ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他の日本車

世界最速、3.6億、車高99cm、2012馬力のハイパーカー、アスパーク・アウルが欧州と北米でも販売開始!大阪にもショールームをオープンさせたようだが

投稿日:

アスパーク・アウル

| 一度はアスパーク・アウルの実車を見てみたい |

さて、あの「アスパーク・アウル」が欧州と北米でも販売開始。

ただしまだまだ拠点は少なく、欧州だとフランスはブルゴーニュ、北米だとフロリダそれぞれ一拠点のみ。

このアスパークを有名にしたのはその加速であり、0-60マイル(96km/h)加速1.72秒という、現時点における世界で最も速いタイムです(まだ生産されていないが、次点はリマックC_Twoの1.85秒)。

アスパーク・アウル

アスパーク・アウルはこんなクルマ

アスパーク・アウルの計画が持ち上がったのは2014年(アスパークが電気自動車そのものの開発に着手したのは2012年)、そして具体化しはじめたのは2017年だとされています。

当初は「4WDで、車高は1メートル以下、マグネシウムホイール装着、0-100キロ加速は2秒以下」という目標が掲げられ、日本国内でテストを開始。

Aspark-Owl-6

最終的なスペックは「2,012馬力、0-100km/h加速1.69秒」に落ち着いていて、ミサノ・ワールドサーキットにて行われた直近のテストでは(ロード用の)ミシュラン・パイロットスポーツ・カップ2を装着して1.72秒というタイムを記録しており、よって、レース用タイヤを装着すれば0-100km/h加速1.69秒を実際に達成するでこともできそうですね。※出力の2,012馬力は、アスパークが電気自動車事業に着手した年をイメージしたのだと思われる

Aspark-Owl-12

アスパーク・アウルは世界で最も速く、最もパワフル

アウルの車体構造はカーボンファイバーモノコック(単体では重量120キロしかない)をメインに、ステンレス製のルーフとサブフレームにて補強され、ボディパネルはカーボンファイバー(CFRP製)、そしてパネル全て合わせての重量は180kg。

全長4,791ミリ、全幅1,935ミリ、全高993ミリ、ホイールベースは2,750ミリというボディサイズを持ち、車体重量は1,900kgに抑えられています。

動力源は「これまで製造された中でもっともパワフルなエレクトリックモーター」4つ。

開発パートナーとしては下記が掲げられています。

2020-12-31 8.04.03

アスパークは自社による自動車生産設備を持たないので、実際の製造はイタリアのマニファットゥーラ・アウトモビリ・トリノ(MAT)」が行うことになり、この会社はランチア・ストラトスの現代版、ニューストラトスを製造していることでも知られています。

発表された当初はまだスタイリングが洗練されておらず、「大丈夫か・・・」と考えたりしたものの、最終盤の画像を見るに、テクノロジーを感じさせるとともに、1960〜1970年代のレーシングカーのような流麗なスタイルを持っていて、なかなかに美しいクルマへと磨き上げられたようですね。

ランチア・ストラトス復刻版「ニューストラトス」発進準備完了!まず2台が製造され、ベースとなるフェラーリ430スクーデアリアにはない「マニュアル」も用意されると発表

ここ数年で、これほどまでに「欲しい」と思ったクルマは他にない 昨年のジュネーブ・モーターショーにて「ランチア・ストラトス」の現代版である”ニューストラトス”を発表したマニファットゥーラ・アウトモビリ・ ...

続きを見る

Aspark-Owl-9

アスパークはこんな会社

このアウルを送り出すアスパークは、「様々なことにチャレンジし続ける、世界一おもしろい会社を目指します」というビジョンを掲げる大阪の会社。

2005年創業、2014年設立という新しい会社で、大阪を拠点とし、現在では日本のみならず世界を含めて25もの拠点を展開、そして従業員3,112名を抱えるに至っており、事業内容についても当初の人材派遣から、エンジニアリング、アプリ開発、電気自動車製造(アウルのほかにも計画があるようだ)、ケミカルと幅広い分野に及んでいます。

電気自動車事業については正直なところ「モトが取れる」とは思えないものの、宣伝効果としては「金銭に換算できない価値がある」のかもしれません。

Aspark-Owl-5

大阪にもショールームを開設したという話も聞くものの、調べても所在地や概要に関する情報はなく、いちどアスパークに問い合わせてみようと思います。

あわせて読みたい、アスパーク・アウル関連投稿

アスパーク・アウル
世界最速の和製ハイパーカー「アウル(OWL)」が3.5億で販売開始!出力なんと2012馬力、0-100km/h加速は1.69秒、最高速は400km/h

| まさか本当に発売にまでこぎつけるとは |この記事のもくじ| まさか本当に発売にまでこぎつけるとは |アスパーク・アウルの凄さは加速だけではない車体構造は「カーボンモノコック」その外観は意外にエレガ ...

続きを見る

0-100km/h加速ランキング最新版!トップは和製ハイパーカー「アウル」の1.69秒、EV/ハイブリッドが上位を席巻

| もはや0-100km/h加速”1秒台”も珍しくない時代に | さて、しばらく更新していなかった「0-100km/h加速ランキング」。今回はここ最近で発表されたモデルを加え、内容を一新しています。こ ...

続きを見る

和製ハイパーカー「アウル」ついに納車秒読み!2,012馬力、0-100加速1.69秒、価格3.6億、車高99cm。「この計画を発表した時、だれもが実現不可能だと言った」

| アスパークは常に「既存の枠の範囲を超え、チャレンジし続ける |この記事のもくじ| アスパークは常に「既存の枠の範囲を超え、チャレンジし続ける |アスパーク・アウルはこんなクルマこんな記事も読まれて ...

続きを見る

参照:ASPARK

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->その他の日本車
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5