ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アウディ(Audi) >フェラーリ >ポルシェ(Porsche) >ランボルギーニ

エド・コンペティションがポルシェ911ターボをチューン。オリーブグリーンのオシャレな外観に

投稿日:2017/03/31 更新日:

エド・コンペティション(久しぶり)がポルシェ911ターボSカブリオレをチューン。
ボディカラーはオリーブグリーンで、ホイールやグリル、その他のパーツはブラックに。
内装もブラックとなっていますが、ホイールやグリルはブロスブラックが選択されているので「過度にミリタリー」っぽくならずにオシャレな雰囲気が演出できていると思います。

なおエキゾーストシステムはエド・コンペティションのオリジナルに置き換えられており、25馬力ほど出力が向上。

非常に珍しいカラーですが、スタイリッシュな雰囲気すらありますね。

なおエド・コンペティションはこれまでもハイパフォーマンスカーを中心にカスタムを行っており、ランボルギーニ・ムルシエラゴ、フェラーリFXX、マセラティMC12、アウディR8などを手がけています。


関連投稿:Edoコンペティションがポルシェ911GT3RS向けにカーボンパーツをリリース

エド・コンペティションがポルシェ911GT3RS向けに「カーボン・スポーツ・パッケージ」をリリース。
外装ではフロントフェンダーのエアアウトレット、サイドミラー、エアインテーク、リアウイングの翼端、リアフードの一部など。

ボディカラーはブラックに近いいグレーでカーボンと色調がよく合っていますね。

関連投稿:Edo コンペティションがアウディR8をチューン。ランボルギーニ・チェンテナリオ風

Edoコンペティションがポルシェ911GT3RSに続いてアウディR8をカスタム。
要所要所にカーボンパーツを使用していますが、ランボルギーニ・チェンテナリオ風のイエローアクセントが各所に用いられ、ブレーキキャリパーもイエロー。

トロン風ストライプが入りますが、これは全体的に入るのではなく一部にのみ入れられており、これがかえって効果的。

内装はブラックを基調としてイエローのステッチが入り(これは純正での選択かもしれない)、外装同様に渋い仕上がりです。

カーボンパーツ以外はあまりお金がかかっていないと思われますが、見た目の変化と差別化は大きく、結構満足感が得られるカスタムだと思います。


関連投稿:Edo Competitionがエッセンにてフェラーリ488GTB/アヴェンタドールのカスタムカーを展示

Ferrari-Lambo-5

エッセン・モーターショーにて、Edoコンペティションがフェラーリ488GTB、ランボルギーニ・アヴェンタドールのチューンドカーを展示する模様。
SEMAが陽気なアメリカ風チューニングカーの祭典だとすると、エッセンはガチでチューニングカーメーカーが性能を競うドイツの祭典ともいえます。

今回は画像のみの公開でチューニングの内容は不明ですが、フェラーリ488GTBはブラックにレッドのアクセント、ブレーキキャリパーもレッドという「アカクロ」仕様。
テールランプはレッドのままですが、当然狙っているものと思われます。

Ferrari-Lambo-7

一方アヴェンタドールはブラックにイエローがアクセントとして仕様されており、ブレーキキャリパーやコンチネンタルのロゴもイエローですね。

Ferrari-Lambo-4

Ferrari-Lambo-9

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アウディ(Audi), >フェラーリ, >ポルシェ(Porsche), >ランボルギーニ
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5