ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

ポルシェCEO「次期718ケイマン/ボクスター登場までには数年かかる。現時点ではEVとなるかガソリンエンジンを積むか何も決まってない」。このままだとガソリン継続の可能性が大きそう

投稿日:2021/03/22 更新日:

ポルシェ718ケイマン

| やはりバッテリー性能がポルシェの求めるレベルに達していないようだ |

さて、次期718ケイマン/ボクスターは「EVになる」と言われていましたが、最新の情報だと「EVの可能性のほか、ガソリンエンジンの可能性も検討中」。

これはポルシェCEO、オリバー・ブルーメ氏が英国トップギアに対して語ったもので、「次期718ケイマン/ボクスターがディーラーに並ぶのにはあと数年はかかるだろう。なぜなら、現時点ではそれらがどういったパワートレインを積むか待った決まっていないからだ」。

次期718ケイマン/ボクスターはEVになるはずだったが

なお、ボクスター/ケイマンについては、987世代の頃からEVの可能性が検討されており、実際にポルシェはピュアエレクトリック版のボクスターやケイマンを試作し公開したことも。

ポルシェ「ボクスターはEV化に適している。今年中にEV化するかどうかの判断を行うつもりだ」。もしかすると次期ボクスター/ケイマンはEVに

ポルシェは過去にピュアエレクトリック版ボクスター/ケイマンを試作している ポルシェがなんと「ボクスターをエレクトリック化する」という話が浮上。これはポルシェCEO、オリバー・ブルーメ氏がカーメディア「 ...

続きを見る

ただ、ここ最近になってこの方向性を覆すコメントもいくつか見られており、その原因と思われるのが「バッテリーの新加速度が予期したよりも遅い」ということ。

ポルシェはエレクトリック化に際して非常に積極的な自動車メーカーで、カイエンやパナメーラにはPHEVを設定し、ピュアエレクトリックモデルとして「タイカン」を発売し、さらにそのワゴン版「タイカン・クロスツーリスモ」を発表済みです。

加えて現行(992世代の)911のモデルライフ後半からハイブリッドを投入するとしていたものの、それについてもどうやら怪しそう。

やはり現在のバッテリーはポルシェの求めるレベルにはない

これらについてはバッテリー密度がポルシェの期待するレベルにまで高まっていないからだとされており、(ちょっと前には)そのレベルのバッテリーを積むと「とうていスポーツカーとは呼べないクルマになる」とも述べています。

ポルシェが「EV化する」としていた次期ボクスター/ケイマンの方向転換?「現在のバッテリーを積むと、それはスポーツカーとは呼べないシロモノになる」

| 「年2−3%しか進化しない」リチウムイオンバッテリーでは役に立たない |この記事のもくじ| 「年2−3%しか進化しない」リチウムイオンバッテリーでは役に立たない |問題はバッテリー重量こんな記事も ...

続きを見る

そして今回のインタビューでは「EVだろうとガソリンエンジンだろうと、我々はパワーソースに関係なく”スポーツカー”を作ることは可能だ。ただし現在のバッテリーは十分な性能を持つとは言えず、それはここ数年で改善しそうにない」。

よって、こういったコメントを見る限りでは、次期718ケイマン/ボクスターは「ガソリンエンジン継続」だと考えて良さそうですね(でなければ、まだ数年現行718シリーズを継続し、3〜4年後にピュアエレクトリックモデルへと切り替えるか)。

ポルシェは自社でバッテリーを開発すると発表済みだが

なお、ポルシェはグラファイトの代わりにシリコンを使用した新型バッテリーを開発するとつい先日発表済み。

ただしこれについてはコストの理由なのか生産数が限られるのか「レーシングカー、ハイパフォーマンスカー、もしくは限定モデルのみに」搭載するとも。

となるとこのバッテリーが(量販モデルである)次期718ケイマン/ボクスターに積まれる可能性は低いと考えられ、やはり次期718ケイマン/ボクスターはガソリンエンジン搭載が濃厚なのかもしれません。

ポルシェ・タイカンのインテリア
ポルシェが「ハイパフォーマンスカー、限定モデル」のみに搭載するという新型バッテリー開発計画を公開!バッテリー製造と充電インフラ構築を急ぎ、EVにおけるアドバンテージ獲得を目指すようだ

| リマックへと出資した成果がついに形として現れる? |この記事のもくじ| リマックへと出資した成果がついに形として現れる? |そのほかにはこんなメリットもポルシェは「電動化環境」の構築を急ぐ現在、タ ...

続きを見る

合わせて読みたい、関連投稿

VWがテスラ・ロードスター対抗のエレクトリックスポーツ、もしくは次期ポルシェ718の兄弟となるEVを発売とのウワサ

| フォルクスワーゲンにとって、スポーツカーを発売するチャンスは今しかない |この記事のもくじ| フォルクスワーゲンにとって、スポーツカーを発売するチャンスは今しかない |エレクトリックカーはバリエー ...

続きを見る

ポルシェ「次期718ケイマン/ボクスターにはHV、PHEVを投入」。一方、ピュアエレクトリック版の718も検討中

ピュアEV版718はEV専用プラットフォームを採用し、他の718とは異なるクルマに ポルシェがスポーツカーのエントリーシリーズとなる「718(ボクスター/ケイマン)」のモデル構成を根本から見直す、との ...

続きを見る

次期ポルシェ・ボクスター/ケイマンは400馬力のEVへ?さらには次世代アウディTT、ランボルギーニ”ウラッコ”リバイバルモデルと車体共有のウワサ

| ランボルギーニ・ウラッコ復活のウワサははじめて聞いた |この記事のもくじ| ランボルギーニ・ウラッコ復活のウワサははじめて聞いた |どんどん色々なウワサが出てくるぞなんと話はランボルギーニにまで拡 ...

続きを見る

参照: Top Gear

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5