ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ >ランボルギーニ

ホワイト外装のレッド内装のフェラーリが人気なのになぜレッド外装ホワイト内装のフェラーリは無いのか

投稿日:2016/08/22 更新日:

ふと思ったんですよね。
日本ではビアンコ(ホワイト)のボディカラーにロッソ(レッド)の内装を持つフェラーリが最も人気が高いと言われるのに、なぜロッソ外装にビアンコ内装のフェラーリが無いのか?と。
多分格好良いなずなのになあ、と思って早速カーコンフィギュレーターで作ってみようとしたところ驚愕の事実が発覚。

なんと内装色の選択肢が15もあるのにビアンコ内装の設定が無い模様。
最も薄いカラーではTOTRA(グレー)かCREMA(ベージュ)となるようですが、ビアンコは無いようです。

ランボルギーニ・ウラカンの場合はホワイトは純白含む2色あるのですが、フェラーリにホワイト内装がないのは(フェラーリの内装はかなり選択肢があると考えていただけに)かなり意外。
その他ランボルギーニ・ウラカンだとグリーン、イエロー、オレンジといった鮮やかなカラーがありますが、フェラーリの内装はかなりシックな色合いが多いようです。
マクラーレンもランボルギーニとよく似たカラー構成を持ちますが、意外と内装色ではランボルギーニとフェラーリの間に設定色の差があるということですね(フェラーリはやはりシックで、ランボルギーニは見た目の通りアヴァンギャルドなのかもしれない)。

ですがフェラーリはテーラーメード・プログラムにて「なんでもできる」はずで、じゃあビアンコ内装を画像加工にて作ってみようかと思って加工したのが下の画像。

思ったよりも格好良くはなく、やはり「ビアンコ外装にロッソ内装」の方がずっと良さそうで、どうりでフェラーリは標準でビアンコ内装を用意していないはずだ、と思った次第です。

関連投稿
ランボルギーニ・ウラカンの内装テーマはスポルティーボとエレガンテ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ, >ランボルギーニ
-,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5