>アルファロメオ/アバルト/フィアット

スゴい外観のアルファロメオが競売に。名門カロッツェリアが復活をかけて1台のみ製作した「カスターニャ・ヴィットリア」。この外観で予想落札価格は2500万円

スゴい外観のアルファロメオが競売に。名門カロッツェリアが復活をかけて1台のみ製作した「カスターニャ・ヴィットリア」。この外観で予想落札価格は2500万円

| この外観に対する評価は分かれるだろうが、その発想のユニークさは認めざるを得ない |

このカロッツェリアが復活していたら、それはそれで面白いことになっていたであろう

さて、とんでもないルックスのアルファロメオがオークションへと登場予定。

このアルファロメオは(一見すると個人がガレージにて作ったクルマのようにも見えますが)イタリアのコーチビルダー、カロッツェリア・カスターニャによるワンオフモデルであり、1995年のジュネーブモーターショーにも展示されたことがあるのだそう。

なお、このカロッツェリア・カスターニャは1849年から1954年にかけて活動していた名門とのことで、1994年にはウベルト・ピエトラなる人物がこれを復活させようと試み、建築家であるジョアキーノ・アカンポーラへとデザインを依頼して作ったのがこの「アルファロメオ・カスターニャ・ヴィットリア」。

pU5beZTx5Xs24Q4JYkRHaeURxnLfC6fG6uKlVgCI

カスターニャ・ヴィットリアのベースはアルファロメオ75

このアルファロメオ・カスターニャ・ヴィットリアのベースはアルファロメオ75だそうですが、そのスタイルはアルファロメオ75とは全く異なるもので、完全に刷新されたボディワークを特徴としています。

hQyYurCANEfObZ4L5QBfOBxnRHQFgPhN4AjFEJq5

ボディタイプは2ドアクーペということになりますが、長いフロント オーバーハング、それに対して短いホイールベース、空力的に優れるであろうクーペ スタイルのルーフライン、コーダトロンカ風のロングテールなどが視覚的なハイライト。

4ZntbocC3D2lanKbIvvsPNUD4yew3K87jOb9sJgI

ちなみにこのリアのウインドウ形状はちょっとザガート的。

hSsVajarFyiA5ULLSrx17If3nQkJeCtE8Ai5Z29t

ヘッドライトはオペル・カリブラから移植し、フロントのスクデット・グリルは斬新な解釈によってボディ一体型に(格好良いかどうかは別として、この発想は素晴らしいと思う)。

nsY2GTmfn5EVX2aiOQSJ5cmqrqRIsDZ7Mr8DrI9A

搭載されるエンジンは255馬力を発生する3リッターV6(ベースモデルから少しパワーアップしている)、トランスミッションは5速マニュアル、そして駆動輪は後輪のみ。

GVCg6os3NpX9eBerpzkJV6wsaqCNmIDDkqDsyim8

足回りにはコニ製のショックアブソーバーとスプリングが組み込まれ、ブレーキシステムはブレンボ製にアップグレードされている、とのこと。

出品者によると「メカニズム的には良好」だそうで、走行距離はわずか2,500キロにとどまると説明されています。

wf7vLWllU7ygst6sh7AMxwm9zN53DKRtGzGzktO2

アルファロメオ・カスターニャ・ヴィットリアのインテリアはこうなっている

このアルファロメオ・カスターニャ・ヴィットリアのエクステリアにも驚かされますが、インテリアもまた驚くべき仕様を持っており、ちょっと他に例を見ない「グリーン」ベース。

RdCpEgdSjqrMtRIKuo0XEYSLcbGl2tjII50rzoY6

それに組み合わせられるのはウッドという、なんともゴージャスかつエキゾチックな組み合わせですね。

ycmXG8HMYFBpAWXeGJDJudxJOunrepLJhnLqHLv0

なお、オークション開催元によると予想落札価格は最高で135,000ポンド(現在の為替レートにて約2500円)という驚きのエスティメイトが出されており、「1台しか作られなかった」という希少性が評価されているのだと思われます(結局、新生カロッツェリア・カスターニャはこれを量産することはなく、この1台を製造したのみで再び活動を休止している)。

Zad1OP06Cu0GBGQrxCr9Va7le5pRci9smaJum4gt

合わせて読みたい、アルファロメオ関連投稿

このアルファロメオ8C 2300の予想落札価格はなんと4.9億円。製造されたのは90年前、そしてここまでオリジナルの状態が残る個体は非常に貴重
このアルファロメオ8C 2300の予想落札価格はなんと4.9億円。製造されたのは90年前、そしてここまでオリジナルの状態が残る個体は非常に貴重

| それにしてもフェラーリでもジャガーでもブガッティでもないクラシックカーが4億9000万円とは | それだけアルファロメオの評価も高く、そして現代のアルファロメオにも「未来の資産」を残してほしいと願 ...

続きを見る

現存するのはわずか3台、カロッツェリア・ギアのボディをまとうアルファロメオ1900C。レストア後の走行距離はわずか77km、美しすぎる姿を見てみよう
現存するのはわずか3台、カロッツェリア・ギアのボディをまとうアルファロメオ1900C。レストア後の走行距離はわずか77km、美しすぎる姿を見てみよう

| 事故後には本来とは異なる姿に改修されるも、直近のレストアにてオリジナルの姿にもどされる | アルファロメオのクラシックカーはときに驚愕のプライスで落札されることも さて、33ストラダーレを発表し、 ...

続きを見る

アルファロメオ史上最高落札額更新!ベルトーネによる「ベルリナ・エアロダイナミカ・テクニカ」がなんと15.5億円で落札される

| 当時、このシリーズはけっこうなインパクトがあったようだ | さて、コロナ禍にてクラシックカーバブルも一息つき、落札金額に足踏みが見られるとも言われますが、今回は「戦後のアルファロメオでの最高落札額 ...

続きを見る

参照:CAR & CLASSIC

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN(intensive911)

->アルファロメオ/アバルト/フィアット
-, , , , , ,