリカ人優しいな)、ここは「地域ごとの特性」が現れたということなのかもしれません。

もう一つ参考までに、かの有名な建築家、アントニオ・ガウディは道端で倒れ、(身なりが質素さったこともあるそうですが)誰からも助けられずそのまま亡くなったと言われるので、欧州では少なからず「他人とは関らない(関わるのが失礼という考え方もあるようだ)」という傾向が強いのだとも考えられます。

エイドリアン・スーティルのブガッティ・シロン・ピュールスポールがクラッシュする動画はこちら

あわせて読みたい、クラッシュ関連投稿

【動画】その価値40億円と言われるフェラーリ250GT SWB ブレッドバンがイベントでクラッシュ!保険はどうなるんだろうな・・・
【動画】その価値40億円と言われるワンオフモデル、フェラーリ250GT SWB ブレッドバンがイベントでクラッシュ!保険はどうなるんだろうな・・・

| 見たところダメージは小さくはなく、相当な修理費用を覚悟する必要がありそうだ |この記事のもくじ| 見たところダメージは小さくはなく、相当な修理費用を覚悟する必要がありそうだ |この機会にフェラーリ ...

続きを見る

OH!クリスティアーノ・ロナウド所有のブガッティ・ヴェイロン(市場価格3億円)がクラッシュ。なお運転していたのは本人ではなく「運転のために雇った誰か」
OH!クリスティアーノ・ロナウド所有のブガッティ・ヴェイロン(市場価格3億円)がクラッシュ。なお運転していたのは本人ではなく「運転のために雇った誰か」

| その事故の規模は小さくはなく、おそらくは相当に高額な修理費用が必要に |この記事のもくじ| その事故の規模は小さくはなく、おそらくは相当に高額な修理費用が必要に |自業自得なのかもしれないが、ドラ ...

続きを見る

【動画】公道ラリー「ガムボール3000」にてランボルギーニ・アヴェンタドールとマクラーレン570Sとがクラッシュ!衝撃で横のBMW i8にもとばっちり
【動画】公道ラリー「ガムボール3000」にてランボルギーニ・アヴェンタドールとマクラーレン570Sとがクラッシュ!衝撃で横のBMW i8にもとばっちり

| さすがに今の世の中ではこういった暴走行為は誰からも許容されないと思う |この記事のもくじ| さすがに今の世の中ではこういった暴走行為は誰からも許容されないと思う |けが人も巻き込まれたクルマも無か ...

続きを見る

参照:carvilux(Instargram)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ブガッティ
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5