ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

ランボルギーニ史上最強!830馬力を発生する自然吸気V12エンジンを積むハイパーカー、”ESSENZA(エッセンツァ) SCV12”発表

投稿日:2020/07/29 更新日:

| 購入者は”専用ガレージ”を利用可能 |

ランボルギーニが先日より予告していたニューモデル、”ESSENZA”SCV12をついに発表。

これは行動走行不可、サーキット走行オンリーの限定ハイパーカーで、今回の発表にあわせて「ESSENZA」の名が与えられています。

このESSENZA(エッセンツァ/エッセンザ)は英語で言う「エッセンス」ということになりますが、「シアン」同様にこれまでのランボルギーニの伝統とは異なり「闘牛由来ではない」名称ということに。

そしてこのESSENZA SCV12についてもう一つ特筆すべきは、ランボルギーニのモータースポーツ部門「スクアドラコルセ」から発表されたということ(オフィシャル画像右上の、ランボルギーニエンブレムの上にイタリアンフラッグがあり、これがついているものはスクアドラコルセ名義だと思われる)。

ランボルギーニは自然吸気V12エンジンを守り抜く

ランボルギーニCEO、ステファノ・ドメニカリ氏によると、「我々ランボルギーニは、常に新しいチャレンジを行う会社だが、そのルーツを忘れることはけしてない。ESSENZA SCV12は、スーパースポーツカーメーカーとしての矜持、そしてモータースポーツへの情熱との完璧なコンビネーションだ」。

lamborghini-essenza-scv12

そして今回、ESSENZA SCV12の背景にはディアブロGTRそしてイオタの画像が使用されており、これはESSENZA SCV12の特別さ、そしてその素性を強調するためだと思われます。

lamborghini-essenza-scv12 (10)

ESSENZA SCV12に積まれるエンジンはアヴェンタドール系に積まれる6.5リッターV12をチューンしたもので、その出力は830馬力。※パワーウエイトレシオは1.66

これはランボルギーニ史上もっともパワフルな12気筒エンジンですが、高速走行時のラムエアによる出力向上が大きいようですね(ラムエアによってどれくらいパワーアップしているのはか明かされていない)。

lamborghini-essenza-scv12 (6)

トランスミッションはシャシーに構造物として組み込まれたX-trac製6速シーケンシャル。

新世代のカーボン製モノコックシャシーはその高い強度のためにロールケージが不要だとされ、ロールケージなしでもFIAの定める安全性を確保している、とのこと。

lamborghini-essenza-scv12 (5)

なお、アヴェンタドールSVJがニュルブルクリンク最速タイムを叩き出した際にはロールケージが組まれていましたが、このESSENZA SCV12は競技専用にもかかわらずロールケージが不要というのはちょっとした驚き。

この「新世代」カーボンモノコックはアヴェンタドール後継モデルに採用される可能性もありそうです(開発コスト吸収を考えると、やはり採用される可能性が大)。

lamborghini-essenza-scv12 (4)

ボディサイドにはランボルギーニの創業年である「1963」をあらわす”63”という数字が描かれていて、これはランボルギーニのルーツでもある「自然吸気V12エンジンを積む」という主張に他ならず、SEEENZA SCV12はその「ルーツ」に加え、最新のエアロダイナミクス、未来的なデザイン、革新的なソリューションを用いたクルマである、とも紹介されています。

lamborghini-essenza-scv12 (2)

なお、ダウンフォースについて言えば、GT3レーシングカーをも超える1,200kgを発生し、これはマクラーレン・セナの800kgを超えてブラバムBT62の1,200kgと並ぶレベル。

アストンマーティン・ヴァルキリーを除くと「現代で望みうる最大レベル」ということになりそうですね。

lamborghini-essenza-scv12 (3)

なお、このESSNZA SCV12購入者は「ESSENZA SCV12クラブ」に加入することができ、ランボルギーニ本社に設置される専用格納庫に車体を保管可能となるほか、アプリを使用して24時間通じ、自分のクルマを確認できる、とのこと(そして格納庫は、それぞれのクルマ専用にカスタムされる)。

lamborghini-essenza-scv12 (1)

さらに購入者は「ランボルギーニ・スクアドラコルセ・ドライバーズ・ラボ」の提供するトレーニングプログラムへの参加が許され、ランボルギーニの契約レーシングドライバーから直接指導を受けることができる、とも発表されています。

その内容からすると、フェラーリが提供するプログラム「コルサ・クリエンティ」に近いようにも思われます(現ランボルギーニCEO、ステファノ・ドメニカリ氏は元スクーデリア・フェラーリのCEO)。

【動画】世界一裕福なフェラーリ・クラブ、「コルセ・クリエンティ」はこう活動している!まるで自分がレースの主役になったかのようだ

| おそらくその活動費用は「天文学的数字」だが、”内容に見合っている” | 有数のスーパーカー系ユーチューバー、サロモン氏がフェラーリの「コルセ・クリエンティ」運営の様子を動画にて紹介。この「コルセ・ ...

続きを見る

lamborghini-essenza-scv12 (9)

シートはランボルギーニのパートナーでもあるOMP製。

リアウイングにはやはりパートナーであるロジェデュブイのロゴが入っており、その関係性の強さが伺えます。

lamborghini-essenza-scv12 (8)

参照: Lamborghini

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5