ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

まさかのポルシェ944「6輪トラック」コンバートが中古市場に!その価格も「まさか」の2470万円、誰が買うのコレ・・・

投稿日:2023/01/18 更新日:

まさかのポルシェ944「6輪トラック」コンバートが中古市場に!その価格も「まさか」の2470万円、誰が買うのコレ・・・

| ベースはポルシェ944、しかし各部には993型911ターボ、924、968など各世代のポルシェの純正パーツが採用されていた |

改造にかかったのは2500時間、なかなかここまでカスタムするツワモノも少ないだろう

さて、ポルシェのクルマは非常にタフであり、これまでに生産されたうち、じつに70%の車両が健在だといいますが、そういった健在な(しかし安価な)ポルシェをベースにした改造車が多数存在するのもまた事実。

そしてこれまでにも様々なポルシェのカスタムカーがネット上を賑わせており、しかし今回紹介する「ピックアップトラック」「6輪」化された944は極めて稀な存在かと思います。

なぜ?エネオスが「ポルシェ911GT3に、スバル・インプレッサWRX STIのエンジンをスワップ」したカスタムカーを作成!カラーリングもあの「555」っぽい仕様に
なぜ?エネオスが「ポルシェ911GT3に、スバル・インプレッサWRX STIのエンジンをスワップ」したカスタムカーを作成!カラーリングもあの「555」っぽい仕様に

| エネオス「ポルシェとスバルとの共通点は、オンロード、オフロードともに豊かなモータースポーツの歴史を持っていることである」 |この記事のもくじ| エネオス「ポルシェとスバルとの共通点は、オンロード、 ...

続きを見る

現在、この6輪ポルシェ944は約2470万円で販売中

なお、このポルシェ944は現在約2470万円にて販売中となっており、つまりとんでもない価格にて販売されているわけですが、販売者はその価格を正当化するために「2,500時間を改造に費やした」と主張しています。

改造を開始したのは1995年ですが、なんだかんだで時間を要してしまい、実際にできあがったのは2021年なのだそう。

搭載されるエンジンはポルシェ968から移植した自然吸気3.0リッター4気筒エンジンで、チューニングがなされているかどうかはわからないものの、このエンジンはノーマルで240PSを発生するという高性能ユニット。

トランスミッションは5速マニュアル・ギアボックスが搭載され、6輪のうち実際に駆動するのはリヤの前側の2輪のみ(後ろの2輪は駆動しない)。

なお、ホイールは993世代の911ターボの純正品(BBS製)、そしてサスペンションはKW製だと紹介されており、けっこう良いパーツを使用しているようですね。

1

フロントエンドはポルシェ944 S2のものを使用し、しかしヘッドライトはレアモデルである924カレラGTSからの流用品。

ちなみにこのボディカラー「コンチネンタルオレンジ」と紹介されており、アクセントカラーは現代風のブラックです。

ポルシェが「40年前にワルター・ロールが駆った924カレラGTS」をレストア
ポルシェが「40年前にワルター・ロールが駆った924カレラGTS」をレストアし、同氏の74歳にサプライズプレゼント!「40年前にタイムスリップしたかのようだ」

| ワルター・ロールが最初に買ったクルマは「金欠につき、エンジンがついていない中古のポルシェ356」だった |この記事のもくじ| ワルター・ロールが最初に買ったクルマは「金欠につき、エンジンがついてい ...

続きを見る

車体後半は完全にオリジナル

ただ、何といってもこのポルシェ944最大の見どころはこの「リアセクション。

荷台は2,050ミリの長さを誇り、こんな感じでバイクも搭載可能。

2

荷台のフロアにはオーク材を使用し、ブリスターフェンダーや丸形テールランプ、ヒッチメンバーも備えます。

ちなみにこのリアセクションにはポルシェ的要素は見られず、強いていえばブリスターフェンダーがかろうじて944を連想させるくらい。

3

インテリアにもしっかり手が入っており、2シーターへと変更されてシートやドア内張りにはオレンジの素材が使用され、ステッチにはオレンジ、ステアリングホイールの「PORSCHE]文字もオレンジです。

4

シートヒーター、着脱式カメラ、リバースカメラといった快適装備も持っており、意外と実用性が高いのかもしれませんね。

5

合わせて読みたい、奇妙なポルシェのカスタム関連投稿

羊の皮を被った狼?いや逆か・・・。ポルシェ・ボクスターの外観をプジョーの変態車、205ターボ16風に改造したカスタムカー
羊の皮を被った狼?いや逆か・・・。ポルシェ・ボクスターの外観をプジョーの変態車、205ターボ16風に改造したカスタムカーが登場

| それにしてもなぜポルシェ・ボクスターをプジョー205風にしようと考えたのかはわからない |この記事のもくじ| それにしてもなぜポルシェ・ボクスターをプジョー205風にしようと考えたのかはわからない ...

続きを見る

改造費用は2450万円!ゲンバラがポルシェ911ターボ(993)をチューンした「公道を走るル・マン・レーサー」、GTR600
改造費用は2450万円!ゲンバラがポルシェ911ターボ(993)をチューンした「公道を走るル・マン・レーサー」、GTR600が競売に

| けっこう高く評価されていて、現在1700万円超まで価格が上昇中 |この記事のもくじ| けっこう高く評価されていて、現在1700万円超まで価格が上昇中 |コンセプトは”公道を走るル・マン用レーシング ...

続きを見る

【動画】ここまでマッドマックスな魔改造は見たことない!ポルシェを殺傷能力MAXなロードウォリアーに改造したツワモノ登場

| これ絶対警察に停められるやつ |この記事のもくじ| これ絶対警察に停められるやつ |”マッドマックス”ポルシェ・ボクスターはこんなクルマだマッドマックスなボクスターのインテリアはこうなっているこん ...

続きを見る

参照:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ポルシェ(Porsche)
-, , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5