ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche) ■自動車各社業績/ランキング/記録等

2022年1−9月においてポルシェの利益が41%増加!「もっとも儲かるポルシェ」、911シリーズの販売が伸びたことがその理由だと報じられる

投稿日:

ポルシェ

| もともとポルシェ911は非常に儲かることでも知られているが |

しかしカイエンやマカンよりも利益が出るというのはちょっと驚きでもある

さて、ポルシェはついに新規株式上場(IPO)を果たし、その上場後にも株価が上昇しフォルクスワーゲンの時価総額を抜くほどの勢いを見せていますが、今回「2022年1~9月期の利益が41%増になった」との報道。

この期間、出荷台数は217,198台から221,512台へと2%増、売上高は231億2000万ユーロから267億4000万ユーロへと16%増加していますが、一方で営業利益は35億9000万ユーロから50億5000万ユーロへと41%も増加しており、とにかく「(売上増加以上に)儲かった」ということになりますね。

ポルシェ
ポルシェがついに上場(IPO)!時価総額は10兆円、VWとほぼ並び、フェラーリの倍近い規模へ。現時点でも「まだ上がる」派と「株価の維持は難しいだろう」派とでまっぷたつ

| ポルシェが売出し価格を上限に設定したこと、そしてそれを維持したことは多くの投資家にとって驚きだったに違いない |この記事のもくじ| ポルシェが売出し価格を上限に設定したこと、そしてそれを維持したこ ...

続きを見る

ポルシェの利益の理由はどこにあったのか

そこでポルシェがなぜここまで利益を出すことができたのかについて掘り下げてみると、(ポルシェいわく)一つの要因は為替レート。

昨今は日本でも「円安」が問題となっていますが、正確に言うならば円安というよりはドルの単独高という状況であり、よってユーロもドルに対しては価値を下げているわけですね。

となるとほぼすべてのクルマをドイツにて製造し、そしてその多くをアメリカに出荷しているポルシェとしては為替差益を享受することになり、これがひとつの「収益が大幅に改善した」理由なのだそう。

そしてもう一つの理由につき、もっとも利益率の厚い911の販売台数が伸びた(9%増の30,611台)ことを挙げています。

ポルシェが「カスタムカラー」を160色追加し、「オーダーメイドカラー」の対応を広く開始したと発表。なおケイマンGT4RSだとそれぞれ166万円と332万円ナリ

なお、ぼくとしてはこれに加えて、「オプション装着率」が上がったことも一つの原因ではないかとも考えており、というのもポルシェのオプション装着率は年々増加しているとされ、ちょっと前には車両価格の30%が平均だとされていたので、今だと40%くらいの装着率なのかもしれません(車両価格が1000万円であれば、400万円のオプションを装着する、という意味)。

とくに911は趣味性が強く、自分だけの911を作るために多額のオプション費用を投じるオーナーが少なくはないものと思われ、これも利益の大幅増に貢献したのでは、と考えているわけですね。

ポルシェ911
衝撃!ポルシェ911は「世界でもっとも儲かるクルマ」。ポルシェの販売台数に占めるのは11%なのに利益の30%を稼いでいた

| もともとポルシェは利益率の高いメーカーだが、その稼ぎ頭が911 | ブルームバーグによると、「世界で最も儲かるクルマ」は新型ポルシェ911(992)とのこと。世間一般には「SUVがもっとも儲かる」 ...

続きを見る

そしてポルシェはこう語る

今回の結果について、ポルシェの財務部門を統括するルッツ・メシュケ氏によれば「世界的に大きな課題が山積しているにもかかわらず、ポルシェは2022年の最初の9ヶ月間において、非常に力強い財務的成長を達成しました 。この不安定で困難な市場環境において、私たちは特にコスト管理と魅力的な製品ポートフォリオを通じ、収益性の高い経営を行っていることを証明しています。同時に、私たちはモダンラグジュアリー戦略を断固として推し進めており、今回の利益はその成果のあらわれだと捉えることもできるでしょう」。

ただ、ポルシェにとってはいいことばかりだけではなく、ちょっと前には(ポルシェ属する)フォルクスワーゲングループにて、EV向けソフトウエアを開発している子会社、カリアッドの業務進捗が芳しくなく、予定していたマカンEVの発売が大幅に遅れる、とも報じられています。

そしてこれはカイエンEVにも影響するとされ、よってここだけは「予想外」だったのかもしれませんね。

ポルシェ
ポルシェが「マカンEV」の開発と発売の遅れを正式に認める!なお718後継、カイエンEVも同時に遅れる可能性があり、アウディ、ベントレーなどVWグループ全体に開発遅延

| どうやらフォルクスワーゲン自前のソフトウエア会社の開発業務に遅れが出ているようだ |この記事のもくじ| どうやらフォルクスワーゲン自前のソフトウエア会社の開発業務に遅れが出ているようだ |ポルシェ ...

続きを見る

あわせて読みたい、ポルシェ関連投稿

リアシートなし!ポルシェが軽量シンプルな新型911カレラTを発表、これまで以上に走りに特化しビジュアル面でも「T」を強調
リアシートなし!ポルシェが軽量シンプルな新型911カレラTを発表、これまで以上に走りに特化しビジュアル面でも「T」を強調

| ポジションとしては911カレラと911カレラSの中間、しかしパフォーマンスはカレラS寄り |この記事のもくじ| ポジションとしては911カレラと911カレラSの中間、しかしパフォーマンスはカレラS ...

続きを見る

ワンオフモデル「ポルシェ911カレラ・パナメリカーナ・スペシャル」公開!1952年に356Sがカレラ・パン・アメリカーナへと参戦した際の仕様を限りなく再現
ワンオフモデル「ポルシェ911カレラ・パナメリカーナ・スペシャル」公開!1952年に356Sがカレラ・パン・アメリカーナへと参戦した際の仕様を限りなく再現

| ただしスポンサーロゴなどは権利の関係もあって一部再現できない |この記事のもくじ| ただしスポンサーロゴなどは権利の関係もあって一部再現できない |ポルシェは過去にもモータースポーツでの輝かしい歴 ...

続きを見る

ポルシェが「2023年のタイカンの航続距離を大幅UP」と発表!物理面は変更せずソフトによってのみ効率を向上させ、2020−2022年モデルのオーナーもアップデートにてメリットを享受可能
ポルシェが「2023年のタイカンの航続距離を大幅UP」と発表!物理面は変更せずソフトによってのみ効率を向上させ、2020−2022年モデルのオーナーもアップデートにてメリットを享受可能

| それでもポルシェ・タイカンの航続距離はライバルに対して優位に立っているとは言えないようだ |この記事のもくじ| それでもポルシェ・タイカンの航続距離はライバルに対して優位に立っているとは言えないよ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche), ■自動車各社業績/ランキング/記録等
-, , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5