ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

ランボルギーニ・ウラカンのさらなる追加モデルは「JVストラダーレ」?ウラカンSTOのちょっとマイルド版になるというウワサ

投稿日:

ランボルギーニ

| ランボルギーニは相変わらず「攻撃の手を緩めない」 |

新CEOは自身のやり方でモデル展開をリブートする?

さて、ランボルギーニ・ウラカンに「2つのバリエーション」が登場することがステファン・ヴィンケルマンCEOへのインタビューから明らかになっていますが、そのひとつは「ステラート」で間違いなさそう。

こちらはすでにプロトタイプが目撃されており、かつてコンセプトカーとして発表されたとおり、ウラカンの車高を上げ、スキッドプレートなどオフローダー風の架装を施したモデルだと言われています。

【動画】雪上で華麗にドリフト!ランボルギーニ・ウラカンのオフロード版、「ウラカン・ステラート」のテスト車が目撃される
【動画】雪上で華麗にドリフト!ランボルギーニ・ウラカンのオフロード版、「ウラカン・ステラート」のテスト車が目撃される

| まさかランボルギーニが「ウラカン・ステラート」を発売するとは思わなかったが、現実に市場投入されることになりそうだ |この記事のもくじ| まさかランボルギーニが「ウラカン・ステラート」を発売するとは ...

続きを見る

そしてもう一台についてですが、先般ランボルギーニが「ステラート」に続き「テクニカ」なる商標を出願したことから「ウラカン・テクニカ」という名称が与えられるんじゃないかと見られていて、しかし今回「ウラカンJVストラダーレ」を名乗るという説があらたに登場。

ランボルギーニ・ウラカンSTO
ランボルギーニが「ウラカン・テクニカ」の商標を出願!ガヤルド時代の「テクニカ」は軽量ハイパフォーマンスなフラッグシップモデルだったが、ウラカンではどんなモデルに?

| さらにはアヴェンタドール同様、ウラカンでも伝統の「LP」ネームが復活なるか |この記事のもくじ| さらにはアヴェンタドール同様、ウラカンでも伝統の「LP」ネームが復活なるか |おそらくはなんらかの ...

続きを見る

ウラカンJVストラダーレは「ウラカンSTO」のマイルド版?

そしてここ数日、ウラカンJVストラダーレと見られるプロトタイプが目撃されており、画像を見ると「ウラカンSTOの控えめなモデル」。

フロントバンパーはウラカン・ペルフォルマンテのものに近く、フロントフェンダーやフロントフードは(STOではない)通常のウラカンと同じに見え、リアフェンダーやエンジンフードも通常版ウラカンと同様。

ただしリアにはウラカンSTOっぽいリアウイングが装着され、リアディフューザーはウラカンSTOっぽく見えるので、要は「ウラカンSTOとウラカン・ペルフォルマンテの中間」といった感じです。

ランボルギーニ・ウラカンSTO
【動画】ランボルギーニ大阪を知り尽くす「ワークショップツアー」に参加!美しいボディカラーのウラカンSTOも見てきた

| なかなか見ることができない「ランボルギーニ正規ディーラーの裏側」を見学してきたこの記事のもくじ| なかなか見ることができない「ランボルギーニ正規ディーラーの裏側」を見学してきたそれにしてもウラカン ...

続きを見る

これはポルシェで言う「911GT3ツーリング」のようなポジションだと思われ、ウラカンSTOのパフォーマンスは魅力的だが、アグレッシブすぎるルックスには尻込みしちゃうな・・・という人に向けたものかもしれません。

加えて、ウラカンSTOは「コファンゴ」と呼ばれるフェンダー一体型のカウルを備えていたり、リアフードも開閉式ではなく「取り外し式」であったりという「市販車よりもレーシングカー」的な一面を持っていて、ウラカンJVストラダーレでは、これをもうちょっとフレンドリーにしたということなのだと思われます。

ランボルギーニ・ウラカンSTO Lamborghini Huracan STO

ウラカンには「4WD版」「2WD版」それぞれに追加モデル

なお、ウラカンJVストラダーレのベースはウラカンの後輪駆動モデル、ウラカンEVO RWDだと思われ、価格的にもウラカンEVO RWD(2613万円)とウラカンSTO(4125万円)を埋めるものとして投入されるのかもしれず、そしてパフォーマンスもその中間あたりになるのかも。

ちなみにウラカンEVO RWDの出力は610馬力、ウラカンSTOは640馬力ですが、このウラカンJVストラダーレではどうなるのか不明です(間を取って630馬力なのか、640馬力なのか)。

いずれにせよ、4WD版のウラカン、2WDのウラカンにそれぞれニューモデルが登場することなり、これはステファン・ヴィンケルマンCEOがランボルギーニに復帰した際の「挨拶代わり」のようなものかもしれませんね(ここ最近でランボルギーニのCEOは2名の間で交代しているが、それぞれ方針や命名法則が大きく異なり、それぞれの存在感を示すために様々な手法が用いられている)。

そして現ステファン・ヴィンケルマンCEOは「ニュルブルクリンクにて市販車最速記録」挑戦に積極的だったので、もしかするとウラカンJVストラダーレにてその記録に挑戦するのかもしれません。

合わせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

ランボルギーニ・シアンFKP37
ランボルギーニCEO「二度とカウンタックLPI800-4のようなレトロカーを発売することはない」。「我々に必要なのは過去ではなく、過去を破壊しながら未来に進むことだ」

| 一本筋が通っているように見えるランボルギーニの展開も、CEOによってはずいぶん方向性が違っていたようだ |この記事のもくじ| 一本筋が通っているように見えるランボルギーニの展開も、CEOによっては ...

続きを見る

ランボルギーニ
ランボルギーニCEOが「2022年はウラカンに派生モデル2つ」「ウルスに2種のフェイスリフトモデル」発売と明言!なおウラカンとウルスPHEVは2024年、ウラカン後継にはV10非搭載の可能製

| ウラカン派生モデルは「オフロード版」「地味なSTO」と言われるが、ウルスのフェイスリフトには隠し玉の可能性も |この記事のもくじ| ウラカン派生モデルは「オフロード版」「地味なSTO」と言われるが ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンのオフロード版(ステラート?)は限定、かつ「もっとも高価なウラカンになる」とのウワサ
ランボルギーニ・ウラカンのオフロード版(ステラート?)は限定、かつ「もっとも高価なウラカンになる」とのウワサ

| 実際に目にすると、「スーパーカー x オフローダーというインパクトに圧倒されそうだ |この記事のもくじ| 実際に目にすると、「スーパーカー x オフローダーというインパクトに圧倒されそうだ |ラン ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5