ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

ランボルギーニ「アヴェンタドールLP700-4をSVJに」コンバートした個体が販売中!ここまでうまくカスタムしてあれば本物と見分けがつかないな・・・。

投稿日:

ランボルギーニ「アヴェンタドールLP700-4をSVJに」コンバートした個体が販売中!ここまでうまくカスタムしてあれば本物と見分けがつかないな・・・。

| おそらく相当にお金がかかったとは思うが、本物のアヴェンタドールSVJを買うよりはずっと安上がり |

ここまで完璧に近い仕上がりを持つ「SVJレプリカ」は見たことがない

さて、サウジアラビアのエキゾチックカーディーラー、セブン・モータースにてランボルギーニ・アヴェンタドールSVJに換装されたアヴェンタドールLP700-4が販売中。

アヴェンタドールは2011年3月にジュネーブ・モーターショーにて「LP700-4」として発表され、その後「アヴェンタドールSV(スーパーヴェローチェ)」「アヴェンタドールS」「アヴェンタドールSVJ(スーパーヴェローチェ・イオタ)」と続き、「アヴェンタドールLP780-4ウルティメ」にてその生涯を閉じています。

そして今回販売されているアヴェンタドールは、もっとも最初の世代のアヴェンタドールであるLP700-4を、そのずっと後のアヴェンタドールSVJの内外装へとコンバートしたもので、「ありそうで意外と無かった」カスタムだといえそうですね。

ランボルギーニ・アヴェンタドールは登場してもう10年!この10年そして10の技術を振り返るコンテンツが公開
ランボルギーニ・アヴェンタドールは登場してもう10年!この10年そして10の技術を振り返るコンテンツが公開

| アヴェンタドールはランボルギーニのV12モデル史上「初」がめじろ押し |この記事のもくじ| アヴェンタドールはランボルギーニのV12モデル史上「初」がめじろ押し |加えて、アヴェンタドールはもっと ...

続きを見る

使用されるパーツが純正かどうかは不明だが

アヴェンタドールSVJは限定900台にて発売されていますが、新車価格は4576万円に設定されており、しかし「もうV12エンジン単体で走るランボルギーニは二度と製造されない」そして「アヴェンタドール中きってのハードコアモデル」ということもあって現在だとその相場は倍の9000万円ほど。

オープンモデルのSVJロードスターだと軽く「億」を超えており、かつ売り物も少ないため「非常に入手が難しい」スーパーカーの一つです。

今回の「SVJコンバート」がなされたアヴェンタドールには相当の資金が投入されているようにも見えますが、アヴェンタドールSVJを購入するよりはずっと安価に仕上がるのは間違いなく、かつ「気軽に乗れる」のかもしれません。

8

ざっと見てみると、その仕事は「完璧」とも言えるもので、フロントバンパーそしてスプリッターは完全にアヴェンタドールSVJ。

9

サイドウイングやリアウイング、リアディフューザー、リアフードもやっぱりアヴェンタドールSVJ。

6

エキゾーストパイプまでもが移設されており、これを「アヴェンタドールSVJのレプリカ」だと気づく人はほとんどいないものと思われます。

7

ただ、細部を見てみると、分離しているはずのパーツが分離していなかったり・・・。

2

面が出ていない部分もあるので、コンバートに際しては純正の(アヴェンタドールSVJの)パーツだけではなく、自作したパーツを使用しているのかもしれません(リアウイングも自作っぽい)。※テールパイプにも、本来はないスリーブが装着されているようだ

ちなみにですが、こういった「上位グレードや限定モデルへのコンバート」を防ぐためなのか、多くの自動車メーカーではそういった「特別モデルのパーツは、そのクルマのオーナーしか購入できない」ようになっており(車検証が必要だったりする)、しかしそこにも抜け道があったり、事故車からパーツを取ってきたり、という対応もできそうですね。

1

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ
【動画】世界限定63台のみ、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ63!市販車離れしたその細部はこうなっている

| このクルマは何度見ても見慣れることがない | さて、ランボルギーニ大阪さんの移転記念イベント、今回は「現代のランボルギーニ」を中心にお届け。まずは「アヴェンタドールSVJ63」ですが、これは限定モ ...

続きを見る

インテリアも「アヴェンタドールSVJ」っぽかった

そしてこのアヴェンタドールにつき、インテリアはおそらく「フルカスタム」。

ボディもおそらくオールペンがなされていると思われますが、インテリアについてはルーフライナーに至るまで貼り替えられているように見えます。

5

そして可能な限りアヴェンタドールSVJっぽく仕上げられているものの、ダッシュボードやドアパネルなど、一部にはちょっとした相違も(ただし、その全体のインパクトに目を奪われ、そこにまで気づかないかも)。

4

シートもアヴェンタドールSVJ風の「Y」シェイプが切り替えにて再現されていますが、レーシングシートではなく、もともと装着されているコンフォートタイプ。

それでも、この内外装の完成度には目を瞠るものがあり、中東のお金持ちが「普段乗り」として購入するなど、意外に需要があるのかもしれませんね。

3

合わせて読みたい、ランボルギーニ・アヴェンタドール関連投稿

日本初公開、アヴェンタドールSVJ 63ロードスターを見てきた!63台のみ限定、その特別な内外装はこうなっている

| オープンモデルだけにインテリアのこだわりもハンパない |この記事のもくじ| オープンモデルだけにインテリアのこだわりもハンパない |ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ63ロードスターはこんな仕 ...

続きを見る

ランボルギーニが「アヴェンタドールは、過去のV12モデルモデルすべての台数よりも多く生産されたモデルになった」と発表
ランボルギーニが「アヴェンタドールは、過去のV12モデルすべての台数よりも多く生産されたモデルになった」と発表。V12の系譜はこんな感じ

| 当初、アヴェンタドールは4000台も売れればいいだろうと考えられていた |この記事のもくじ| 当初、アヴェンタドールは4000台も売れればいいだろうと考えられていた |まさかランボルギーニがここま ...

続きを見る

ランボルギーニがV12モデルのグランドフィナーレを飾る究極のアヴェンタドール、LP780-4ウルティメが走行する画像を一挙公開。V12エンジン単体で走るクルマはこれが最後
ランボルギーニがV12モデルのグランドフィナーレを飾る究極のアヴェンタドール、LP780-4ウルティメが走行する画像を一挙公開。V12エンジン単体で走るクルマはこれが最後

| もうV12エンジンのみを動力源とするクルマを新車で買えないと思うとちょっと寂しい |この記事のもくじ| もうV12エンジンのみを動力源とするクルマを新車で買えないと思うとちょっと寂しい |これから ...

続きを見る

参照:Seven car lounge

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5