ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche) ■自動車各社業績/ランキング/記録等

ポルシェ・タイカンが発売から3年余りで10万台の販売を記録!あわせて10万キロ以上走行したオーナーも紹介され、そのトラブル内容も公開

投稿日:

ポルシェ・タイカンが発売から3年余りで10万台の販売を記録!あわせて10万キロ以上走行したオーナーも紹介され、そのトラブル内容も公開

| できれば10万キロを走行した場合の維持費も公開してほしかったが |

なお、今でも充電インフラの問題は依然解決されていないもよう

さて、ポルシェが「2019年9月に生産を開始したばかりのタイカンについて、10万台目の車両を生産した」と発表。

この10万台目のタイカンのボディカラーはネプチューンブルー、そして納車先は英国の顧客だと報じられています。

タイカンはポルシェにとって初の市販EVですが、発売直後から(EVならではの高いプライスゾーンにかかわらず)大きな人気を獲得し、よってポルシェは工場のラインを2倍に増やしたり、同グループ傘下にあるアウディから作業員を借りるなどして増産を行ったことも。

ポルシェ・タイカン
【今日のニュース:ポルシェ編】タイカンが人気すぎてアウディの工員400名がポルシェを手伝いに行く。ジャミロクワイもタイカンを絶賛etc.

| ポルシェ・タイカンは現時点で唯一テスラ・モデルSに対抗できるEVかもしれない |この記事のもくじ| ポルシェ・タイカンは現時点で唯一テスラ・モデルSに対抗できるEVかもしれない |ジャミロクワイの ...

続きを見る

まさかタイカンがこんなに早く10万台を生産するとは

まさかタイカンがここまで早く、わずか3年で10万台という記念碑を建てることになるとは思わなかったものの、それは当のポルシェも同じようで、公式プレスリリースでは「私たちは、半導体不足やコヴィッドの不安定な状況といった最近の困難な状況にもかかわらず、このように早く生産史上の節目を迎えることができたことを大変嬉しく思っています。タイカンによって、私たちは電気自動車時代のすばらしいスタートを切ることができました」とコメントしています。

ポルシェはこの「10万台」という節目を迎えるに際して「10万キロ」を走破したオーナーも数名紹介しており、たとえば2020年8月にタイカン4Sを購入した運送企業に務めるジャン=ユベール・レボロン氏は1日に1,200キロを走ることもあるといい、現在の走行距離は10万キロどころか18万キロを超えているといいます。

ただ、サスペンション・センサーの不具合を除けばタイカンは好調そのもので、同氏いわく、タイカンはこれまで所有した車の中で最も信頼できるクルマなのだそう。

1058177

そのほか、911タルガを所有するマルセイユ在住の薬剤師、ギヨーム・タクボリアン氏は「911タルガのサウンドも好きですが、長距離を走るとタイカンの静けさがとても心地よく、とにかく運転するのが楽しい」と語っており、現在の走行距離は114,000キロ、そして電動ファンのノイズにに関する問題にてパーツを交換したのが唯一のトラブルだとしています。

ポルシェの社員にもタイカンで長距離を走るオーナーがー折、マルクス・クロイテル氏は2021年2月以来135,000キロを走破し、経験したのはテールゲートロックのプラスチックカバーが外れるというマイナートラブルのみ(これはよくあるトラブルらしい)。

なお、タイカンのバッテリー残存率も非常に優れているといい、マルクス・クロイテル氏によれば「91%の容量を保っている」のだそう。

1058182

こういったコメントを見るに、「初のEV」であるにもかかわらず、タイカンは非常にトラブルの少ない車だと考えてよく、ガソリン車のように油脂類の交換が不要なため、維持費もかなり安いと考えていいのかもしれません(ただしパワーとトルクが大きく、重量が重いので、ポルシェのほかのクルマに比較してタイヤの消耗は早いと思う)。

ただしEVの普及にはまだまだ課題も

そして実際に「日常の足」としてタイカンに乗ったからこそわかる事実もあり、マルクス・クロイテル氏によれば「充電インフラの貧弱さが依然として問題である」。

同氏は「ルーマニアでのある旅は、私の記憶に残っています。ティミショアラで夜中の 2 時に入った最初の充電ステーションは、残念ながら機能しなかった。次のアラドのステーションは、照明のない脇道にありました」と述べており、これは多くのタイカンのオーナーが指摘しているとおりでもありますね。

実際のところ、多くのアンケートでは、EVを購入しない理由について、その価格でも航続距離でもなく「充電インフラ」不足を懸念しているといい、やはりEVの普及を促進仕様となると「ここが真っ先に解決すべき課題」なのかもしれません。

ポルシェ・タイカンを購入した人気ユーチューバー、EVに乗る苦労を語る
【動画】ポルシェ・タイカンを購入した人気ユーチューバー、EVに乗る苦労を語る。「これほどツラい思いをしたことはない」「自身の忍耐力を試されている」

| 自宅に専用充電器を設置できる環境になければ、「充電難民」となるのは目に見えている |この記事のもくじ| 自宅に専用充電器を設置できる環境になければ、「充電難民」となるのは目に見えている |ただし航 ...

続きを見る

あわせて読みたい、ポルシェ・タイカン関連投稿

またまたポルシェ・タイカンが珍(世界)新記録を達成!「24時間で14カ国を訪問した。EVでこれを達成した例はまだない」
またまたポルシェ・タイカンが珍(世界)新記録を達成!「24時間で14カ国を訪問した。EVでこれを達成した例はまだない」

| ポルシェは様々なEV珍記録の達成をバックアップしているようだ |この記事のもくじ| ポルシェは様々なEV珍記録の達成をバックアップしているようだ |これまでには長時間ドリフトやキャノンボール記録も ...

続きを見る

ポルシェが「2023年のタイカンの航続距離を大幅UP」と発表!物理面は変更せずソフトによってのみ効率を向上させ、2020−2022年モデルのオーナーもアップデートにてメリットを享受可能
ポルシェが「2023年のタイカンの航続距離を大幅UP」と発表!物理面は変更せずソフトによってのみ効率を向上させ、2020−2022年モデルのオーナーもアップデートにてメリットを享受可能

| それでもポルシェ・タイカンの航続距離はライバルに対して優位に立っているとは言えないようだ |この記事のもくじ| それでもポルシェ・タイカンの航続距離はライバルに対して優位に立っているとは言えないよ ...

続きを見る

ポルシェがタイカン・ターボSにてニュル「EV最速」レコードを更新!おなじみ反則OP装着でのアタックにてなんとかテスラ・モデルSプレッドのタイムを2秒短縮
ポルシェがタイカン・ターボSにてニュル「EV最速」レコードを更新!おなじみ反則OP装着でのアタックにてなんとかテスラ・モデルSプレッドのタイムを2秒短縮

| 確かに出力の差はあるが、パワーだけでニュルを速く走ることはできず、テスラ・モデルSプレッドの実力を認めざるを得ない |この記事のもくじ| 確かに出力の差はあるが、パワーだけでニュルを速く走ることは ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche), ■自動車各社業績/ランキング/記録等
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5