ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アウディ(Audi)

さよならアウディTT・・・。欧州にてTTの最終限定モデル「TT RSクーペ アイコニック エディション」が100台のみ限定発売、ボディカラーはすべてナルドグレー

投稿日:

さよならアウディTT・・・。欧州にてTTの最終限定モデル「TT RSクーペ アイコニック エディション」が100台のみ限定発売、ボディカラーはすべてナルドグレー

| アウディTTはボクが「完璧」だと考えるクルマの一台である |

TT RSクーペ アイコニック エディションのエアロパーツはなかなかにカッコイイ

さて、アウディは先日「R8のファイナルモデル」ともいうべき新型R8 GTを33台のみ限定発売すると発表しましたが、今回はおそらくTTのファイナルモデルとなる「TT RSクーペ アイコニック エディション」を100台のみ限定にて発売する、と発表(現時点では欧州市場のみの投入予定)。

さよならアウディR8・・・。アウディがR8の最終記念限定モデル、「R8 GT」を333台のみ発売。先代(12年前)とへのオマージュを盛り込みつつ「ドリフト仕様」へ
さよならアウディR8・・・。アウディがR8の最終記念限定モデル、「R8 GT」を333台のみ発売。先代(12年前)とへのオマージュを盛り込みつつ「ドリフト仕様」へ

| 初代アウディR8 GTの「マットスズカグレー」を設定、さらにレッドカラーのシートベルトも復活 |この記事のもくじ| 初代アウディR8 GTの「マットスズカグレー」を設定、さらにレッドカラーのシート ...

続きを見る

なお、アウディTTはすでにオープンモデルの「ロードスター」の生産が終了し、地域によっては販売終了、さらに北米ではTT RSの販売が終了済み。

つまりはどんどんその生息域が限定されており、もう「絶滅間近」なモデルのひとつです。

後継モデルは「5ドアハッチバック、SUVスタイルになる」という話もあったものの、現時点ではアウディが(半ば)公式に後継モデルはない、ともコメントしていますね。

アウディR8
アウディ「R8やTTがアイコンだった時代は終わった。その後継モデルは単にエンジンをモーターに入れ替えたのみでは意味がなく、新しいセグメントへゆかなければならない」

| アウディは一応、R8とTTを生き残らせる方法を考えているようだ |この記事のもくじ| アウディは一応、R8とTTを生き残らせる方法を考えているようだ |アウディ「今年、ガソリン車よりも多くのEVを ...

続きを見る

アウディTT RSクーペ アイコニック エディションはこんな外観を持っている

そこでこのアウディTT RSクーペ アイコニック エディションがどんなクルマなのかを見てみたいと思いますが、ボディカラーは全車ともボディカラーは「ナルドグレー」。

これはアウディのRSモデル専用色ではありますが、このボディカラーの登場によって「グレーが脚光を浴びるようになった」と言われ、多くのチューンドカー、カスタムカーがこのボディカラーへと再ペイントされているほか、同系色のボディカラーが各社から登場しています(BMWはなぜか純正オプションにてこのカラーを設定している)。

Audi-TT-RS-Iconic-Edition (2)

参考【動画】アウディ純正カラーに塗装されたBMW3シリーズ!驚くべきことにBMWはポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニの純正カラーをOP設定しているぞ

| アウディの”ナルドグレー”はオプション価格60万円くらい |この記事のもくじ| アウディの”ナルドグレー”はオプション価格60万円くらい |この「アウディ純正カラー」にペイントされたBMWは”BM ...

続きを見る

今回のTT RS アイコニック エディションにつき、最大の特徴はそのアグレッシブなエアロキットで、これはR8 GT同様、2017年にアウディスポーツが発足した際に発表されたオプションのエアロパーツ群をベースにしたもの(その頃のTTはまだフェイスリフト前だったので、今回はフェイスリフト後の外装にマッチするように微調整がなされている)。

Audi-TT-RS-Iconic-Edition (19)

フロントだとスプリッターにカナード(エアロフリック)、バンパー内にはブレードが追加。

Audi-TT-RS-Iconic-Edition (8)

サイドには専用デザインのサイドステップ(一部がピアノブラックにペイントされる)。

Audi-TT-RS-Iconic-Edition (10)

ホイールは7スポークデザイン(やはりピアノブラック仕上げ)、ブレーキキャリパーもブラックです。

Audi-TT-RS-Iconic-Edition (17)

リアにはバンパーサイドエクステンションにカーボン製リアディフューザー。

Audi-TT-RS-Iconic-Edition (16)

リアウイングはグースネック形状を持っています(翼端はカーボン製)。

なお、リアサイドウインドウには「Iconic Edition」のロゴが見えますね。

Audi-TT-RS-Iconic-Edition (18)

フロントグリルやバッジ、エンブレム(フォーリングス)、ドアミラーなどもピアノブラック。

アウディTT RSクーペ アイコニック エディションはこんな内装を持っている

そしてこちらはアウディTT RSクーペ アイコニック エディションのインテリア。

ブラックのアルカンターラにジェットグレーのナッパレザーという組み合わせを持っており、ステッチはイエローです。

Audi-TT-RS-Iconic-Edition (13)

マットやシートの背もたれにはイエローにて「RS」ステッチ。

Audi-TT-RS-Iconic-Edition (14)

フロアマットにはレザーの縁取りも用いられています。

Audi-TT-RS-Iconic-Edition (12)

ダッシュボードやメーターバイザーにもイエローステッチ、そしてステアリング・ホイールの12時位置にはイエローのセンターマーク入り。

Audi-TT-RS-Iconic-Edition (11)

アウディTT RSクーペ アイコニック エディションのパワートレインは通常のTT RSと変わらず2.5リッター5気筒ターボ、出力は394S/780Nm。

トランスミッションは7速Sトロニック、駆動輪はもちろん4輪(クワトロ)、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は280km/hというスペックを誇ります。

アウディTTは完璧なクルマのひとつ

なお、アウディTTはぼくの考える「完璧な」クルマのひとつ。

手頃なサイズ感を持ち、スタイリッシュで、質感の高い内外装を持ち、エンジンはパワフル、しかし燃費に優れ、(モデルによって)AWDを採用するのでいかなる条件でも安全に速く走ることができ、しかもマトリクスヘッドライトやバング&オルフセン製オーディオなどオプションも充実している、というクルマ。

Audi-TT-RS-Iconic-Edition (9)

正直言って「非の打ち所がなく」、とくにエアコンの効きが優れ、内装はきしみ音ひとつたてないので、だれか他の人を乗せるときにも気を使わずにすむのもありがたいところ(ポルシェのスポーツモデルは内装のノイズが大きく、けっこう同乗者に気を使う)。

Audi-TT-RS-Iconic-Edition (7)

ただし一般的に大きな人気を獲得するまでに至るクルマではなく、リセール価格もイマイチなのが玉に瑕ですが、これは「SUV全盛、スポーツカーにとって冬の時代」という直接のアオリを受けたものだとも思われます。

Audi-TT-RS-Iconic-Edition (5)

そのためにアウディとしては(いかにTTがエポックメイキングなモデルであったとしても)後継モデルを開発することが難しいのだと思われ(アウディ社内にはTT派閥があり、後継モデルをプッシュしているようだが、上層部が開発を許可しない)、しかし個人的には「SUVであっても」継続して欲しいクルマ。

ちなみにですが、ぼくは「ターボブルーのTTSの出物」があれば買っておこうと考えていて、ときどき中古車検索をかけています(売るときに相当に値が下がるので、新車で買う勇気はない)。

Audi-TT-RS-Iconic-Edition (3)

合わせて読みたい、アウディTT関連投稿

さよならアウディTT RS・・・。米市場にて販売終了、祖先にあたる「アウディ・クワトロ」のボディカラーをイメージした「TTRSヘリテージ・エディション」が限定販売
さよならアウディTT RS・・・。米市場にて販売終了、祖先にあたる「アウディ・クワトロ」のボディカラーをイメージした「TTRSヘリテージ・エディション」が限定販売

| 通常では選択できないボディカラーやカラーコンビネーションを持ち「ウイングレス」という特別仕様 |この記事のもくじ| 通常では選択できないボディカラーやカラーコンビネーションを持ち「ウイングレス」と ...

続きを見る

コレ出たらゼッタイ買う!アウディTTのオフローダー、「TTサファリ」が公開に

| 今のところワンオフモデル、残念ながら市販化の可能性は低い | アウディがファンイベント向けに制作されたアウディTTのワンオフモデル、「TTサファリ」を公開。フォルクスワーゲン、アウディ、シュコダは ...

続きを見る

アウディTTSコンペティション
アウディはまだTTを見捨てない!TTSに「コンペティションプラス」、TT/TTSに「ブロンズセレクション」追加

| アウディはTTを現行限りで販売終了とするものの、社内には熱い支持派も多数いるようだ |この記事のもくじ| アウディはTTを現行限りで販売終了とするものの、社内には熱い支持派も多数いるようだ |アウ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アウディ(Audi)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5