>アルファロメオ/アバルト/フィアット

アルファロメオ「ドイツのメーカーと肩を並べることができるようになれば、新型スポーツカー、ワンオフや少量生産プロジェクトもありうる」。なお現在の販売は20年前の1/8に

2022/02/13

アルファロメオ

| アルファロメオの新CEOは現実を見つつ、新たな取り組みについても意欲を見せる |

ひとまずは「トナーレ」をヒットさせることが最重要課題

さて、アルファロメオのジャン・フィリップ・インパラートCEOによれば、「電動化を進め、主力モデルが(親会社である)ステランティスの期待する業績を上げることができれば、将来的にワンオフや少量限定モデルといったプロジェクトを行う可能性がある」とのこと。

なお、ステランティスは「傘下のブランドについて、10年間の猶予と予算を与え、収益化の方向を模索する」とコメントしており、すでにいくつかのブランドは新しい方向性へと向けて動き出していて、たとえばプジョーは早速ロゴを変更し「高級化路線を進む」という声明を出しています。

マセラティについてはMC20を発表していて、これを核に(過去のモータースポーツでの栄光を全面に押し出し)よりプレミアムなスポーツブランドへと変化してゆくことになりそうですね。

ランチアが「ランチア・コンセプト」を公開すると予告!現時点ではイプシロン、デルタ、フラッグシップの3モデルの登場が確定しているが、やっぱり「ストラトス」を期待したい
ステランティスが「傘下のブランドにつき、ブランド確立のために10年の猶予と、必要な予算を与える」。これはもうランチア・ストラトス、デルタの復活を期待するしかない

| ステランティスは「太っ腹」ではあるが資金はちょっと心配だ | さて、PSA(プジョー・シトロエン)とFCA(フィアット・クライスラー)とが合併してステランティスが誕生していますが、ステランティス下 ...

続きを見る

アルファロメオの今後は?

そして本題のアルファロメオですが、ジャン・フィリップ・インパラートCEOは「アルファロメオの伝統と情熱をけして忘れない」語り、さらにはデュエットやT33ストラダーレなど、将来のスポーツカーのインスピレーションとなる過去の象徴的なモデルについても言及。

アルファロメオ・ティーポ33ストラダーレ
アルファロメオ「ティーポ33/2ストラダーレ」は50周年。記念イベント開催

| いつの日か復活を希望 | Image:Alfaromeo アルファロメオが「ティーポ33/2ストラダーレ」の50週年記念を祝うイベントを開催。アルファロメオ・ティーポ33/2ストラダーレは1967 ...

続きを見る

とくに33ストラダーレについては多くのアーティストやデザイナーがそれをモチーフとした作品を発表しており、アルファ・ロメオにとってもっとも印象的なクルマのひとつということは間違いなさそうです。

アルファロメオ・ティーポ33ストラダーレの現代版が登場したら?独・伊デザイナーチームが「ストラダーレ33ヴィジオーネ」を発表
アルファロメオ・ティーポ33ストラダーレの現代版が登場したら?独・伊デザイナーチームが「ストラダーレ33ヴィジオーネ」を発表

| 現在のアルファロメオは、こういったリッチなモータースポーツの歴史を生かしておらず、ちょっともったいないと思う | F1参戦を期に、今後のブランドシフトを期待したい さて、イタリアやドイツのデザイナ ...

続きを見る

ただ、こういった過去のモデルをイメージしたワンオフモデル、そして少量生産限定モデルについては「明日起こりうるわけではない」とも強調し、それを現実にするためには冒頭に述べたとおり、なによりも「ステランティスの求める成功を示す必要がある」わけですね。

こういったエンスージアスト向けのプロジェクトにゴーサインをもらうため、アルファロメオは販売と利益の面で成果を出さなければならないわけですが、まずは数日前に発表された新型SUV「トナーレ」、そしてさらに発売が決まっているコンパクトなピュアエレクトリックSUVの2モデルによって販売台数を伸ばし、かつての栄光を取り戻す必要があるわけですね(アルファロメオの販売は、20年前のピークに比較して1/8くらいに縮小しているとされる)。

【動画】アルファロメオが新型SUV「トナーレ」を発表!ハンドリングに特化し車体にNFTを組み込むなど他ブランドとの差別化を行い、デザインも新世代に
【動画】アルファロメオが新型SUV「トナーレ」を発表!ハンドリングに特化し車体にNFTを組み込むなど他ブランドとの差別化を行い、デザインも新世代に

| アルファロメオはこのトナーレに対し、なみなみならぬ期待をかけているようだ | アルファロメオ「初」、自動車業界「初」が盛りだくさん アルファロメオがかねてよりティーザーキャンペーンを行っていた新型 ...

続きを見る

Alfa-Romeo-Tonale (3)

アルファロメオは具体的な計画を進行中

あわせてジャン・フィリップ・インパラートCEOは「価値創造、価格決定力、残存価値」を重視しているということに触れ、「同時に、一発逆転や数発逆転の可能性にも取り組んでいる」とコメント。

この中で残存価値ということについては(これまでと異なる)大きな変化があり、トナーレでは新車保証期間の延長、あたらしいサービス体制の導入、そして価値を担保するためのNFTとの組み合わせといった試みも。

これらについては「今後その成否が試される」ことにはなるものの、新しい成功へと向けて一歩踏み出したことは間違いなく、今後に期待したいところです。

なお、ジャン・フィリップ・インパラートCEOは「非常に多くのアイデアを持っている」と述べ、「5分もあれば、我々が考えていることの可能性を理解できる」アルファロメオ・ミュージアムの展示内容に触れ、そして刺激的な未来のクルマの存在を示唆しています。

加えて「今はまだ具体的なことは言えないが、今年の終わりにはもっと明らかにできるだろう」と”秘密のプロジェクト”に関しても言及していて、「仮にアルファロメオがBMW、アウディ、メルセデス・ベンツといった高級車メーカーに対抗することが可能となり、メインストリームとして認知されることに成功すれば、早ければ今年中に次のスポーツカーを示すことができる」とも語っており、目の前の現実的な成功に主眼を起きつつ、その後のさらなる展開についても様々な計画を持っているようですね。

合わせて読みたい、アルファロメオ関連投稿

アルファロメオ
アルファロメオ「2022年から2026年まで毎年1台、新型車を発表する。そして2027年からはすべてのモデルを電動化する」

| ひとまず2022年発表のニューモデルはトナーレとして、残る4台は? | アルファロメオは今後「ドライバビリティ」に特化するとコメントしているが さて、アルファロメオが「2022年以降、2026年ま ...

続きを見る

アルファロメオ
アルファロメオはほかブランドと逆に進むようだ!「我々は走るスマホやiPadを売るのではない。ディスプレイは極限まで少なくし、ドライバーズカーを作るのだ」

| アルファロメオは「ステランティス」が誕生したことによって大きくその方向性を変化させることに | 今後はより高級そしてプレミアムを目指すことになりそうだ さて、アルファロメオの新CEO、ジャン・フィ ...

続きを見る

アルファロメオのデザイン責任者がアレハンドロ・メソネロ=ロマノスへ
アルファロメオのデザイン責任者がアレハンドロ・メソネロ=ロマノスへ!ルノーやセアトで手腕を振るった「先進派」、今後アルファでは電動化と近代化を推進

| アルファロメオ属するステランティスでは今、急激な変化が起きている | プジョーは高級化、ランチアは新デザイナー獲得にて復活の道を探ることに さて、アルファロメオはデザイン部門の責任者としてアレハン ...

続きを見る

参照:Autocar

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アルファロメオ/アバルト/フィアット
-, , , ,