ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ

ホットウィール製ランボルギーニ・ウルスをまさかの「V12ツインターボ、ミドシップ」へとカスタム!タービンやインタークーラーもちゃんと再現されているぞ【動画】

投稿日:2022/12/09 更新日:

ホットウィール製ランボルギーニ・ウルスをまさかの「V12ツインターボ、ミドシップ」へとカスタム!タービンやインタークーラーもちゃんと再現されているぞ【動画】

| リアウイングやエキゾーストパイプなど、ほとんどのパーツが「自作」だとは信じられない |

ボディカラーは先日公開された「ウラカン・スーパーオフローダー」と同じミリタリー調

さて、トミカ、マジョレット、ホットウィールなどのカスタムを専門的に手掛けるユーチューバー、ジャカルタ・ダイキャスト・プロジェクト。

およそ現実にはありえないような仕様を考え、そして実現してしまうところがその魅力ですが、今回はホットウィール製のランボルギーニ・ウルスをなんとミドシップに、そしてツインターボ化するというカスタムに挑戦しています。

Youtubeにアップされた動画では相変わらずのスゴ技を見せてくれており、ここでそのカスタムの流れを見てみましょう。

まずはランボルギーニ・ウルスをワイドボディ化

そしてまず用意したのはこのホットウィール製のランボルギーニ・ウルス。

Lamborghini-Urus (23)

これをワイドボディ化し、大径&ワイドホイールを装着することになるのですが、使用するのはこういった市販のカスタムパーツ。

Lamborghini-Urus (22)

ただしジャカルタ・ダイキャスト・プロジェクトでは(カスタムパーツといえど)既製品をそのまま使用するようなことはせず・・・。

Lamborghini-Urus (21)

アルミのパイプを切断し・・・。

Lamborghini-Urus (20)

それを研磨してカスタムホイールの外側に被せることで「3ピースホイール」のように見せ、なおかつホイールもディープリム化。

Lamborghini-Urus (19)

JUN
ちゃんと鍛造ホイールっぽくなってる!

その次はボディの加工に入りますが、大径タイヤ&ホイールを収めるためにホイールアーチを(ルーターを使用して)拡大し、さらにその後は剥離剤を塗布してペイントをすべて剥がすことに。

Lamborghini-Urus (18)

その後はタイヤを一旦仮組みして(そうしないとどれくらいワイドになるかわからないので)バンパーやフェンダーにパテを盛って「ワイドボディ」のベースを作ります。

Lamborghini-Urus (18)

ヤスリでワイドボディを仕上げるとこう。

Lamborghini-Urus (16)

ミドシップ化した際にエンジンを見ることができるようにルーフをカット。

Lamborghini-Urus (15)

これでいったんの基本形が出来上がります。

Lamborghini-Urus (14)

ランボルギーニ・ウルスをミドシップ化するためのパーツも自作

そしてまだまだカスタムが続くことになり、こちらはプラバンとプラ棒にてウイングとそのステーを作成中。

Lamborghini-Urus (11)

ウイングの形状はこんな感じ。

Lamborghini-Urus (10)

そしてインテリアもフルカスタム仕様となり、リアシートを削除するだけではなく、前席フロアまでもメタルシート風に改造します。

リアのサブフレーム、エンジンも自作してゆきますが(エキゾーストマニホールドは社外カスタムパーツを使用しているようだ)エンジンヘッドカバーやエアクリーナーボックスまでもお手製ですね。

Lamborghini-Urus (12)

その後は各パーツに一旦サフェーサーを吹いて塗装開始。

Lamborghini-Urus (9)

ボディは一旦ブラックに塗装したのち、モールやルーフをマスキングし・・・。

Lamborghini-Urus (8)

他部分はミリタリー調のオリーブグリーンへ。

なおヘッドライトやバンパーのディティールはハンドペイントによって細部が再現されています。

Lamborghini-Urus (7)

そして内装のペイントが完了するとこう。

フロアはちゃんとメタリックに、シートはブラックとブラウンのコンビに、そしてセンターコンソールのパネルも色分けがなされるというこだわりよう。

そしてエンジンはプラグコードやインテークのジョイントを再現するばかりかちゃんと塗り分け、エキゾーストパイプ、タービン、インタークーラーも装備されています。

5

その後は各ユニットを合体させてボディにトップコートを塗装して「完成」。

Lamborghini-Urus (5)

フロントグリル内にはちゃんとメッシュが装着済み。

Lamborghini-Urus (3)

タービン周辺のパイピング、そしてテールパイプも完璧!

Lamborghini-Urus (2)

もちろんちゃんとエンジンが見える仕様です。

Lamborghini-Urus (4)

ランボルギーニ・ウルスをミドシップV12ツインターボに改造する動画はこちら

あわせて読みたい、ミニカーのカスタム関連投稿

トミカ製トヨタ・アルファードをまさかの「6輪」化!さらに超ディープリムなホイール、オーバーフェンダーを装着して迫力満点の仕上がりに【動画】
トミカ製トヨタ・アルファードをまさかの「6輪」化!さらに超ディープリムなホイール、オーバーフェンダーを装着して迫力満点の仕上がりに【動画】

| もしも実車が存在したら中国の富豪が大枚はたいて購入しそう |この記事のもくじ| もしも実車が存在したら中国の富豪が大枚はたいて購入しそう |現実にどこかのショップがカスタムしそうな気もするがトミカ ...

続きを見る

ホットウィール製ランボルギーニ・アヴェンタドールを究極のオフ車へとカスタム!「LP700 スーパースピード・オフローダー」が爆誕【動画】
ホットウィール製ランボルギーニ・アヴェンタドールを究極のオフ車へとカスタム!「LP700 スーパースピード・オフローダー」が爆誕【動画】

| 今までとは異なる路線なるもその独特の世界観は健在 |この記事のもくじ| 今までとは異なる路線なるもその独特の世界観は健在 |現時点で最高レベルのミニカーカスタムスキルを持つユーチューバーまずはラン ...

続きを見る

もしも系レンダリングや現実のカスタムで大人気の6輪化がミニカーにも!ホットウィールベースの「ベントレー・コンチネンタル・スーパースポーツ・オフロード」登場
もしも系レンダリングや現実のカスタムで大人気の6輪化がミニカーにも!ホットウィールベースの「ベントレー・コンチネンタル・スーパースポーツ・オフロード」登場

| 現実にこのカスタムを行う人が出てきそうなところが恐ろしい |この記事のもくじ| 現実にこのカスタムを行う人が出てきそうなところが恐ろしい |すでに現実にはロールス・ロイスの6輪カスタムやベントレー ...

続きを見る

参照:Jakarta Diecast Project

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->ランボルギーニ
-, , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5